書斎のゴルフ 定期購読・最新号・バックナンバー

書斎のゴルフ 定期購読・最新号・バックナンバー

書斎のゴルフの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

書斎のゴルフの詳細です。


書斎のゴルフの公式サイトへ
本・雑誌 書斎のゴルフ
本・雑誌内容 「読めば読むほど上手くなる教養ゴルフ誌」として、数あるゴルフ誌の中で「読むゴルフ誌」として異彩を放ってきた小誌は、1999年に創刊、2009年で10周年を迎え、ゴルフの奥深さを味わい、真にゴルフを上達したいと願う多くの読者の皆様に支持され続けてきま した。 2009年1月刊からは「日本経済新聞出版社」の刊行となりました。より一層パワーアップして、ゴルフ愛好家のあらゆる要望に応えてまいります。
本・雑誌内容詳細 ほんの少し矯正するだけで、飛距離はぐんと伸びる!!
シーズン到来の今、ライバルたちを置き去りにする、飛ばしの奥義を伝授。

◆大特集 飛ばしの秘伝---力は不要。正しい動きを知るべし

4月号では時間のあまりとれないアマチュアゴルファーにとって効果的な「飛ばしの秘伝」を大特集。
シニアになってから飛距離が落ちてきたと悩んでいるゴルファーは多数いる。しかし、アマチュアは
そもそも理に叶った飛ばし方を殆ど学んでおらず、身に付けている人も滅多にいない。
それは逆に、少しの矯正を施すだけでぐんとアップするポテンシャルを持っている人が殆どともいえ、
まだまだ飛距離アップの伸びしろがあるともいえるのだ。
今号ではゴルフレジェンドやトップアマたちの解説や金言、トップインストラクターのレッスンなどで構成し、
あらゆるレベルの読者にフィットする飛距離アップのポイントを多角的な内容で紹介していく。

◆第1特集は、現在の日本人シニア選手トップランナーといってもいい倉本昌弘プロの「飛ばし論」を
特集。PGA(日本プロゴルフ協会)会長の要職にありながらシニアツアーでも大活躍中の
倉本昌弘プロの飛ばし名言を紹介し、技術的に解説。

◆第2特集以下は、米ツアーの最多勝記録82勝をもち、「史上最もエレガントなスイング」といわれた
サム・スニードの飛ばし術、元賞金女王の人気女子プロ、イ・ボミ選手の「250ヤードを正確に飛ばす技術」、
「記憶に残るアマチュア」 中部銀次郎氏の「飛び姿の求め方」など読み応えのある企画が続く。

◇目次◇

▶大特集 力は必要とせず、動きを知るべし
▶CONTENTS
・倉本昌弘
 飛ばしの真髄

・中部銀次郎 飛ばしの悟り
 「飛ばしはスコアメイクに結びつくものに」

・イ・ボミ
 ヘッドスピード40m/sで、
 250ヤードを正確に飛ばせる!

・サム・スニード
 「飛ばしたいのなら
 スイングのリズムとテンポを良くすること」

・坂井昭彦
 「動ける体が、飛距離をアップさせる!」

・RTX F-FORGEDⅡ WEDGE & CLEVELAND CBX WEDGE
 ウェッジの名門『クリーブランド』から
 「やさしく寄せられる」2モデルが新登場!

・Be ZEAL 535
 『ハンサム顔』でやさしく飛ばせる!

・新田恭一
 伝説の「新田理論」で驚愕の飛距離アップ

・治武隆と6人のゴルフコーチ
 PSGA(Pure & Sure Golf Academy)
 飛距離アップ講座

・吉田洋一郎
 足踏みスイングで飛距離アップ

・new『オノフ赤』
 上質でスタイリッシュ! 振るだけで大きな飛距離!

・TOUR B JGR
 飛び過ぎ警報発令!
 飛距離モンスターボール堂々登場!

・沼田晨
 腰も膝も痛めない沼田流健康スイング

・南田陽平/TAIKANZ GOLF
 飛距離がアップするラウンド直前ドリル

・「書斎のゴルフ」座学講座
 会議室で学ぶ最新ゴルフ理論
プロダクトNo 1281683064
出版社 日本経済新聞出版社
発売日 1,4,7,10月の10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。