環境ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

環境ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

環境ビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

環境ビジネスの詳細です。


環境ビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 環境ビジネス
本・雑誌内容 太陽光発電、LED照明、蓄電池などの創エネ、省エネ、蓄エネをはじめとした、環境推進の具体的情報を提供する専門ビジネス誌。 経済的な観点からだけでなく、国際条約の動向、法規制、補助・優遇政策、先進自治体の条例や政策、海外の先進事例なども紹介。 国際社会の動向、国内の政治・経済・法規制・改正にいち早く注目し、その対策や各種の補助金制度、優遇税制などの政策とその実践的活用法や最新の技術などをお届け致します。 また、環境分野の主要製品・サービスである、太陽光発電やLED照明、蓄電池、EMSなど、導入の際に役立つ主要各社の比較表や、発注時のチェックリストなどの即役立つ実務情報も掲載。 企業や自治体の発注者、意思決定者と、提供者(事業者側)の双方に読まれるメディアです。 日々の取材活動に基づき、凝縮された情報が誌面では展開されています。 環境は、日本で急成長している分野であるだけでなく、世界中で環境問題が注視され市場開発される今だからこそ、読んでおきたいビジネス雑誌です。
本・雑誌内容詳細 ◆特集
FITにすがりついている時代は終わった
太陽光にイノベーションを!

FITを踏み台にビジネスをさらに拡大/環境ビジネス編集部
約8割が新規事業創出を意識(新規事業に関するアンケート)/環境ビジネス編集部
農業の真価を発揮させるソーラーシェアリング/ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション
企業の環境施策の実施アンケート/環境ビジネス編集部
グループ全体で、再エネ導入を推進/キユーピー
攻めの環境戦略で再エネを積極活用/キリン
高い技術力と充実のR&Dで世界No.1に/LONGI Solar Technolgy
コミュニティエナジーの可能/佐藤滋芳氏
新事業構想をさらなる高みへ(環境ビジネス 新事業発表会レポート)


◆特別企画
太陽光発電 ブルーオーシャンを狙え!

恵まれた自然・資源をいかした岡山県の新エネビジョン/環境ビジネス編集部
水上太陽光発電の大きな可能性/いちごECOエナジー
発電事業者主導の営農型太陽光発電でビジネスを成功させ社会課題も解決/サステナジー 代表取締役 三木浩氏


◆特集
ステップアップSDGs
SDGs を中心としたビジネスが本格始動

認知からアクションの段階へ/国連広報センター 所長 根本かおる 氏
SDGsは次世代企業のスタンダード/慶應義塾大学大学院 蟹江憲史 氏
先行者としてマーケットを切り拓く/積水ハウス 常務執行役員 石田建一 氏
サステナビリティを経営の中軸に/三菱商事 取締役 常務執行役員 戸出巌 氏
社会課題もリコーにとってはお客様/リコー 執行役員 加藤茂夫 氏
事業ドメインを中心に、ビジネスで持続可能な社会の実現を目指す/アサヒグループホールディングス
海外SDGsビジネス事例―日本人女性起業家によるベルリン発の新環境ビジネス/井口奈保 氏


◆巻頭グラビア
スマートエネルギーWeek2018 開催
2018年度の太陽光ビジネスの市場と商機を探るセミナーが開催
マイクロEV、欧州で初夏から販売スタート
ため池ソーラーは産業用太陽光の救世主か!?

◆ENVIRONMENTAL TOPICS
欧州の沿岸地域を再生する海洋自然エネルギーは日本にも通用が可能か/栗田路子 氏

◆TOPICS
環境ビジネスニュースBEST10
バイオPV:コケはシリコンとなるか?/永井宏治 氏
村長が率先して気候保護を推進/田口理穂 氏
平成29 年度省エネ大賞受賞は47件/武末髙裕

◆コラム
投資家が重視する「人財」ポイント/日本総合研究所 黒田一賢 氏
地域を活かすグリーンインフラへの期待
/三菱UFJリサーチ&コンサルティング 西田貴明 氏
パシフィックコンサルタンツ 小笠原奨悟 氏

◆環境ビジネスパーソンマッチング
再エネビジネスの立ち上げに力を発揮 GPSSホールディングス 長谷川明子 氏
プロダクトNo 1281682033
出版社 日本ビジネス出版
発売日 3,6,9,12月の15日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。