地域福祉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

地域福祉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

地域福祉情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地域福祉情報の詳細です。


地域福祉情報の公式サイトへ
本・雑誌 地域福祉情報
本・雑誌内容 地域の住民が主人公になって地域の福祉がつぎつぎに創造されはじまっています。お互いの知恵を交流しあって、さらに豊かな地域福祉が創造されます。この「地域福祉情報」誌は地域と地域を結ぶパイプラインです。日本のいたるところで展開されている地域福祉のプランや活動を漏れなく、新聞メディアを通して集め、提供します。
本・雑誌内容詳細 keyword 障害者福祉サービス 【資料】

    厚生労働省 社会保障審議会障害者部会 資料 
  「平成30年度障害者福祉サービス等 報酬改定における主な改定内容」

         平成30年2月5日


 掲載記事
2018/3/1~3/31

【全国情報・海外情報】
・貧困高齢者向け住宅 救済届かぬ「安住の地」
・強制不妊 旧厚生省積極手術促す
・祖父母介護 孤立する若者
・シニア向け保険相次ぎ登場
・認知症とともに 徘徊と呼ばないで
・生活困窮者に家計相談 自立支援の制度拡充へ
・介護用語外国人に易しく「難解で挫折」防ぐ教え方を
・介護留学生の奨学金補助 施設の人材育成支援
・ダウン症消防士に脚光 オーストラリア

[社説]
・自治体連携の特養 先進事例の全国発信を
・精神福祉法案先送り きっぱりと改正断念を
・バリアフリー「誰もが普通」の世の中に

【都道府県別索引】
◇ 北海道・東北地方
北海道・守れるかついの住み家上・中・下
青森県・介護の”助っ人”マッスルスーツ
岩手県・児童生徒に「福祉の種」学習支援人材
宮城県・障害児の居場所 放課後等デイサービスの今①~⑤
山形県・保護司にも高齢化の波
福島県・震災七年 福島の介護施設担い手不足
◇関東地方
茨城県・「訪問診察」増やせるか 介護過程に安心感
栃木県・専門家派遣 教員から評価
群馬県・ひとり親支援 新たな試み
埼玉県・幸せ運ぶ保育園 待機児童解消で注目
東京都・コンビニ店 認知症学んで
神奈川県・報酬改定受け機能強化訴え 県老健協会合同シンポ
◇ 中部・北陸地方
新潟県・外国人受け入れ 変わる介護現場上・下
石川県・街角サロン住民つなぐ 見守り効果期待
福井県・福井市は認知症支援の先進都市
山梨県・介護支援ロボ四割導入 県内人材不足補う
長野県・障害理解する店増やそう
岐阜県・消防本部に医師待機 急行
静岡県・介護職「週休三日」で確保 県内現場導入の動き
愛知県・医療的ケア必要な子 看護師配置地域の学校へ
◇近畿地方
三重県・介護現場 先端技術で負担軽く
滋賀県・災害弱者支援広がり 福祉避難所の開設訓練
京都府・防げホーム転落 視覚障害者のSOS上・中・下
大阪府・排泄ケアとことんこだわる
兵庫県・全国自治体の手本に 犯罪被害者支援改正条例成立
◇中国・四国地方
鳥取県・後見支援預金スタート 引き出し家裁の承認必要
島根県・人材不足や出費で苦心 社会福祉法人の公益活動
岡山県・緊急リポート A型事業所破綻の連鎖上・下
徳島県・介護現場 シニアに注目
香川県・障害物や落差把握し通知 視覚障害者グラス開発
高知県・「生活の場」で療養支え 県内訪問看護師
◇九州・沖縄地方
福岡県・発達に応じた居場所必要 医療的ケア児の支援
佐賀県・開所五カ月早くも満杯 発達障害児施設「といろ」
長崎県・介助受けながらゆっくり観光
熊本県・幸せに暮らす権利は平等 強制不妊を考える
大分県・無人駅で介護支援 高齢化対応へ事業所
宮崎県・発達障害 相談拡充へ 悩みを話し情報共有
鹿児島県・検証ダブル改定 鹿児島の医療介護上・中・下
沖縄県・認知症カフェ 大学内に 高齢者の知的好奇心喚起

【地域の書籍紹介】
・『静けさの中の笑顔』
(星湖舎/1300円+税/聴覚障害のNPO事務局長/石塚由美子著)

【行政機関などの資料・報告書】
・強制不妊 資料保管二割
・強制不妊 実態把握に壁
・看護師不足深刻 看護協会、紹介業務を強化
・児童虐待 最多6万5千人 警察庁まとめ
・児相「命の危険」見逃す
・介護職員の虐待最悪 高齢者被害870人
・知的障害者 20歳の不安 児童施設後移り先不足
・認可保育24%入所できず
・保活「13希望まで全滅」認可保育調査
・介護保険料6千円以上6割
・保険料 自治体で差じわり
・養子あっせん 児相・民間 進まぬ連携
・2045年 東京以外は人口減
・新年度国保保険料自治体54%で減へ
・国保財政安定化狙う 運営市区町村から都道府県へ
プロダクトNo 1281683106
出版社 ジャパン通信情報センター
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。