PROSOUND(プロサウンド) 定期購読・最新号・バックナンバー

PROSOUND(プロサウンド) 定期購読・最新号・バックナンバー

PROSOUND(プロサウンド)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PROSOUND(プロサウンド)の詳細です。


PROSOUND(プロサウンド)の公式サイトへ
本・雑誌 PROSOUND(プロサウンド)
本・雑誌内容 注目のコンサート、話題のレコーディング・スタジオ、放送局、映画館、劇場、ホールの音響システムについて、詳細に紹介。国内外の著名プロデューサー、エンジニアのインタビューや最新のSR機器、録音、再生機器などをいち早く取り上げて解説しています。どれをとっても本誌以外では接することのできない情報でいっぱいです。
本・雑誌内容詳細 ●特別企画
 d&b audiotechnik SL series
 ドイツ本社訪問リポート 三村美照
 日本導入事例リポート(TWOMIX / Arxiduc audio)半澤公一
●STUDIO REPORT
 レディファイン
 日本大学芸術学部
●SOUND EXPERIMENTS
 オーケストラによるイマーシブ、ハイレゾ、ambisonics の収録実験(後編)
●PROSOUND 特別企画
 J-WAVE けやき坂スタジオ
●PROSOUND 特別企画
 ローランド M-5000 + Waves SoundGrid 導入レポート
●LIVE PERFORMANCE REPORT
 加藤訓子 スティーヴ・ライヒ「ドラミング」
●LIVE SOUND REPORT
 『シネマ・ミュージック with サラ・オレイン』
 東京オペラシティ コンサートホール
●PROSOUND REVIEW
 Lynx Aurora(n) Mine-Chang
●PROSOUND 最前線
 2017年グラミー賞ベストサラウンド・サウンドアルバム賞を受賞
 ジム・アンダーソン氏に訊く最新の音楽録音  濱﨑公男
●トップ・マネジメントは語る
 Auro Technologies ヴィルフリート・ヴァン・ベーレン氏
●PRIME TALK
 Focal グザヴィエ・メツガー氏
 Focusrite マット・プリスキン氏/マーク・フェントン氏
 Powersoft ルカ・ジャニ氏/アーサー・ソウ氏
●NEW PRODUCT UPDATE
 Antelope Audio Edge Strip 福地智也
 BOSE S1 Pro 金武 功
 PMC Result6 種村尚人
 Soundcraft Ui24R 阿尾茂毅
 Steinberg UR-RT Series
●TRADE SHOW REPORT
 Prolight+Sound 2018
●PROFESSIONAL MUSIC RECORDING AWARD OF JAPAN
 日本プロ音楽録音賞受賞者インタビュー
●音空の扉
 Guest 古城 環氏/高木 創氏/笠松広司氏 多良政司、石丸耕一
●CD SOUND NAVIGATION
 日本で最も長いエンジニアのためのCD レビュー 岩田由記夫
●PROSOUND REPORT
 JAPRS/NHK 共催 第29 回NHK 技術交流会レポート
 JAREC が特定非営利活動法人(NPO 法人)に移行
●SOUND FETISHISM
 コンピューターを駆使した最先端のエンターテインメントの舞台裏 松本昭彦
●SAIDERA PARADISO
 マルチチャンネル(サラウンド)戦略 オノセイゲン
●SURROUND TERAKOYA LAB
 原 朋直&池尻洋史『Dear J.C ~Dedicated to John Coltrane』
 スタジオレコーディング・リポート 沢口真生
●新製品ニュース 
●PS INFORMATION
プロダクトNo 1281679657
出版社 ステレオサウンド
発売日 毎奇月18日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。