家電批評 定期購読・最新号・バックナンバー

家電批評 定期購読・最新号・バックナンバー

家電批評の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

家電批評の詳細です。


家電批評の公式サイトへ
本・雑誌 家電批評
本・雑誌内容 家電製品の情報をいち早く批評し、その情報を提供しております。家電購入時のバイブルとしてご活用ください。
本・雑誌内容詳細 家電批評2018年6月号

今月の第1特集は、これがニッポンの新定番!「家電&デジタルベストヒット2018」。
上半期トレンドの総決算&下半期ヒットを断言します!
第2特集はドンキ、スマスピ、完全ワイヤレスイヤホンなど「家電&デジタル上半期トレンド総決算」。
この半年間で家電の選び方が激変!テストしてわかった新基準を一斉総括します。
第3特集は「コードレスクリーナーランキング」。
もはや家のメインを張れるまでに進化しているんです。
他にも巻頭企画として「楽天がキャリア化!でも、キャリアってそもそも何?」や「EOS M&α7の大疑問56」、
特別企画「高城剛インタビュー」など盛りだくさん。
新連載として、結局どれを買えばいいの?にズバリ答える「月間家電ランキング」なども開始します。


【今月号の目次】
◎巻頭特集:ソフトバンク、ドコモ、auに続く第4の選択肢になれるのか?「楽天がスマホキャリア化!」

◎巻頭特集:今、大人気のキヤノンとソニーのミラーレス、買いか待ちか白黒つけます!「EOS M&α7の大疑問56」

◎第1特集:家電&デジタルベストヒット2018
・純正ペン対応! iPad Proじゃなくて新型「無印」で十分です
・ダイソン、マキタに代わるコードレス掃除機・第3のベストバイはコレ!
・【アメトークで話題】肩掛けスピーカーは新定番になるか!? ・テレビでテレビを見ない。Fire TVstickがあればOKです
・スタバでMac? いやいや古い! 2018年下半期は「鳥貴族」がアツイ!
・三四郎と四千頭身が来た! 知らなきゃ損する「新しいラジオ」の世界
・編集部も驚愕!これから格安SIMに乗り換える前に一番に見るべきサイト
・2018年下半期のネットショップはYahoo!に大注目
・もうテレビも「リモコン」じゃなくて「声」で操作する時代到来!
・知ってた?新しいWiーFiは「安定&複数接続」が新定番
・脱★満員電車! 自転車にもバイクにもなる1台3役の未来の乗り物登場

◎特別企画:高城剛が「50mmレンズ」だけで写真を撮る理由「高城剛インタビュー」

◎5つ星新製品を探せ!
・パナソニック「ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100」

◎第2特集:家電&デジタル上半期トレンド総決算

◎週刊家電批評
・Twitter=炎上、はもう古い! いまは、Twitter=懸賞、です
・最近やたら広告を見るサイト。本社に直撃! BuzzVideoとは一体何者なのか?
・小寺信良「家電業界批評」
・石川温「デジタルあまのJACK」
・金村修「写真批評」

◎第3特集:コードレスクリーナーランキング

◎新連載:月刊「家電ランキング」
・格安4Kテレビ
・スマートフォン
・完全ワイヤレスイヤホン
・ミラーレスカメラ
・モバイルPC
・ロボット掃除機
・ドラレコ
・イヤホン(有線タイプ)

◎連載コーナー
・コンビニ通信[のむヨーグルト]
・型落ち家電カタログ
・家電批評的テレビガイド
・北村森のヒット商品虎の穴
・サポセン
・家電クロスワード
・批評の墓場
・バックナンバー&定期購読
・中川学「Amazon Echo Dotと私」
・家電売れ筋ランキングレビュー
・美崎栄一郎のモノづくりの新しい地図
・可憐企業!
・読者プレゼント
・月刊360.life
・家電新品FLASH
・奥付/次号予告[まいにち、批評!]
ほか

プロダクトNo 1281683835
出版社 晋遊舎
発売日 毎月3日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。