日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくりの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ものづくりの詳細です。


日経ものづくりの公式サイトへ
本・雑誌 日経ものづくり
本・雑誌内容 「日経ものづくり」は、製造業の第一線のエンジニアや開発プロジェクトのリーダー・マネジャーのための技術専門情報誌です。自動車,家電,精密機器,工作機械,産業機械,部品など多様な業種でものづくりに携わる方々に向けて,開発から製造まで,ものづくり全体のプロセスにおける課題解決と技術革新を進めるための情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年5月号 no.764 5月1日発行


■特集1 新材料で勝つ

●新材料で勝つ(037p)
●これからの競争、新材料抜きで勝ち抜けますか? (038p)
●設計の新指針 業界を越え需要広がる新材料 積極的な採用が顧客価値を高める(040p)
●CFRP 軽量化材料の“本命”、CFRP 軽い上に 「クール」 な印象も付与(046p)
●新機能樹脂 新機能で応用範囲を広げる樹脂 塗装レス、耐熱性、環境性で魅力(050p)
●セルロースナノファイバー(CNF)持続可能性に応えて成長するCNF 植物由来の究極の 「グリーン材料」 (054p)
●Mg合金 軽さに加え医療にも需要あり 1kg減で600円なら勝機(058p)
●亀裂が10分で修復するセラミックス(062p)
●割れても20秒でくっつく有機ガラス(063p)


■特集2 純銅加工も楽々 国産青色半導体レーザー

●純銅加工も楽々 国産青色半導体レーザー(065p)


■挑戦者

●ドーンデザイン研究所代表取締役/デザイナー 水戸岡鋭治新旧のアンサンブルが ヒット製品につながる(004p)


■ものづくりQuiz

●サスペンション付きボート。開発目的は? (017p)


■ニュースの深層

●製造機械で深刻な部品不足が継続中 7割超で納期遅れ、年内いっぱい続く(020p)
●ウーバーの死亡事故は自動運転を殺す? 企業間に実力差、今後は基準づくりへ(022p)


■レポート

●ずっとむなしいと思っていた マツダの天才エンジン技術者、大逆転の軌跡人見光夫 マツダ常務執行役員 ・ シニア技術開発フェロー(025p)
●三菱マテが品質データ偽装で最終報告 背景に不十分な人員投入 ・ 設備投資も(027p)
●なぜ新幹線を止められなかったか JR西の安全文化醸成は道半ば(029p)
●コネクターのヒロセ、東北に大型試験拠点 クルマやロボットの高堅牢需要に対応(031p)
●素材を美しく見せる成形 ・ 加工技術 色むらをなくし光沢を演出(033p)


■山根一眞と写真が語るアルマ電波望遠鏡

●惑星系誕生を見たいからサブミリ波(075p)


■数字で見る現場

●直動系要素部品で深刻な部材不足 産業機器メーカーでの影響大調査テーマ 「部材不足による納期遅れ」 (080p)


■事故は語る

●航空機から落ちたパネルがクルマに衝突 日本が先導する落下物対策の枠組み作り(096p)


■PICK UP

●Siで電池大容量化、GSユアサが全固体も視野に(102p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●年上の部下を味方につけるには(112p)


■設計者を目指す若手のための國井設計塾予備校

● 「特性要因図」 でトラブルの原因を探る(115p)


■世界が驚く日本の微細加工技術

●医療ロボットを支える精度2ミクロン(120p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/編集部から/次号予告(124p)


■技術者塾INTERVIEW 人気講師に聞く!

●元デンソー、ワールドテック講師、小松開発工業顧問 皆川一二 氏このままでは品質問題の再発は避けられない(127p)
プロダクトNo 1281679743
出版社 日経BP社
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。