月刊経理ウーマン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊経理ウーマン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊経理ウーマンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊経理ウーマンの詳細です。


月刊経理ウーマンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊経理ウーマン
本・雑誌内容 経理・税務から総 務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説。もちろん男性の方もどうぞ。
本・雑誌内容詳細 月刊経理ウーマン

□2018/5/20発売号(現在発売中の号)


【特別企画】
B/S P/Lのこの数字に着目して黒字体質を目指そう!!
会社の改善点を知るための「決算書の読み方」入門

あなたの会社では決算書を使って経営分析を行なっているでしょうか? 決算書を税務署に提出してそこで終わり……ではもったいない。なぜなら決算書には会社の経営実態や課題を知るための情報がたくさん詰まっているからです。決算書を的確に読み解いて、自社の課題を把握し改善することで、利益体質の会社に変身させることができます。今月の特集企画では、会社の改善点を知るための「決算書の読み方」を解説します。あなたも自社の決算書を読み解いて、改善ポイントを社長に進言してみましょう!


【その他の記事】
◆「消費税・税抜経理と税込経理」のメリット・デメリット
皆さんもご存知のとおり、消費税の経理処理には「税込経理処理」と「税抜経理処理」の2つの方法があります。免税事業者は税込経理処理しか適用できませんが、課税事業者はいずれかの方法を選ぶことができます。多くの会社は税抜経理をしているようですが、なかには税込で処理している会社もあるようです。では、この2つの経理処理にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。もう一度おさらいしておきましょう。

◆経理の仕事に絶対使える「Excel関数」虎の巻[前編]
皆さんは日々の仕事でExcelを活用しているでしょうか。使ってはいるけど、活用はできていないかなあ…という人も多いのではないでしょうか。Excelを活用すれば経理業務のスピードアップにつながります。そのために知っておきたいのが関数の使い方です。ここでは経理の仕事に役立つExcel関数を厳選してご紹介します。

◆「労働保険の年度更新」─知っておきたい基本知識と注意ポイント
今年も労働保険の年度更新の時期がやってきました。申告期限は7月10日ですが、社会保険の算定基礎届の提出期限も同時期にあるだけに、早めに作業を進めていきたいものです。また、労働保険の年度更新は年に1回の手続きだけに、雇用保険の資格取得手続き等の日常業務ほど「慣れている」という感覚はもてないのではないでしょうか。そこでここでは、労働保険の年度更新の基本と注意ポイントについて、ビギナーでも理解できるように分かりやすく解説します。

◆最近注目の「全経簿記」とはこんな資格です
日商簿記の試験内容が変更になっていることをご存知でしょうか?平成28年度から段階的に範囲が加えられ、特に中小企業では活用することの少ない連結会計や税効果会計などが加えられており、上場企業の経理資格である日商簿記1級に近くなっています。専門学校などの対策講座も難度が増し、努力(学習)の成果(合格)を得にくくなっています。でも、せっかく学んだ簿記が資格という成果に結びつかないのは勿体ないと思いませんか。そこで、日商簿記以上の歴史をもち、最近専門学校でも注目しつつある全経簿記の内容や合格のための勉強方法についてアドバイスします。

◆雨の日に使ってみたい快適&便利な「レイングッズ」カタログ
今年も鬱陶しい梅雨の季節がやってきました。梅雨の雨は農作物にはとって恵みの雨だとは分かっていても、やはり雨模様の日が続くと気分は沈みがちです。靴は濡れるし、傘の置き忘れはするし、車の乗り降りは面倒だし……。でも滅入っていても仕方ありません。ということで、ここでは嫌な雨の日を快適に過ごすための最新のレイングッズをご紹介しました! 便利でおしゃれなアイテムを使えば、雨の日が楽しみになるかもしれませんよ。

◆有名人が語る「わたしの金銭哲学」(田山涼成さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は、 悪役・犯人役から教師や医師・警察官など幅広く役をこなして、多くのドラマ、映画で活躍中の田山涼成さんに登場いただきました。ぜひご一読ください!
プロダクトNo 1281680180
出版社 研修出版
発売日 毎月20日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。