企業実務 定期購読・最新号・バックナンバー

企業実務 定期購読・最新号・バックナンバー

企業実務の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

企業実務の詳細です。


企業実務の公式サイトへ
本・雑誌 企業実務
本・雑誌内容 仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けする月刊『企業実務』。経理・税務・庶務・労務の事務一切を一冊に凝縮。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く『企業実務』は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。書店では手に入らない『企業実務』をぜひ定期購読してみませんか。
本・雑誌内容詳細 企業実務2018年6月号≪目次≫

【特別記事】
どうする?「同一賃金」「同一労働」への対応
●同一労働同一賃金ではどこまで平等を求められるのか
●これから必要となる労働条件の整備・調整
●同一労働同一賃金の実現に伴う「不利益変更」の留意点

【経理・税務】
□月次決算の精度を高める勘どころ
□経理をラクにするファイリング術あれこれ
□元地方銀行マンは見た!<3> 銀行は担保を欲しがらない
□正しく利益を出すための「原価計算」入門<終>
  直接原価計算で意思決定を支援
□なるほど納得勘定科目<15>
  少額の経費を支払うための現金を管理するときは
□“経理のプロ”になるための「法人税」マスター講座<15>
  資本的支出と修繕費

【人事・労務】
□「離職票」を作成するときの留意点
□はじめて取り組む労働保険の「年度更新」
□新入社員に理解させたい算定基礎届のしくみ
□人事担当者自身が進める“楽しい”働き方改革<3>
 基礎スキルと練度アップを通じた生産性向上
□労務トラブルを防ぐ「書式」の作成と活用法<17>
 本採用拒否通知書

【総務・法務】
□事務ミスをなくす「仕組み」とは
□リカレント教育が注目される背景と実現への課題
□人材難時代に活用したい「アルムナイ制度」とは
□ミスなく、モレなく処理するために 2018年7月~9月の業務チェックリスト
□骨格診断で選ぶオフィススタイル
  PART2 本当に似合うシャツとは?
□企業価値を高める中小企業のWEBサイト運用<3>
  WEBサイトの適正費用
□フセン、手帳に描いてほっこり 簡単ボールペンイラスト講座
 Lesson6 手帳に描く超シンプルミニミニイラスト
□いまどきオフィス探訪 内にも外にも交流をもたらすオフィス
□1からわかる知的財産<13> 不正競争防止法のあらまし

●実務よろず相談室
 ・社内に夜食を提供するときの賢い方法は?
 ・休憩時間にランニングを推奨していたら社員が事故に巻き込まれた
●6月の事務ごよみ
2018年度個人住民税の特別徴収の開始、夏季賞与額の決定と支給、労働保険の年度更新手続き、定時株主総会の登記事項のチェック、中元・暑中見舞状の手配 ほか
●新法令・通達解説■事前調査・分析のためのアスベストの取扱いの見直し ほか 
●これからの法改正の動き■財務諸表の監査基準を改訂へ ほか
●その他
世の中を読むデータ
職場の人間関係を向上させる気の利いたひと言
ダイバーシティ・ワンポイント
花のある空間 
小倉広の奥が深いぞ!自立的人材育成
仕事の終わりは純喫茶へ・終
愛読者プレゼント
インフォメーション
『企業実務』総索引2017年6月号~2018年5月号
セミナー告知

-----------------------------------------------------------------------------------
☆ 別冊付録(B5版・16頁)保存・持ち運びに便利!
≪実務情報Series≫
 平成30年度 税制改正早わかりハンドブック
プロダクトNo 485
出版社 日本実業出版社
発売日 毎月25日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。