月刊文化通信ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊文化通信ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊文化通信ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊文化通信ジャーナルの詳細です。


月刊文化通信ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 月刊文化通信ジャーナル
本・雑誌内容 創刊から51年。時の人が登場する「トップインタビュー」、話題の事象をいち早くお伝えする「話題の焦点」、気になる動きを解説する「映像最前線」、最新ニュースを網羅した「NEWS FLASH」。さらに映画の興行成績をまとめた資料ページなど、業界の話題が満載。
本・雑誌内容詳細 【特集】
大きく変貌する街 東宝の「日比谷」戦略
山下誠 取締役不動産経営担当/瀬田一彦 取締役(TOHOシネマズ社長)

【インタビュー】
『海を駆ける』深田晃司監督
国際共同製作を続けるわけ
“日本の価値観に外国の価値観をぶつけるのは楽しい”

【インタビュー】
高綱康裕 プレミアム・プラットフォーム・ジャパン 代表取締役社長
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」4月開局
毎日訪れたくなるプラットフォームを目指す

【気になる動向】
映画とVRの可能性

【特集】
日本で4年目の開催、過去最多6万8千人来場
KCON総括企画担当者、今後の展望など語る

【インタビュー】
花田康隆 プレシディオ 代表取締役
「創立20周年」―映画配給とV−NAVI 両輪に―

■記者座談会
アニメが上位3本、昨年と全く同じ結果に
2018年春興行、トップは「ドラえもん」

■ひと/原田健秀(岩波ホール勤務/絵本作家/ピロスマニ・グルジア研究家)
今年10月には「ジョージア(グルジア)映画祭」開催

■アルバムは語る/
船堀映画祭 熟成の季節へ
元東京楽天地 桑原充人

■岡田光由のハリウッド フォーカス
映画業界の将来を考えさせる
ネットフリックスとカンヌの冷戦

■関根忠郎の映画業界一意専心
「仁義なき戦い」を起点として、
映画「孤狼の血」が打ち出すもの。

■室井實のTV WATCH
ゴールデンに鎮座する
『この差って何ですか?』(TBS)

■渡邉裕二の芸能事件簿 見聞録
第38弾 普通のオバさんに 都はるみ引退宣言

■NEWSダイジェスト《映 画》《放 送》《ビデオ》《音 楽》

資料の頁
●配給会社別 公開作品
●2018年配給会社月別興収
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●2018年2月レコード生産実績
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2018年2月度ビデオソフト売上速報

■文化ライタース

プロダクトNo 1281692914
出版社 文化通信社
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。