初等教育資料 定期購読・最新号・バックナンバー

初等教育資料 定期購読・最新号・バックナンバー

初等教育資料の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

初等教育資料の詳細です。


初等教育資料の公式サイトへ
本・雑誌 初等教育資料
本・雑誌内容 『初等教育資料』は,小学校教育・幼稚園教育にかかわる先生方をはじめ,広く教育関係者を対象にして,初等教育の充実を図るための資料として,文部科学省教育課程課及び幼児教育課で刊行している教育月刊誌です。年間テーマに基づき,今日的な課題をとらえ,各教科,領域の関連的,横断的な視点から具体的なテーマで特集を組みます。また各特集は,論説や指導事例,座談会などによって,幅広い視点から特集テーマを深く掘り下げ,新しい教育の実践,研究に役立てるよう構成しています。教育界の最新動向をあますところなく,コンパクトにまとめ,先生方の明日への道標となる1冊です。
本・雑誌内容詳細 初等教育資料
2018年6月号●No.968

特集Ⅰ
資質・能力の育成に向けた授業づくり①
002 解説 資質・能力の育成に向けた授業づくり●文部科学省教育課程課
006 論説事例1 幼稚園教育における資質・能力の育成に向けた実践の在り方●河合優子
012 論説事例2 国語科における資質・能力の育成に向けた授業づくり●菊池英慈
018 論説事例3 社会科における資質・能力の育成に向けた授業づくり●小倉勝登
024 論説事例4 算数科における資質・能力の育成に向けた授業づくり●笠井健一
030 論説事例5 理科における資質・能力の育成に向けた授業づくり●鳴川哲也
036 論説事例6 生活科における資質・能力の育成に向けた授業づくり●渋谷一典
042 論説事例7 音楽科における資質・能力の育成に向けた授業づくり●志民一成

特集Ⅱ 生活
幼児期の教育とのつながりを踏まえた生活科の在り方
054 解 説 幼児期の教育と小学校教育を接続する生活科の役割●渋谷一典
056 座談会 幼児期の教育において育みたい資質・能力を踏まえた生活科の学習指導の充実
●朝倉淳×桶田ゆかり×武田文子×河合優子×渋谷一典
064 事例1 幼児期の教育を踏まえた「がっこうだいすき」の実践●三浦和義
068 事例2 幼児期の教育を踏まえた「たのしいあきいっぱい」の実践●小川英子
072 事例3 幼児期の教育を踏まえた「ポニーさんとぐんぐん」の実践●甫仮直樹

IV 巻頭言・子供と教育 これからの学校、これからの授業 髙木展郎
048 教育の扉 いきものたちの音がきこえる ミロコマチコ

連載
VI 子供に学んだあの風景 子供たちの力を信じて、伸ばすこと●川畑庄二
076 フロントライン教育研究 話合いを視覚化するツールのポイント●長田友紀
080 豊かな教育の広がり 博物館に行く、博物館が学校に来る●名古屋市博物館
082 教育委員会レポート 自立心と社会性を学ぶ山村留学●鹿児島県教育委員会
084 指導主事Navi ここがポイント!今月の名授業
育成を目指す資質・能力を単元や年間でのまとまりで構想する授業を目指して●山梨県笛吹市立八代小学校
086 学校探訪・津々浦々 地域の伝統文化を尊重し、生き生きと表現する植柳っ子の育成●熊本県八代市立植柳小学校
088 特別支援教育 資質・能力の育成に向けた授業づくり①●萩庭圭子
幼児教育
092 [事例]幼児の発達を通して考える「主体的・対話的で深い学び」●西多由貴江
096 [事例]遊びや生活における主体的・対話的で深い学び●河合道子
100 [幼児期の教育の振興・充実に向けて]幼稚園教育要領等への理解を深め、幼稚園・保育所等の実践を支える仕組みづくり●高知県教育委員会

教育資料
102 「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」について
104 学校における働き方改革の推進
プロダクトNo 1248
出版社 東洋館出版社
発売日 毎月28日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。