子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供を「育てる」教師のチカラの詳細です。


子供を「育てる」教師のチカラの公式サイトへ
本・雑誌 子供を「育てる」教師のチカラ
本・雑誌内容 子どもを「育てる」ことのできるホンモノの教師を目指す、教師のための雑誌です。陰山英男、増田修治、赤坂真二、鈴木健二、杉渕鐵良ら豪華執筆陣。毎号付録としてCDが付きます。CDには、参考となる授業映像や、授業づくりやクラスづくりに役立つ資料などが満載です!
本・雑誌内容詳細 巻頭グラビア
古宮 昇  大阪経済大学人間科学部教授・心理学博士・臨床心理士
     傾聴によってありのままの子どもを受け入れる

【特集】 授業なくして学級づくりなし

巻頭言 「学級づくり」と授業   土作 彰〈差別構造〉を破壊し、
〈対等・平等〉な学びの場を 深澤 久

1 授業で子どもがやる気になる言葉かけ
「ほら、わかってるじゃないか?」  神藤 晃
1年間を通して意識する言葉かけ 桔梗友行
商品を買いたくなる言葉かけをしよう 松尾英明

2 授業で学級風土をつくる
授業は「人としての生き方」を育てる場 赤坂真二
「学習ビーイング」で学び方ルールを 伊垣尚人
授業のなかで子と子をつなぐ 猪飼博子

3 授業のこの場面で「育てる」
1.発言 書いているのに発言しようとしない 自他を大切に思う心が土台となる  宇野弘恵
しっかり声を出して読まない 「観る」からはじまる限界突破  鈴木優太
特定の子の発言に茶々を入れる、嘲笑している 行為の意味を考えさせる  岩切博文
まわりを見ながら手を挙げる どんな考えも受け止める  鈴木健二
不規則発言をする 規律を徹底し、温かく見守り育てる  中嶋郁雄
2.書く 字を雑に書く 丁寧を武器に――丁寧な字と雑な字を区別する 加藤百合絵
考えを書かない 「考えを書ける」ための2つのステップ 広山隆行
3.準備 学習の準備をしない 学習に向かう形と心を見守り、育てる 吉川芳則
起立が遅い 起立が遅い子からのメッセージ  関﨑純也
プリントの向きをそろえていない たかがプリント、されどプリント  垣内幸太

4 初期3カ月の授業で何をめざすか
初期3カ月間の話し合い活動 瀧澤 真
音読は全教科で 河邉昌之
聞く力を高める 牧園浩亘

5「 集団」のなかで「個」をどう育てるか
「集団」のなかでしか「個」は育てられない 西川 純
集団のなかで個を育てる 丹野清彦
ボトムアップ型集団が「個」を育てる 倉爪浩二

6 授業で「聞く」力を高める
教師が話を聞かない子を育てている 楠木 宏
「聞くこと」は心の問題である 多賀一郎

◆ 成功体験で自信をもたせる学習「訓練」
◆成功体験が、子どもを変える! 杉渕鐵良

連載
 見方・考え方を育てるノート指導1  絵を使ってわかりやすくまとめる 増田修治
 学年・学校を動かせ!1
  学び合う仲間をつくる 鈴木健二
 特別の教科 道徳への提言
  主張ある道徳授業を創る! その4 「いじめ自殺」を防ぐ授業の提案 土居正博
 若い先生方に伝えたい授業づくりの基礎・基本
  教材研究のススメ1 石井 英真

サークル全力投球 ――サークルで学び・鍛え合う
 幼、小、中の教員が学び合う会 教育サークル「未来の扉」 長瀬拓也
 教師も子どもも幸せになる  授業力&学級づくり研究会(授学研) 
 多くの笑顔に出会うために 静岡教育サークル「シリウス」 森竹高裕
 授業の可能性を共に学び合う 学校と道徳教育(Schools And Moral Education)研究会  湯浅るみ

執筆者紹介
編集後記 編集委員=神藤晃+杉渕鐵良+鈴木健二+土作彰+深澤久+増田修治
プロダクトNo 1281694094
出版社 日本標準
発売日 1,4,7,10月の1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。