食べもの通信 定期購読・最新号・バックナンバー

食べもの通信 定期購読・最新号・バックナンバー

食べもの通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

食べもの通信の詳細です。


食べもの通信の公式サイトへ
本・雑誌 食べもの通信
本・雑誌内容 『食べもの通信』では、マスコミでは取り上げられない化学調味料や電磁波の健康影響などの真実の情報を紹介。報道規制が強まっているなかで、一番頼りになる市民派の食情報誌です。薬膳やオーガニックな視点を取り入れた内容も魅力で、レシピも連載。食の安全、健康・栄養、食文化、食教育、食料自給の5つの視点が共感を呼んでいます。家庭栄養研究会編集。
本・雑誌内容詳細 薬剤師 目次
食べもの通信 2018 6月号 No568

□┓    
 ┃ 特集  世界で広がるオーガニック農業
 ┃ 命をつなぐ安全な農産物を次世代に
 ┃     
┗┛━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆

世界のオーガニック市場4倍に
学校給食100%切り替えの国も
NPO法人IFOAMジャパン副理事長 徳江倫明

食の安全性への危機感から
世界でオーガニックが伸展
グリーンピース・ジャパン広報担当 土屋亜紀子

世界の先駆者
日本の有機農業発展のカギは?
消費者との「提携」を柱に行政支援が急務
國學院大學経済学部教授 久保田裕子

□┓    
 ┃ 特別企画 新たな遺伝子組み換え技術
 ┃ ゲノム操作食品が食卓にのぼるの?
 ┃ 急がれる安全性の検証
┗┛━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆

ゲノム編集技術で「奇形」農産物が出回る?
市民バイオテクノロジー情報室代表 天笠啓祐

基礎講座
「遺伝子組み換え」より正確で強力な「ゲノム編集」
リンゴの切り口が変色しないわけ
東京都市大学環境学部教授(社会学) 大塚善樹

ゲノム操作食品もNO!
市民が動けば社会も変わる
家栄研顧問 蓮尾隆子



●インタビュー
劇作家・演出家
平田オリザさん
演劇は子どもの想像力を育て居場所をつくる


●6月の旬
「アンズ」  薬剤師 橋本紀代子

●6月の岩手・釜津田 山里だより59
タケノコ天秤  三上亜希子

●ワッハッハ談義(18)
ブロッコリーは野菜の王様
食文化史研究家 永山久夫

●子どもの食事 おかわりちょうだい!
筑前煮、車麩のカツ、春雨入り酢のもの
苗場保育園

●作りおきおかず(4)
殺菌作用がある食材で梅雨時期おすすめの3品
料理家 スガ

●Dr.古藤のわくわく家庭菜園術(3) 
10年間収穫できるアスパラガス栽培に挑戦
JA糸島・園芸センター「アグリ」店長 古藤俊二

●食のかけ橋 日本の産地から81
手探りで無肥料・無農薬に挑戦
群馬 タンポポ農園 

●暮らしのなかの有害物質(4)
加熱式たばこは「安全」?
煙は見えなくても受動喫煙リスクあり
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事 水野玲子

●新連載 いいとこ見つけたおいしい旅
高知県馬路村 ユズの村の絶品「田舎寿司」と
歴史感じる森林鉄道
ノンフィクションライター 眞鍋じゅんこ/写真家 鴇田康則

●子どもの食と給食(10)
生きる力を育む学校給食
学校栄養職員や栄養教諭の1校1名配置を
小学校栄養教諭 猪瀬里美

●読者の質問
長く楽しめるラッキョウの漬け方
料理研究家 清水信子

●最近の話題から
狙われる種苗法改悪
農家が「自家採種」できなくなる!?
食品問題研究家 小倉正行

●消費者が知らない食品添加物の話③
食品添加物の安全性試験は厳格な基準、
忖度・癒着ない審査だが…
食品評論家 小薮浩二郎 

●海外レポート 森と湖の国フィンランド②
公の保育と無償教育でのびのび育つ子どもたち
フリーライター 靴家さちこ

プロダクトNo 1281691445
出版社 食べもの通信社
発売日 毎月25日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。