月刊消防 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊消防 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊消防の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊消防の詳細です。


月刊消防の公式サイトへ
本・雑誌 月刊消防
本・雑誌内容 全国の消防職員及び関係機関を対象とした消防界の実務情報誌。消防法改正など法令改正もタイムリーに解説。火災、自然災害、事故等の各種事例を上げて考察する。
本・雑誌内容詳細 『月刊消防』2018年5月号目次

【Special Feature】
■進む火災調査!
・コンピュータを使った火災を再現するシミュレーション技術~火災原因調査での活用~/消防庁消防研究センター 阿部伸之
・最新型のX線透過装置について/東京消防庁予防部調査課
・平成29年度火災調査シンポジウムの開催について/静岡県消防長会
●【最終回】静岡市消防局における山岳救助訓練
他機関との合同訓練 静岡市消防局
●全国初! 東京消防庁が実戦的な状況対応型訓練システムを導入!!/「月刊消防」編集室
●Fire Engine Collection(76) 消防ポンプ自動車CD-Ⅰ型/小樽市消防本部(北海道)
●PhotoTopics 消防・消防団・警察の3機関合同訓練を実施!/「月刊消防」編集室
●神奈川県内初! 大和市消防ドローン隊が発隊 「月刊消防」編集室
●救助の基本+α(24) 確保/仙南地域広域行政事務組合消防本部 大河原消防署 特別救助隊 山田篤紀
●JR品川駅で事業所主体の災害対応訓練を実施 「月刊消防」編集室
●Information消防行政/自治体消防制度70周年記念式典の挙行 消防庁総務課
●一般住宅部分焼火災を想定した火災原因調査訓練/松戸市消防局予防課
●事例に学ぶ火災調査 トラックのABSユニットから出火した火災事例及び調査の手順について/新潟市消防局
●PhotoTopics 爆発による多数傷病者発生事故対応訓練を実施/「月刊消防」編集室
●【新連載】生活に息づく防火・防災の知恵(1) 「合掌造り 集落の知恵」/(公財)市民防災研究所理事長 大江秀敏
●今こそ知っておくべき 泡消火のAtoZ(5) 泡消火薬剤に関する法令・規格/深田工業株式会社
●【新連載】入門 「液化石油ガス法」~法令の概要と規制体系~(1) 液化石油ガス法の目的など/高圧ガス保安協会
●かゆいところに手が届く!予防お悩み相談室(77) 住宅宿泊事業(民泊)①/消防道研究会
●違反是正は怖くない! モヤモヤ解決Q&A(25) 質問調書でよくある疑問/第一総合法律事務所 國重槇二
●【最終回】できていますか?消防職員のビジネスマナー(12) ビジネスマナーまとめ 髙畠真由美
●消防心理学トピックス(26) ビル火災と避難行動の傾向について/加藤孝一
●ステップアップ 消防技術!(14) 事態対処外傷救護ことはじめ:簡易止血帯(ターニケット)について/防衛医科大学校 防衛医学研究センター外傷研究部門・病院救急部 関根康雅
●これで伝わる! 防火管理指導のひとくちメモ(2) イメージトレーニングのお勧め/池田和生
●CHEMICAL SOLDIERのCBRNよもやま話(53) 経皮吸収を考える……水的除染の固定概念を破るために/濵田昌彦
●海外の救助隊事情について(8) 訓練について/独立行政法人 国際協力機構 勝部 司
●FIRE SAFETY TOKYO 2018(FS ’18)の開催/東京消防庁
●最新救急事情(200) 決着がつかない気道確保論争/玉川 進
●情報のひろば
●予防技術検定トレーニング
●消防吏員 昇任試験合格講座

ESSAY & COLUMN
○月刊消防BookReview
○Voice 先輩消防職員の経験(28)
○トモさんはてんてこ舞い(84)
○救急隊員日記(169)
プロダクトNo 1281687269
出版社 東京法令出版
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。