月刊ビジネスサミット 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスサミット 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスサミットの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスサミットの詳細です。


月刊ビジネスサミットの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスサミット
本・雑誌内容 経営トップのための情報誌、がんばろうニッポンの中小企業「月刊ビジネスサミット」は、インクグロウ株式会社が発行する、中小企業経営者のためのビジネス情報誌です。 本誌は、1986年6月に 「中堅中小企業の活性化こそが、日本経済の発展につながる」という経営理念のもとに創刊されました。読者は経営トップがじつに81.2%(会長・社長67%、役員14.2%)を占めます。全国津々浦々の中堅・中小企業、地域経済の動きにスポットをあてたテーマを厳選、さまざまな経営課題解決策を実例とともに提供し、高い支持を得ています。少数精鋭・スピード経営を重視する中小企業経営者が求める情報を独自の切り口で取材し、お届けしています。
本・雑誌内容詳細 ┃注目の次世代経営者インタビュー┃

~家事と仕事の両立に悩んだ自らの経験をもとに新ビジネスを立ち上げる~
家事代行サービスをITの力で革新
女性たちが活躍できる社会を創出する

株式会社タスカジ 代表取締役社長 和田 幸子氏

主婦の持つ高い「家事スキル」と、忙しくて家事に手が回らない家庭とを結びつける
マッチングプラットフォームを運営する株式会社タスカジ(東京都港区)。
家事代行(ハウスキーパー・家政婦)という、古くからあるビジネスをIT の力で革新しようとす
るこのサービスはいかに生まれ、何を目指しているのか?


┃特集┃
ベンチャー型事業承継
先代から受け継いだ有形・無形の経営資源を有効活用し、 新たな事業に起こす事業承継のあり方が、 今、「ベンチャー型事業承継」として注目されている。 後継者ならではの悩みや困難を抱えながら 新規事業に取り組む彼らは、 ベンチャー起業家に劣らず、イノベーティブだ。 そんなベンチャー型事業承継で 新たな事業を発展させている 後継者たちの挑戦に迫る。

~工具卸からDIY文化創造事業へ転換~
仕入先メーカーとの信頼を武器に
BtoCのネット通販で成長する
株式会社 大都 代表取締役CEO 山田 岳人氏

~衰退産業にイノベーションを起こした家具製造会社~
家業で培った技術力を基盤に
医療介護の分野で成功を遂げる
株式会社 I&C 代表取締役CEO 佐田 幸夫氏

~「ベンチャー型事業承継」の名付け親が贈る後継者へのメッセージ~
自問自答して覚悟を決めよう!
境界線を越えてゆけ!
大阪産業創造館・大阪イノベーションハブ チーフプロデューサー
株式会社 千年治商店 代表取締役 山野 千枝氏

連載
f-Biz事例に学ぶ 売れる仕組みづくり
第2回/株式会社イトー
既存技術を活用して新市場獲得
下請けからの脱却に成功

その他のオススメ記事
●心に留めたい名言
第2回 松下幸之助
●中小企業のための決算書入門
第2回 貸借対照表から何を読み取るか
●次世代経営者塾 戦略的中期経営計画をつくる!
第5回 「経営ビジョン」を策定する
●連載 中小企業のためのマーケティング講座
第5回 思い入れの強い商品にこそ「戦略」が必要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●経営戦略策定ツール
●オーダーメイド補助金サービス
●オーダーメイド入札サービス
●HP作成サービス
●24時間いつでも取り出しOK!ビジネスレポート
●展示会カレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●取引情報【ニーズカプセル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281679683
出版社 インクグロウ
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。