ノジュール(nodule) 定期購読・最新号・バックナンバー

ノジュール(nodule) 定期購読・最新号・バックナンバー

ノジュール(nodule)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ノジュール(nodule)の詳細です。


ノジュール(nodule)の公式サイトへ
本・雑誌 ノジュール(nodule)
本・雑誌内容 「ノジュール」とは、鉱物学の専門用語で硬くて丸い石球(団塊)のこと。「団塊の世代」の語源にもなったもので、球の中心にアンモナイトや三葉虫などの化石が入っていることがあります。ご自身の中に眠っている才能の発見や新しい趣味の始め方など、“50代からの自分ライフを3倍楽しく”過ごすための情報をお届けします。毎号美しい写真と共に、ご夫婦やお友達との時間を贅沢に過ごすための大人の旅プラン、暮らし、健康、趣味などの役立つ情報をご提案します。
本・雑誌内容詳細
【大特集】

一度は見たい! 「列島・花景色」

夏に向けて、これからの季節は花々がしっとりと潤うシーズンです。
ポピーやバラ、ユリやハナショウブ、アジサイなど、
カラフル咲き誇る花畑を探す旅に出かけてみませんか?
心を癒す華やかな旅へ~

●グラビア
 北杜市明野サンフラワーフェス(山梨県)/ベンセ湿原(青森県)/甘利山(山梨県)/伊吹山(滋賀県)など

●[初夏の花咲くたびプラン]
 1.カラフルな彩りの競演「山陰・花とアートの旅路」(鳥取県米子市・島根県安来市)
 2.雄国沼・浄土平「会津の花ドライブ」(福島県北塩原村・福島市)
 3.南国の海岸線を彩る「“紫の桜”を訪ねて」(宮崎県日南市・串間市)

●風薫る季節の贈り物「初夏の花物語」
 バラ・アジサイ・ラベンダー

●集結!ゴッホ「7つのヒマワリ」~大塚国際美術館の試み~

●北海道「陽殖園」の半世紀「武市さんが造る山の庭」

●誰でもいますぐできる!「花のカンタン撮影術」
 スマホ編/デジカメ編
 

【特集】
 
 北海道150年 「おいしい旅物語」

2018年は北海道命名150年という歴史の節目にあたります。
北海道は今も昔も食の宝庫。地元の美味を求めて、小樽・旭川・札幌の
名所をめぐる『旨し旅』をご紹介します。

●「小樽のニシン歴史探訪へ~漁で栄えた史跡をたどる」小樽市
●500歩圏内が愉しい宿で「ディープに旭川・路地裏探検」旭川市
●新鮮地元食材を満喫!「札幌グルメ」
●北海道の名付け親「松浦武四郎の足跡」
●懐かしさに思いを馳せて「フェリーで行く初夏の函館」


【特集】
 この夏注目!
 「今こそしりたい魅惑のロシア」

●1分でわかるロシア基本知識
●日露友好事端


【ノジュール誌上講座】
 大人の学び舎18「日本茶と健康【下】」


【連載】
●エッセイ 旅の記憶66 文:見城 美枝子
●今月の名作42
 『接吻』 オーギュスト・ロダン
●あなたも行ける世界の絶景42
 ラック・ローズ(セネガル共和国)
●Road to 2020 TOKYO進行形3
  下北沢駅
●名城一幅30
 犬山城(愛知県犬山市)
●明治維新一五〇年企画 明治駅舎の風景6
 日野春駅 JR東日本 中央本線(山梨県北杜市)
●こだわり1万円宿27
 ネコノシマホステル(香川県)
●暮らしの作りおき18
 「豆類のオリーブ油あえ」
●病に勝つカラダ18
 慢性炎症と健康長寿 新井康通先生
●帯津良一先生のときめきよろず相談18
 “長老”支配にうんざりしています
●読者の本音 ホントのところ80
 「花の旅」
●祭地巡礼18
 盛岡舟っこ流し(岩手県盛岡市)
●物語のある旅30
 佐久(長野県佐久市)

プロダクトNo 1281681855
出版社 JTBパブリッシング
発売日 毎月28日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。