エルネオス (ELNEOS) 定期購読・最新号・バックナンバー

エルネオス (ELNEOS) 定期購読・最新号・バックナンバー

エルネオス (ELNEOS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

エルネオス (ELNEOS)の詳細です。


エルネオス (ELNEOS)の公式サイトへ
本・雑誌 エルネオス (ELNEOS)
本・雑誌内容 自己責任の重要性が一層求められる時代です。あなたは自分の判断力に自信がありますか?あなたの的確な判断力、決断力をさらに強固なものにするのは、あなたが手に入れる情報の質と量です。あなたは、あなたの評価を高める大事な情報収集に自信がありますか?エルネオスは、より早く高度で的確な情報を発掘し、整理・分析して提供します。新聞の行間やテレビ報道の裏側にも照射します。エルネオスはあなたのアンテナ役・水先案内役を務めたいと考えています。ビジネス社会の一級情報に触れ、一緒に考えることであなたの情報感度はより鋭く研ぎ澄まされていくはずです。
本・雑誌内容詳細 [感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
麻生財務大臣がキーマンになっている
動き始めた「ポスト安倍」の読み方

■現代版水滸伝
習近平流の権力闘争は新段階へ
第4幕の狙いは王岐山副主席か

■中東情勢
イスラエルの存在感を高める
東地中海の大型ガス田開発

■東アジアの安全保障――(八牧浩行・ジャーナリスト)
在韓米軍の縮小・撤退に向かう中
日本にも波及する米朝のディール

■M&A戦略
武田薬品工業の巨額買収戦略に出る
疑問視と不安感のオンパレード

■東日本大震災
「三菱商事復興支援財団」第1号支援事業
「キャピタルホテル1000」に見る陸前高田の復興

■原発輸出
日立と英政府の交渉が大詰め 正念場の英ホライズン原発

■事業目標の練度
株価が視界の遠さを示し続けるZARAを追いかけるユニクロ

■デジタル通貨
三菱UFJとアマゾンが組んでデジタル通貨での決済実験開始

■地銀再編
金融界が固唾を呑んで見守る十八銀とふくおかFGの統合

■経団連
スタートした「中西・経団連」は安倍一強へのシフトが鮮明化?

■ブライダル業界
京都市も後押しで有名寺社活用、インバウンド巻き込む文化財婚

■岩盤規制の継続
「世界最高水準の起業環境」にほど遠い公証人の認証制度継続

■〈シリーズ〉メディア激動時代(111)──神余心
ファクトチェックが日本でも本格始動、民主主義の基盤「共通の事実」が危機

■〈シリーズ・世界は今〉(38)ロシア・カリーニングラード──宮崎正弘(国際エコノミスト)
琥珀博物館とサッカーW杯が目立つロシア軍事機密都市カリーニングラード

[連載企画]
■キーパースン──大日本印刷/北島義斉新社長
改革を期待して父から息子へ39年ぶり社長交代で事業領域の多角化を進める

■佐藤優の情報照射「一片一条」第140回
北東アジアの新たな安保構想に日本はロシアと組んで参加を

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(86)
2019年の消費税増税は実行できるか 景気の力強さはまだ足りない

■早川和宏のベンチャー発掘(226)──東京都品川区/アクトインディ株式会社[後編]
先達からの恩恵を次世代に引き渡す情報サービスのビジネス化への期待

■元木昌彦のメディアを考える旅(245)──橋本健二氏(早稲田大学教授)
自己責任論での格差拡大容認は危険、格差問題こそが自民・非自民の分岐

[世界を俯瞰する情報群]
■国際トピックス
◇米国企業/コスト削減と顧客サービスで「アマゾン銀行」誕生の衝撃?
◇欧州企業1/ドイツ保険大手アリアンツの「脱石炭」は日本の同業に圧力
◇欧州企業2/ドイツ銀行がCEOら幹部更迭、狙いは「脱・投資銀行」への移行

■来日ビジネスマンの主張(224)──ヨガタス・ナガリンガム氏(スリランカ情報通信技術企業TALLIANCE取締役)
日本企業のニーズに即対応するスリランカICT有望企業

[連載コラム]
■巻頭言「枝廣淳子の賢者に備えあり」
新しい時代のエネルギーに向けて

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・国民民主党は早、再編含み、問われる連合執行部の責任
・張りぼての虎にすぎない中国初の国産空母
・「国民の敵」発言は隠蔽し、幕引きを図った防衛省
・米朝首脳会談は北が主導? ポンペオ氏は大統領に意欲
・お追従で出世した? 杉山駐米大使の不評
・昭恵夫人の「招致・喚問」で首相を忖度する自民党幹部
・貴重な戦力として活用へ、外国人技能実習生を農業へ
・米社買収で意地を通す富士フ古森会長に懸念の声
・川辺新社長の肩にかかるジリ貧ヤフーの起死回生
・運用のプロに逃げられ前途多難のゆうちょ銀行
・日ハム誘致で大逆転、優遇策連打の北広島市
・日大全体を揺るがす「悪質タックル」問題
・ソフトバンクのサウジ進出、孫氏出資先に逆張り論も
・好調マックと明暗分ける正念場のモスバーガー
・マツダは最も個性的で危なっかしいメーカー?
・オムニ7減損処理に見るセブン&アイの内情
・東芝幹部は子会社売却で最後まで右往左往した
・カジノ法案成立を先取り大阪で進む拠点づくり
・密約説が囁かれるコインチェックの買収
・「電子投票」が終焉、コスト負担にギブアップ
・抗菌薬の「乱用阻止」に反対する保団連の身勝手
・スマートデイズ破綻で「スルガ銀行事件」に
・CRCがTBS人気ドラマ『ブラックペアン』に抗議
・池田大作氏に体調不良説、重要記念日にも写真なし
・相談役・顧問制度見直しで役員報酬も米国並みに?
・タイ有力英字紙で内紛勃発、軍政批判の編集局長を解任
・注目される台北市長選、与党が柯文哲現市長と対立

■ニュース鑑定人(248)──樹 静馬
韓国軍の「対馬」上陸に警戒/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(72)──田部康喜
プロパガンダと映像

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(100)
リーダーの「嘘も方便」

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(167)
図書館を利用しなかった私が山梨県立図書館の館長になる


[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(205)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
女権拡大のクォーター制に男の本音はノー

■ドイツから遠眼鏡(95)──川口マーン惠美(作家)
伝説と歴史を魅了するリューゲン島での発見

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(167)
役所での和暦と西暦/高齢者への部屋貸し渋り


[information]
■中部電力株式会社――新型落雷検出装置


[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(199)――大手町九郎
記者と取材先の“関係”とは

■やまとうた(96)――山内丈(冷泉家門人)(96)
【雨香】濡れまさる 夏の茂みに ひと知れず 風の伝へる 百合の香涼し

■もっともっと映画を!(193)─―古閑万希子
「犬ヶ島」「30年後の同窓会」

■私の読書スタイル(248)──石束隆氏(株式会社ベストアドバイス代表取締役)
人生の終盤はドストエフスキーで
プロダクトNo 1281680836
出版社 エルネオス出版社
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。