周産期医学 定期購読・最新号・バックナンバー

周産期医学 定期購読・最新号・バックナンバー

周産期医学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

周産期医学の詳細です。


周産期医学の公式サイトへ
本・雑誌 周産期医学
本・雑誌内容 周産期領域の診断、治療の研究解説誌。
本・雑誌内容詳細 総論
 早産の病態(感染・炎症)……米田 徳子
 早産の病態(感染・炎症以外)……金山 尚裕
 子宮内感染/絨毛膜羊膜炎の早期診断……牧  洋平
 Tocolysisの変遷……高木健次郎
 早産期前期破水―治療法の変遷……松田 義雄
 切迫早産/前期破水治療の現況(日本産科婦人科学会周産期委員会報告書をもとに)……牧野真太郎
 切迫早産/前期破水治療の現況(周産期学シンポジウム調査研究もとに)……大槻 克文
 出生前ステロイド投与―変遷,メカニズム,反復投与の是非、投与時期の再検討……下屋浩一郎
 母体ステロイド―胎児・新生児に及ぼす影響……小川 正樹
 Neuroprotectionとしてのマグネシウム……川瀬 恒哉
 早産児の予後―早産前期破水症例にどう対応すべきか……水越 曜子
 Tocolysisの児に及ぼす影響……兼重 昌夫
 Fetal inflammatory response syndrome ……島  義雄

各論
 未破水の切迫早産管理
  Short-term tocolysis……仲村 将光
  β刺激剤が使用できない時の対応……吉松  淳
 早産期前期破水の管理と児の予後―破水から分娩までの日数をキーとして
  自治医科大学附属病院……大口 昭英
  神奈川県立こども医療センター―28週未満に早産期前期破水となった症例の長期予後の検討……長瀬 寛美
  聖隷浜松病院……村越  毅
  大阪母子医療センター……笹原  淳
  長崎医療センター……安日 一郎.
プロダクトNo 1281683460
出版社 東京医学社
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。