サッカークリニック 定期購読・最新号・バックナンバー

サッカークリニック 定期購読・最新号・バックナンバー

サッカークリニックの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

サッカークリニックの詳細です。


サッカークリニックの公式サイトへ
本・雑誌 サッカークリニック
本・雑誌内容 「サッカーがうまくなりたい、チームを強くしたい」をテーマとする選手とコーチのための本格的サッカー技術専門誌。個人技術・個人戦術の向上と、チーム強化に役立つ情報を中心に編集されている。ワールドカップをはじめ、多くの人が実際に観た試合をモデルにした技術・戦術セミナー、選手密着レポート、サッカーの町訪問、選手のための栄養と食事、海外最新情報なども掲載。
本・雑誌内容詳細 SPECIAL FEATURES 【特集】
特集 How to master "third man running" in football.
「『3人目の動き』の指導方法を考える」

特集(1):山田耕介・監督(前橋育英高校/群馬県)「アクションの連続を前提に指導」
×黒田剛・監督(青森山田高校/青森県)「3人の関係だけでは成立しない」

特集(2):高橋健二・監督(矢板中央高校/栃木県)
「『3人目の動き』がスムーズにできるのは『サッカーIQ』が高い証拠でもある」

特集(3):大槻邦雄・監督(三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア/東京都)
「サッカーは他者と関わってプレー。『3人目の動き』はその象徴である」

特集(4):岩﨑勇二・代表(FC古河/茨城県)
「素早くて有効な『3人目の動き』には、高い位置でのボール奪取が欠かせない」

特集(5):ゴンサロ・リウトルト・アルミージャス監督(CEエウロパ・フベニールA/スペイン)
「ロングパスを蹴れない時期に『3人目の動き』の重要性を理解」

特集(6):仲元洋平・監督(広島皆実高校/広島県)
「『3人目の動き』という言葉は使わない。『サポートの連続』を代替用語としいぇ指導」

特集(7):永濱和紀・代表(兵庫FC/兵庫県)
「『実戦的な4対2』を通じて試合で使える『3人目の動き』を習得」

特集(8):ジャンクロード・ラファルグ/ディレクター(INF/フランス)
「プレーに関わり続けることを促し、『3人目の動き』を引き出していく」

COVER INTERVIEW 【巻頭インタビュー】
COACH'S HISTORY 指導者たちの履歴書 第2回
レヴィー・クルピ(ガンバ大阪・監督)
「特長を十分に観察し、そこで得た感覚を重視。『いい選手』なら、若手もベテランも関係ない」

REPORT【リポート】
フラッシュ・ニュース「西野朗・日本代表新監督が誕生」
現地記者によるリポート「イングランド復権の理由を探る」
誌上再現『サッカーサービス ウインターキャンプ2017-2018』vol.3
ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN
高校サッカー研究2018 第2回 日本文理高校(新潟県)
コパ・プーマ・トレーロス2018

JUNIOR SOCCER CLINIC【ジュニアサッカークリニック】
「スペイン流の考えるトレーニングⅧ」ランデル・エルナンデス・シマル(アスレチック・ビルバオ)
「ジュニア年代クラブ訪問」カティオーラFC(大分県)

COLUMN【コラム】
勝つための栄養セミナー
母国イングランド直送コラム「フットボール・ツイッター」

SERIAL【連載】
読者プレゼント
Jリーグ・スケジュール
スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ(6)坪井健太郎・フベニールA第2監督
トレーニング・レビュー
インフォメーション
バックナンバー&次号予告
プロダクトNo 5776
出版社 ベースボール・マガジン社
発売日 毎月6日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。