設備と管理 定期購読・最新号・バックナンバー

設備と管理 定期購読・最新号・バックナンバー

設備と管理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

設備と管理の詳細です。


設備と管理の公式サイトへ
本・雑誌 設備と管理
本・雑誌内容 ビルや商業施設をはじめとする各種施設の管理に携わる方々のための専門誌です。常設の実務記事は、設備の基礎知識から運転管理、リニューアルまで多彩な内容です。高層化、複合化、IT化が進む建物設備にも対応します。空調、給排水、電気、通信、防災、消防、昇降機、照明、環境衛生、清掃等の最新動向と管理実務を網羅します。省エネルギー情報も提供します。
本・雑誌内容詳細 ■特設

施設管理業務へのドローン導入ガイド

施設管理業務においてドローンを利用するためには多岐にわたる課題をクリアしなければならない.「どんな手続きが必要か?」「操縦技術をどうやって学ぶか?「社内体制をどのように整えるか」.最低限押さえておきたい情報をまとめた.

■付録

ビル管理技術者のための電気回路の基礎知識
大浜 庄司

電流,電圧,電気抵抗,オームの法則など電気回路について学ぶための基礎知識を完全図解で解説する.ビル管理技術者が知っておきたい電気回路のことがよくわかる.

■解説記事

日本のダクト工事ヒストリア[番外編]
第4回 バブル崩壊はスパイラルダクトにもコストダウンを求めた
安藤 紀雄(N.A.コンサルタント),瀬谷 昌男(MSアートオフィス)

2017年5月号から11月号まで掲載した創刊50周年記念連載の番外編.今回は日本におけるスパイラルダクトの歴史について,バブル崩壊がスパイラルダクトの価格安にも影響を与えた経緯を解説する.

■連載

現場の電動機 基礎技術と適用事例 第3回 三相誘導電動機の諸特性と特性算定
丸岡 巧美(丸岡技術士事務所)

さまざまな分野・現場で多用されている三相誘導電動機.その原理・種類・構造・性能評価,始動・運転制御法,トップランナーモータ―適用上の注意点などの基礎技術を解説するシリーズ記事.第3回は三相誘導電動機の諸特性とその算定方法について取り上げる.

■ライセンス

平成30年度 建築物環境衛生管理技術者試験受験案内

建築物における衛生的環境の確保に関する法律に基づく「建築物環境衛生管理技術者試験」も今年で48回目.10月7日(日)に実施される試験を受験するための手続きで注意点をまとめた.

■ニュースラインナップ

・2017年度空気調和・衛生工学会賞が決定
・省エネ法改正へ―企業間の連携を評価―
・消防法施行規則等の一部を改正へ
・ZEBロードマップ委員会とりまとめ(案)を公表
・非常用の照明装置設置基準を見直し
・中小企業の底力を支援 生産性向上特別措置法案,今国会成立へ

■フォトギャラリー

イケア長久手

■道草の拾い読み

東京・千代田区 TOKYO MIDTOWN HIBIYA

■連載

・事例に学ぶ設備お悩み相談室/44. CGS排熱利用量低下の解決事例
・設備英語の英絵おもしろ百科/設備工事の工業化工法
・のぞき窓を閉めないで/私も何かを残したい.それが駄作で愚作でも…!
・現場技術者のための電気設備早わかり 完全図解/電気設備編/第1章 電力供給設備/4. 開放式高圧受電設備
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/8.Tグリーンハイツ耐震補強・大規模修繕工事(実践編)
・Excelを使いこなすためのワンポイント/174. Excelの小技(139)―「区切り位置」を使ってデータを分割する―
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/81. ハマボールイアス(ハリマビステム)
プロダクトNo 1497
出版社 オーム社
発売日 毎月11日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。