月刊ケアマネジメント 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ケアマネジメント 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ケアマネジメントの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ケアマネジメントの詳細です。


月刊ケアマネジメントの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ケアマネジメント
本・雑誌内容 介護保険制度とともに創設された介護支援専門員(ケアマネジャー)の役割は今後もますます重要です。超高齢社会に向けては、自立支援型ケアマネジメントがますます求められるようになっているほか、ケアマネ支援策として政府は全自治体での「地域ケア会議」の開催を推進するなどケアマネを取り巻く状況も日々変わっています。 月刊ケアマネジメントでは、毎月特集として制度改正や地域ケアの現場を広く取り上げており、ケアマネジャーだけでなく、在宅サービスに取り組む関係者にも役立ちます。
本・雑誌内容詳細 月刊ケアマネジメント 2018年5月号
【特集 報酬改定で注目 介護を「測る」】

 4月からの介護報酬改定では、通所介護で「ADL維持等加算」や「栄養スクリーニング加算」が導入されるなど、自立支援に向けて、現場で高齢者の状態をより客観的に見る取り組みが評価されることになりました。ケアマネジャーに栄養状態を報告することも運営基準で義務化されているので 、関係ないとは言っていられません。
 改定では、自立支援・重度化防止が争点の一つになりました。政府全体としては、「科学的な根拠に基づく介護」が推進される中で、導入されたものです。これまでの「経験と勘」に基づく介護から「根拠」に基づく介護へと転換するターニングポイントになる可能性も。そこで今回、「測る」をテーマにしてみました。


・報酬改定で注目 介護を「測る」

・通所介護では、測れる指標で「ごほうび」も

・「測る」新報酬とスケールをチェック!

・介護のDB構築へ ケアマネジャーからも アセスメント情報集めます
 インタビュー 西嶋康浩 さん◎厚生労働省老健局保険課 介護保険データ分析室長

・ビッグデータ時代がやってくる 数値化された情報を読み解く力を 
 因果関係と相関関係を意識しよう
 インタビュー 津川友介 さん◎カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授

・測る現場-1 老健施設が取り組む介護のモノサシ ICFステージング
 執筆 大河内二郎 さん◎全国老人保健施設協会常務理事

・測る現場-2  「測る」で課題を明らかに 「本人らしい暮らしの継続」目指す
 ケアホーム西大井こうほうえん◎東京都品川区

・専門職にとって「測る」とは
 リハ専門職はバーセルインデックスをどう使っているのですか?
 インタビュー 大嶋伸雄 さん◎首都大学東京教授

・「測る」と人の歴史 人間は「測る」ことで発展してきた
 教えてくれた人 広井良典 さん◎京都大学こころの未来研究センター教授



連載

・統合ケアマネジメント事例検討会

・【新連載】やってみよう 解決志向アプローチ
 AAA(安心づくり安全探しアプローチ)研究会

・【新連載】主任ケアマネジャー 支援者支援のヒント
 ペ・ホス ◆ アプロクリエイト代表

・我がまち 地域包括支援センター
 千葉県 柏市地域包括支援センター

・つながれ! ケアマネジャー連絡会の輪

・医師との上手なつき合い方
 嵯峨崎泰子 ◆ 日本医療コーディネーター協会 代表理事


・ともにアート

・うらわか介護
 岡崎杏里 ◆ ライター&エッセイスト

・Let,s enjoy Cinema

・みんなでつくる井戸ばた会議

・読者アンケート

・ソーシャルワーカー道まっしぐら 宗利勝之◆NPO法人カナン 相談支援専門員

・風の手帖 尾崎 雄◆医療・福祉ジャーナリスト(老・病・死を考える会世話人)

・わが社のおすすめ!
プロダクトNo 1281682759
出版社 環境新聞社
発売日 毎月30日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。