旅と鉄道 増刊 定期購読・最新号・バックナンバー

旅と鉄道 増刊 定期購読・最新号・バックナンバー

旅と鉄道 増刊の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

旅と鉄道 増刊の詳細です。


旅と鉄道 増刊の公式サイトへ
本・雑誌 旅と鉄道 増刊
本・雑誌内容 ワンテーマを深く掘り下げる「旅と鉄道」増刊号シリーズ(不定期刊行)は、本誌とは一味違う切り口で鉄道の魅力をお伝えします。新幹線を乗りつくす「新幹線は愉快だ」、映画「男はつらいよ」に登場する全路線全形式を紹介する「寅さんと鉄道旅」、時刻表を徹底的に楽しむ「時刻表探検」、首都圏の鉄道新路線や新施設を散策する「東京鉄道新劇場」など多彩なラインナップが揃っております(以下続刊)。もちろん、本誌鉄道旅行の魅力と楽しみ方をご紹介するとともに、食、歴史、自然などなど旅の醍醐味を伝える記事も多数収録! 読者のみなさんの知的好奇心と冒険心をくすぐる充実の内容です。
本・雑誌内容詳細
【2018年3月17日、45年の歴史に幕が下りた、懐かしのエル特急全79列車を172点の写真で振り返る】

1972(昭和47)年10月2日のダイヤ改正で、「さざなみ」「わかしお」「ひたち」「ひばり」「とき」「あさま」「つばめ」「はと」「しおじ」の9列車が指定されたことから、その歴史がはじまった“エル特急”。ダイヤをパターン化した毎時同分発着、より利用しやすい自由席の設置、本数の多さをキーワードに、多くの特急が指定され、旅にビジネスにと隆盛を誇りました。特にトレインマークが絵で表現されたことで、1970年代には“エル特急”ブームを巻き起こしました。しかし2000年代になるとJR各社から名称の廃止が始まり、ついに2018(平成30)年3月17日のダイヤ改正でJR東海が名称を廃止したことにより、ついに“エル特急”の名称が消滅しました。そこで、国鉄からJRまで約45年間の歴史に感謝の思いを込めて、エル特急全列車図鑑を中心に、『旅と鉄道』ではそのすべてを振り返る、完全保存版となる1冊を緊急発刊します。

★★★特別付録★★★
エル特急シールつき~懐かしい32列車のトレインマークがシールに~

●ついにエル(L)のヒミツが明かされた!!
エル特急の名づけ親、JR東海相談役須田寛さんの特別手記を掲載
●トレインマークも分かる歴代のエル特急全79列車掲載「エル特急大図鑑」
●時刻表の特急運行地図で振り返る「エル特急の栄枯盛衰 1982年・1997年・2002年」
●エル特急を走った「車両カタログ 国鉄編&JR編」

【掲載エル特急】
◆札幌発着
ライラック・いしかり・ホワイトアロー・スーパーホワイトアロー・すずらん
スーパーカムイ

◆上野発着&東北
ひたち・スーパーひたち・さわやかひたち・ホームタウンひたち・ひばり・はつかり・やまびこ・つばさ・やまばと・たざわ・秋田リレー・こまくさ・新特急なすの・とき・あさま・白山・いなほ・白根・新特急草津・新特急谷川・新特急水上・新特急あかぎ・新特急ウィークエンドあかぎ・新特急ホームタウン高崎

◆東京・新宿発着
あずさ・スーパーあずさ・かいじ・踊り子・わかしお・ビューわかしお・ホームタウンわかしお・おはようわかしお・さざなみ・ビューさざなみ・ホームタウンさざなみ・おはようさざなみ・しおさい・あやめ

◆名古屋・大阪・岡山発着&北陸
雷鳥・しなの・(ワイドビュー)しなの・しらさぎ・ひだ・(ワイドビュー)ひだ・くろしお・北近畿・やくも・加越・しおじ・つばめ・はと

◆四国
しおかぜ・南風・いしづち・宇和海・しまんと・うずしお・あしずり

◆九州
にちりん・ソニック・ハイパーにちりん・にちりんシーガイア・ソニックにちりん・有明・スーパー有明・ハイパー有明・つばめ・リレーつばめ・かもめ・ハイパーかもめ・みどり・ハウステンボス・きりしま

プロダクトNo 1281693826
出版社 天夢人
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。