機械と工具 定期購読・最新号・バックナンバー

機械と工具 定期購読・最新号・バックナンバー

機械と工具の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

機械と工具の詳細です。


機械と工具の公式サイトへ
本・雑誌 機械と工具
本・雑誌内容 本誌は、生産加工を支えるベーシックな技術、また話題の最新情報から技術者の疑問解消やスキルアップに繋がる基礎から学べる講座、海外情報、業界ニュースなど多岐にわたり、第一線で活躍する技術者、研究者、生産加工に直接・間接的に関わっておられる方々にとって有益な情報を発信してまいります。
本・雑誌内容詳細 ■特集:複合加工機への期待と対応技術
○複合加工機が進める高度加工
-最新複合加工機NTXシリーズにおける自動化、および最新加工技術-/DMG森精機/栗谷龍彦・酒井茂次
旋盤とMCの両機能を有する複合加工機では、ホブ加工、研削加工をも複合加工機上で行うことが実用化されている。ここでは、最新の複合加工機の機能を紹介するとともに、応用事例も紹介する。

○ベベルギヤも素材からワンチャックで加工
-付加価値の高いものづくりを支えるインデックス社の複合加工機-/YKT/ルシュ 麻緒
ドイツ・インデックス社の複合加工機Gシリーズの構造・機能・特徴を紹介するとともに、ベベルギヤを素材から全加工する技術を紹介する。

○複合加工機を活かすCAMとその展望/DPテクノロジー・ジャパン/小島久志
複合加工機では、軸構成と機械動作がそれぞれの工作機械特有のため、CAMには対応の強化が求められている。ここでは、同社の複合加工機への取り組み、また複合加工機に有効なCAMの利用方法、さらに将来的な展望を紹介する。

■特集:加工の現場で、いかにIoTを活用するか
○ものづくり現場におけるIoT活用環境の構築ステップとその活用の現状/MAMTEC/清水伸二
中小企業においては期待されているほどにはIoTの導入が進んでいない。ここでは、IoT導入で期待される効果を整理し、環境の整備・構築を考えるとともに、EMO、INTS、JIMTOFにおける出展状況から現状を探る。
○工作機械のAI/IoT活用の実際/マクニカ/金田泰行・楠 貴弘、町田悦一・梶井 学
製造現場でのIoTの活用が求められているが、まだまだ課題が多い。ここでは、キーワードであるセンシング、分析、コネクティビティについて解説する。

○第4次産業革命時代に求められるものづくり
-デジタル・マニュファクチャリング・システムがものづくりを加速する-/プロトラブズ/編集:高場麻理・監修:横田哲哉
樹脂および金属のカスタムパーツを試作から小ロットまで、短納期で提供するシステムについて、その背景、仕組みを紹介する。

■技術解説
○高剛性加工を実現する可変予圧主軸の開発/OKK/柴原豪紀
難削材の加工に対応するため、工作機械の主軸に高い剛性が求められている。そのニーズに対応して開発した可変予圧主軸を紹介する。

■連載
○【中華計測器の実力拝見】-上-/元・機械振興協会理事/上野 滋
手に入る多数の中国製ダイヤルゲージの精度チェックし、比較した。コストパフォーマンスは悪くはないことが分かった。

○【切削油剤の基礎知識】その2 切削油剤の最新動向/ユシロ化学工業/滝口聖人
連載2回目は、航空機部品のチタン合金、CFRP用切削加工油剤を紹介する。創造技法の活用による『問題解決』<11>飯田教育総合研究所 飯田清人 65今回は、「気功法」とそれに関係した呼吸法を解説する。

○創造技法の活用による『問題解決』<11>/飯田教育総合研究所/飯田清人

○【海外技術動向】「難しい材料の加工に急速冷凍を援用」/Manufacturing Engineering、Contributing Editor/Ed Sinkora/翻訳協力:上智大学SLO
難削材加工における仕上げ面向上、切りくず処理などの問題解決のため、さまざまな低温冷却が注目されている。

○【加工の現場から】株式会社 昭和精機/技術支援業/滝沢 満

○【ITツールインタビュー】切削工具の一括管理ソリューションを提供
ZOLLER Japan㈱ 渡邉水機氏にきく/ききて/寺崎武彦
プロダクトNo 477
出版社 日本工業出版
発売日 毎月2日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。