The Clarinet (ザクラリネット) 定期購読・最新号・バックナンバー

The Clarinet (ザクラリネット) 定期購読・最新号・バックナンバー

The Clarinet (ザクラリネット)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

The Clarinet (ザクラリネット)の詳細です。


The Clarinet (ザクラリネット)の公式サイトへ
本・雑誌 The Clarinet (ザクラリネット)
本・雑誌内容 全国の吹奏楽愛好者を中心に一般アマチュアの人達に愛読され、レッスン情報誌の役割を担っています。ジャズクラリネットやポップスを好む人達にも情報を幅広く提供し、クラリネット唯一の専門誌にもなっています。
本・雑誌内容詳細 今号の表紙を飾ったのは、現在マーラー・チェンバー・オーケストラ、レ・ディソナンスの首席クラリネット奏者として活躍されているヴィセンテ・アルベローラさんです。2000年よりミュージック・マスターズ・コース・ジャパンの講師として毎年来日されており、日本は第二の故郷だと語っています。
Close Upに登場したのはハンガリーNo.1のオーケストラ、ハンガリー放送交響楽団の首席クラリネット奏者であるヴァルガ・ガーボルさん。ハンガリー作品への愛情が伝わってくるインタビューとなりました。
そして、特集は「楽器をしっかり調整してる?」と題し、実際に行なっている調整作業の内容について“調整の達人”にレクチャーしてもらいました。また、プロ奏者にはどのタイミングで調整に出すのか、調整から戻ってきたら何をするのかを聞いています。調整の必要性、また調整後の確認の仕方など、参考になる興味深い話が満載です。さらに、今話題のビュッフェ・クランポン「レジェンド」と、メイド・イン・フランスのJLVリガチュアーなども取り上げています。今号も隅から隅までお楽しみいただければと思います。

【Cover Story】
ヴィセンテ・アルベローラ Vicent Alberola

世界の一流オーケストラから入団を熱望されるクラリネット奏者のヴィセンテ・アルベローラ氏が、ルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーとして来日した。浜松国際管楽器アカデミーや、毎年夏に開催されるMMCJ(ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン)の講師としても知られる彼は「日本は第二の故郷」と語る親日家でもある。指揮者としても活躍の幅を広げるアルベローラ氏に、愛する音楽と楽器について聞いた。


【Close Up】
ヴァルガ・ガーボル Varga Gabor

ハンガリーNo.1 のオーケストラ、ハンガリー放送交響楽団の首席クラリネット奏者を務めると同時に、ソリストとしてもキャリアを積み重ねてきたハンガリーを代表する奏者のヴァルガ・ガーボル氏が来日、インタビューが実現した。ハンガリーのクラリネット事情、そしてヴァルガ氏のハンガリー作品への愛情が伝わってくるインタビューとなった。


【Gear Report1】
BUFFET CRAMPON 最新モデル  LEGENDE レジェンド

2016年に発売された “トラディション”。新型内径をコンセプトにもったこのモデルは、「ビュッフェ・クランポン第三の内径」と呼ばれ、世界のクラリネット市場に大きなセンセーションを巻き起こしたのは記憶に新しい。
そして、2017年12月、トラディションをベースに更なる研究を重ねた上位機種 “レジェンド”(Legende)が発売された。ここでは、2017年末最大のニュースとなったモデル“レジェンド”の魅力を紐解いていこう。


【Special Contents】
いつ出すの? 今でしょ!楽器をしっかり調整してる? Part-1

「楽器の調整」という言葉はよく聞きますが、楽器店などへ足を運び、楽器の状態を定期的に見てもらっている人でも、実際に調整の作業がどのように行なわれているのか、知らない人が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、調整の作業内容を紹介。調整が必要な楽器の状態、その原因、対処方法や予防方法などを、調整の達人にレクチャーしてもらうとともに、その達人に楽器の調整を依頼する側のプロ奏者にも“調整について”語ってもらいます。

【Contents】
調整ではこんなことまでする!?
奏者に聞く! 調整前、調整後にするべきこと
クラリネット仕掛人[第18回]|木村健雄



【Topics】
第19回 大阪国際音楽コンクール
花岡詠二プレゼンツ 新春 室内楽& スイング・コンサート
北田学のNew York滞在記 後編


クラリネット上達マストアイテム
[JVCレッスンマスター編] by 水越裕二


【Gear Report2】
JLVリガチュアーが爆発的に売れているワケ

2013 年にフランスで発売され、昨年12 月よりThe Clarinet Shop(https://clarinet-shop.co.jp/)で取り扱いを開始。現在、爆発的な売れゆきを誇る今注目の商品がJLVリガチュアーだ。その開発者であり、サクソフォニストでもあるJean-Luc VIGNAUD(ジャン=リュック・ヴィニョオ)氏が来日。JLVリガチュアーが売れているワケを教えてもらった。
今回は、同氏と親交の深いクラリネット奏者の生島繁氏にも同席いただいた。


【SCORE1】
新入生が楽しく吹ける♪ Duo で先輩と上手くなる!|監修:大和田智彦
灰色と青』(米津玄師 歌) 2BbCl

このコーナーは、新入生と上級生の二人で一緒に楽しく吹ける連載です。
1st はクラリネット初心者、2nd は先輩や経験者が楽しめるようアレンジしました。クラリネット歴の浅い人でも上手な人とデュオを楽しみながらクラリネットの上達を目指しましょう。


【SCORE12】
作曲家の肖像 ジャコモ・プッチーニ
『私のお父さん』<歌劇「ジャンニ・スキッキ」より>


【SCORE3】
NHK 大河ドラマ『西郷どんのテーマ』 2BbCl + Pf
編曲:Mami

─────────────────

CLNヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第23回]|赤坂達三
Clarinet in New York[第22回]|Yuki Tei
のらりクラリNET[第33回]|谷口英治
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第6回]|辻本美博
クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ[第40回]|仕田敬一
その練習法、間違ってない?[最終回]|川村慎敬
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
プロダクトNo 1281681032
出版社 アルソ出版
発売日 3,6,9,12月の10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。