建築仕上技術 定期購読・最新号・バックナンバー

建築仕上技術 定期購読・最新号・バックナンバー

建築仕上技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建築仕上技術の詳細です。


建築仕上技術の公式サイトへ
本・雑誌 建築仕上技術
本・雑誌内容 壁、屋根、床・・・建築物のあらゆる部位を保護し、そして飾る「建築仕上材」とその施工、さらには周辺の情報まで、独自の切り口で紹介する専門雑誌。ホームページでは読み取れない、オリジナルの記事が豊富です。話題の機能性塗料・塗材、工法などの技術レポートを中心に、具体的な施工事例報告も随時掲載。また、毎月のニュース記事や、「優良経営専門工事業者経営健全度ランキング」など、業界の動向を紹介する企画も好評です。
本・雑誌内容詳細 ●特集/鋼構造物のメンテナンスに貢献する仕上技術

・鋼構造物における維持保全と仕上技術
 =奥田 章子(㈱大林組 技術本部 技術研究所 生産技術研究部 主任研究員(課長))

・隅田川中流部の五橋が色彩計画に基づき塗替え中
 ~歴史・風土踏まえた色で個性表現しつつ橋を保護
 =編集部

・高耐久・低汚染化を兼ね備えた高機能二液形ふっ素樹脂塗料
 =杉田 直也(神東塗料㈱ 技術本部 第3技術部 第2グループ) 

・物理的素地調整を軽減可能にする塗布形素地調整軽減剤
 =大柴 雅紀(大日本塗料㈱ 構造物塗料事業部)

・〈写真でみる〉隅田川中流部の五橋が色彩計画に基づき塗替え中
 ~塗替えられた白鬚橋、蔵前橋と、アーチ部の塗替えが完了した厩橋

●コンパス
心震える朝
 =片岡 照博(㈱コトナ 代表取締役)

●最新技術開発情報
新規屋根用水系2液型硬化システムを用いた塗料市場の水性化シフト
 =松良 昌彦(水谷ペイント㈱ 経営企画室)

●統計
・平成29年度 住宅リフォーム実例調査
 /住宅リフォーム推進協議会

・平成29年度 建築着工統計の概要
 /国土交通省総合政策局建設経済統計調査室資料より

・塗料製造業の概況―日本の塗料工業’18に見る
 /編集部

●話 題
建設関連産業の動向「塗装工事業」
 /(一財)建設経済研究所発表資料より


●フォトレポート
・「オーディオテクニカ本社」など11作品を表彰
 /2018年日本建築学会作品選奨

・デザイン性と利便性を兼ね備えた5作品が入賞
 /医療福祉建築賞2017

●トピックス
・JIS安全色(JIS Z 9103)が改正
 ~多様な色覚に対応するユニバーサルデザインカラーを採用

・大賞に斎藤公男氏(日大名誉教授)、高橋鷹志氏(東大名誉教授)
 /2018年日本建築学会賞

・厳かに第50回鏝塚祭祀
 /東左連

・中野で盛大に第60回「聖徳太子祭」開催!
 /東左職連

・タカボシが創業55周年を記念し、新社屋竣工披露式を挙行
 ~主要仕入先の星親会・協力業者など多数の来賓が参加

●連載
・建築仕上技術のトレンドを読む「マンション排水管の腐食原因(その1)」
 /奈良利男
・建築仕上げニュース「建築仕上げの変遷と歴史物語(19)」
 /小俣一夫
・私のはんせい記「屋外環境整備事業 その2」
 /三木哲
・葛西萬司と横浜勉―盛岡の近代建築を求めて「横浜勉と第九十銀行(その3)」
 /佐藤竜一
・感性アップ・ダウン「ターナーは初めての旅行先スイスで絵画のヒントを掴む」
 /中路則生
・コーヒーブレイク「開発とネーミング」
 /工藤矩弘

●情報
・インフォメーション(新製品紹介)
・建築着工統計
・建築仕上オムニバス(ニュース)
・関東圏における景気動向
・近畿地域における景気動向
・業界ウェブサイト探訪
・窯業・建材統計確報
・設計価格資料(シーリング材・モルタル防水材・断熱材)
・最近の建築仕上関連特許抄録
・バックナンバー紹介
・神田川
・広告索引
プロダクトNo 1281683695
出版社 工文社
発売日 毎月15日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。