ハウジング・トリビューン 定期購読・最新号・バックナンバー

ハウジング・トリビューン 定期購読・最新号・バックナンバー

ハウジング・トリビューンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ハウジング・トリビューンの詳細です。


ハウジング・トリビューンの公式サイトへ
本・雑誌 ハウジング・トリビューン
本・雑誌内容 ニュース感覚溢れる速報力とシャープな解説・分析力に定評。住宅産業”住生活産業”と捉え、住生活産業に携わる全ての産業人に向けて、住ビジネスに役立つ情報を多角的・横断的にお届けします。1981年に発刊以来、住宅業係るさまざまな分野について独自の視点と切り口で、企画記事や解説記事を掲載しています。行政施策や業界動向も隔週刊の起動力によってタイムリーな情報提供を可能としており、住宅業界のエグゼクティブの方々からは高い評価を得ています。Today for Tomorrow(明日のための今日)をモットーに、取材・編集活動を続けるハウジング・トリビューンをぜひ明日の事業展開にご活用ください。
本・雑誌内容詳細 高付加価値提案からストック対応、新規分野の開拓まで

2017年度の新設住宅着工数は前年度比2.8%減の94万6396戸となり、3年ぶりに減少に転じた。

住宅ローンは低金利に推移し良好な住宅購入環境が続くものの、消費者の新築購入マインドは今ひとつ盛り上がらない。
こうした市場環境のなか、ハウスメーカー、建材メーカー、設備メーカー、不動産デベロッパーといった住宅関連の主な企業の2017年度決算が出揃った。

新築では高付加価値提案で利益率を向上、加えて、住宅ストックや海外、非住宅など新分野の開拓を図ることで業績を維持・伸長させる傾向が一層明確になってきた。

住宅関連の主な企業は現在どのような状況にあるのか、そしてこれからに向けどのようなことを考えているのか。2017年度の決算から探っていく。

≪HT’S EYES≫
“未来”をカタチにする
懐かしい未来

≪特集≫
2017年度 決算
住宅産業の現在地とこれから
ハウスメーカー 好調な業績も新築戸建の減少止まらず
建材メーカー 高付加価値化、新規分野開拓などが加速
設備メーカー 緩やかな回復基調へ
不動産デベロッパー 過去最高の業績が相次ぐ

≪TOPICS & NEWS≫
国交省、LCCMの普及に本腰
大手ハウスメーカー、木造市場の開拓を本格化
住宅・不動産事業者の物流事業が加速
都市農地の貸借を円滑化する法案成立へ

≪PICK UP≫
アキュラホーム 和紙と建具による変容する家を提案
告示改正が及ぼす影響
大臣認定を超え耐力面材へのシフトが加速
高性能住宅づくりの基本
上手な気密の取り方・高め方

≪連載≫
ハウジング・ラボ YKK AP 「未来ドア」
エコハウスで社会の変化を乗り越える
建築家 竹内昌義 氏
スマカチだより スマカチ総研が4月に第32回シンポを開催
ダイテック 「分譲住宅クラウド」
分譲住宅事業を一元管理“次の一手”を考えるビルダーから注目
岡部 築50年の木造アパートで耐震改修部材「風あかり」が採用
“ひと味違う提案力”を身につける!!
住宅ストック市場で勝ち残るための専門資格制度とは!?

≪Channeling Data≫
ホームステージング・ジャパン「安心R 住宅に関する調査」

≪FLASH≫
旭化成ホームズ 軒下活用し近隣との交流促す戸建新商品
トーコー 埼玉・東松山市に工場を新設
トクラス 大阪のショールームをリニューアル
KAMARQ 家具のサブスクリプションサービスを展開
アトムリビンテック リフォーム対応商品を拡充
プロダクトNo 1281680509
出版社 創樹社
発売日 第2,4金曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。