月刊人材ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊人材ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊人材ビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊人材ビジネスの詳細です。


月刊人材ビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 月刊人材ビジネス
本・雑誌内容 全国初の派遣専門誌「月刊人材ビジネス」の前身である「月刊人材派遣」の創刊は1986年7月1日。この日、労働者派遣法が初めて施行されました。その後、媒体労働者派遣法は規制改革がなされ、ILO国際条約も大幅に改正される見通しとなり、抜本的規制改革は国際的潮流となりりました。そのため、近い将来、職業紹介事業、アウトソーシング事業等人材関連事業が総合的な人材ビジネス業として開花することを予想し、それらを包括した媒体づくりのため、1995年8月、「月刊人材ビジネス」へと改称しました。 労働者派遣法の施行から2005年7月でまる19年。人材ビジネス業界は、雇用の流動化に貢献すべく大発展を遂げています。
本・雑誌内容詳細 編集長インタビュー
村田 裕之 東北大学特任教授 村田アソシエイツ代表
「なぜ今、シニア事業の専門家を育成するのか?企業経営者がそうした人材を求めている、そんな強く大きな確信があるからです」

第29回派遣スタッフ満足度調査結果
仕事紹介、フォローとも
「質の高さ」を求める傾向が強まる
「再就業率」はアデコ、「口コミ率」はパソナが1位

特集
地域を舞台に本格化!
金融機関による人材マッチング Part2
金融機関による「顧客企業への人材確保支援」の強化は、人材ビジネス会社にとっては脅威か?それとも好機か?

DATA pickup
世界的に見ても減少傾向が強い日本の非正規雇用労働者の実態
「データブック国際労働比較2018」に探る世界の中の日本

Jinbiz Report
自営業・フリーランス・個人事業主・クラウドワーカーの実態を探る3
雇用類似の働き方に関する関係者ヒアリングの本音

2018年9月問題 緊急誌上セミナー①
抵触日前に要確認!
「雇用の安定のための措置」絶対押さえておくべきポイント10問10答

この人に今、ここが聞きたい!
清水 竜一
日総工産株式会社 代表取締役社長
「市場価値の高い人材の育成のための、今までにないキャリアパスを用意したい」


<FOCUS>
就活エージェント活用の新卒者を対象にアデコが入社前壮行会を開催
「社外同期」との繋がりを創り早期離職の抑止に役立てたい

業界最前線リポート第35回
シリーズ人材業界における「副業・兼業」の潮流と可能性③
「 副業」をキーワードに大都市人材と地方企業を結ぶ

第83回「支援者」としての人材ビジネス
シニアの特性を生かした働き方改革を実現
キャリアが展開するセカンドキャリア支援 前編

人材ビジネス新時代
「人材ビジネス」×「ドローンビジネス」

派遣業界トレンドウォッチ
働き方改革や有効求人倍率上昇の中、「派遣で働く魅力」は変化しているのか?

NEWS FLASH ENTERTAINMENT
NEWS FLASH
[第38回 武藤泰明の経営者目線で読む景気動向]
大学の「内なる少子化」
[人材業界関係者必読、弁護士が答える基礎からの労務管理]
派遣社員からの団交申し入れを派遣先は受ける必要はあるか
Solution Tool&Service大解剖
Advanced pay SAISON
BOOK REVIEW
News
セミナー&イベント情報
派遣元責任者講習スケジュール
2018年4月1日付
労働者派遣事業 許可事業所数
職業紹介責任者講習スケジュール
編集後記

プロダクトNo 1281682888
出版社 オーピーエヌ
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。