配管技術 定期購読・最新号・バックナンバー

配管技術 定期購読・最新号・バックナンバー

配管技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

配管技術の詳細です。


配管技術の公式サイトへ
本・雑誌 配管技術
本・雑誌内容 本誌は装置工学の黎明期、昭和34年に創刊、以来、石油、石油化学、原子力化学工業など装置工業のエンジニアリングに関する斯界を代表する専門技術雑誌として定評をいただいております。 配管を機器と機器、装置と装置を単につなぐと云うことでなく、それを構成するすべての機器、材料、システム等についてその技術的背景、コスト、法規、設計、施工、検査、安全、メンテナンスと多角的な検討を行い、プラント全体としてとらえる、プラントエンジニアリング誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
〔展望・解説〕
○米国エネルギー情報局(EIA)「2018年版米国エネルギー展望(AEO2018)」報告/LNG経済研究会/大先一正
米国はシェール革命の進展により 2020年代初頭にエネルギー純輸入国から純輸出国になる。このため、世界のエネルギー需給や価格動向に対する影響力を強めており、米国のエネルギー動向に注目することが重要となっている。

○バイオガスの普及動向と見通し/(元)東京ガス㈱/奥田 誠
C O 2排出削減に寄与する技術の一つであるバイオガス及びバイオメタンの利用システムについて、その導入状況及び可能性、並びに導入促進政策に係る課題などを、特に普及が進んでいる欧州の事例を中心に紹介する。

〔設計〕
○高レイノルズ数実流試験設備による管摩擦係数の高精度計測/(国研)産業技術総合研究所/古市紀之
配管における管摩擦係数について、 10 7を超える高レイノルズ数において高精度計測を行い、新しい算出式を提案した。高レイノルズ数実流試験設備とその実験内容を紹介する。

○エンジニアリングツールとしてのビジュアルプログラミング(下)/E&Sコンサルタント 安藤/安藤文雄
エンジニアが設計コンセプトを容易に数値化できるビジュアルプログラミング( VP)の必要性が増している。最近では、優れた開発環境が提供されている。 Autodesk社 DynamoStudioを例に最近のビジュアルプログラミングについて紹介する。

〔施工〕
○配管継手の内圧・曲げ・ねじり負荷下のすべり挙動解析とゆるみ評価/静岡理工科大学/服部敏雄/イハラサイエンス㈱/深谷信二
本稿は配管継ぎ手の中でも産業界で広く用いられているくい込み型鋼管継手( Bite Type Tube Fittings)を対象に、繰返し内圧・曲げ・ねじり負荷下での締結部位の力学的挙動解析、すべり解析に基づいての、簡易ゆるみ限界基準の評価法及び、各種負荷の繰返し試験による妥当性の確認の現状を紹介する。

○CO2回収貯留プロセスへの適用を目指した高分子複合材料の開発/東京農工大学/兼橋真二
本稿では、地球温暖化の原因とされる代表的な温室効果ガスである二酸化炭素の削減に向けた、高分子材料による分離技術の概要について解説し、実際に開発した複合材料の分離性能と実用化への展望について紹介する。

○主蒸気バイパス配管追設による発電設備の運用改善/三菱日立パワーシステムズインダストリー㈱/長内仁志
バイパス配管の敷設により主蒸気配管を共通化させ、蒸気単価の安価なボイラから発電効率に優れるタービン・発電機への蒸気供給を可能とする工事を完遂した。本稿にて主な取り組みとその成果を紹介する。

〔運転・保守〕
○石油化学プラントのアベイラビリティ向上の検討1/鈴木技術士事務所/鈴木茂雄
プラント設備における湿潤環境下での損傷の起こり易さのスクリーニング、損傷の前駆的な駆動力としての微小欠陥を検出し評価する方法、設定した信頼性時間内における損傷の進展を未然に防止することの知見を述べる。

■連載
○品質マネジメントシステム改正の要旨とその対応 第7回
品質マニュアル・例(8~10項)/鏡  孝
本稿「第7回」を以て最終回となるが、 ISO 9001: 2015 Editionの第8項から第 10項をカバーした品質マニュアル(例)を示す。ISO 9001: 2015 Editionの第8項から第 10項は、品質マネジメントシステムを運用し、その成果を評価し、その成果を続く次の品質マネジメントシステムの運用又は改善を実施するシステムを規定している。即ち、 P.D.C.Aを実践する基本となる部分を規定している。

■製品技術情報
○大容量3Dデータの有効活用支援/㈱コアテクノロジーアジア/セドリック・オジーヴ
協調設計における大容量 3Dデータの処理・やりとりの課題に対し、当社が開発している大容量データ向けの変換、機密保護化、軽量化、 DMU検証を迅速かつ自動的に行うソリューションを紹介する。

■特集:エンジニアリングの情報化ツール2018 4
○Autodesk Architecture, Engineering & Construction Collection/オートデスク㈱
○EYEPIPE/日本インターグラフ㈱
○CADWorx Plant Professional/日本インターグラフ㈱
○3D-BricsPIPE/(有)カノンインベンション
○Autodesk Product Design & Manufacturing Collection/オートデスク㈱
○NX/㈱電通国際情報サービス
○Tekla Structures鉄骨詳細設計/㈱トリンブル・ソリューションズ
○Tekla Structures RC詳細設計/㈱トリンブル・ソリューションズ
○AVEVA Bocad/アヴィバ㈱
○ProStructures CONNECT Edition(ProSteel)/㈱ベントレー・システムズ
○配管文具ソフトV4/(有)カノンインベンション
○OpenPlant Modeler V8i/㈱ベントレー・システムズ
○OpenPlant Isometrics Manager V8i/㈱ベントレー・システムズ
○EYESUPT/日本インターグラフ㈱


プロダクトNo 2032
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。