週刊東洋経済 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊東洋経済 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊東洋経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊東洋経済の詳細です。


週刊東洋経済の公式サイトへ
本・雑誌 週刊東洋経済
本・雑誌内容 1895(明治28)に創刊されてから日本経済の見えない部分を徹底的に報道し続けてきた週刊東洋経済。溢れる情報を鋭く分析し、重要なニュースを読者に届けます。日本経済を動かしているのは何なのか?敏腕ライターが為替情報からエンターテイメントまで市場を読み解く。不安定な日本のビジネスシーンの最先端で働く方にお勧めします。週刊東洋経済で周りよりも一歩先を行くための視点を手に入れてください!学生~社会人まで、今の社会がよくわかる!!
本・雑誌内容詳細 目次
【第1特集】
 病院の言いなりは禁物! 医療費のムダ

 1 これだけある医療費の聖域
 「風邪に抗生物質」は氷山の一角 科学的証拠ないムダな医療
 誰がどのくらい負担するのか 日本の医療費の仕組みQ&A
 (聖域1)過剰医療の温床 命と健康を脅かす過剰検査・検診の闇
 東芝からCT買収したキヤノンの成算
 がん検診と大手メディアの蜜月
 (聖域2)6500億円分が節減可能 飲まずに家に眠るクスリ
 空騒ぎ「高血圧の基準値」に決定打
 (聖域3)医療費年1.6兆円に膨張 人工透析一辺倒のウラ側
 「腎臓再生」で透析いらずに
 (聖域4)整骨院の膨張を生んだ不正請求の常態化
 「はり・きゅう・マッサージ」急拡大の裏
 「近藤誠理論」の功罪
 (聖域5)さらば、尊厳なき終末期医療「寝たきり大国」の異常
 (聖域6)定員激増とAIの台頭で「医師余り」がやってくる!

 2 病院・医者と賢くつき合う
  医療費で損をしない節約術10の鉄則
  医療費の中身がわかる領収証の読み解き方
  信頼できる医者・薬剤師はこの質問でわかる
  民間医療保険はやはりいらない
  INTERVIEW│小泉俊三●チュージングワイズリージャパン代表、医師


産業リポート
 市場縮小が止まらない 生き残りへもがく製紙業界


深層リポート
 会計新基準 「売上高」が変わる


ニュース深掘り
 日立、三菱重工が挑む 原発輸出のジレンマ
 JAL、出遅れたLCCの成否
 スルガ銀、高収益路線の歪み
 ホンダ、絶好調中国で「落とし穴」
 日の丸スマホメーカーの明暗


連載
|経済を見る眼|財務省不信がもたらすもの/佐藤主光
|Hot Issue|音楽の振興に逆行 教室からの使用料徴収/安藤和宏
|起業家の子ども時代 出る杭を育てる|集中連載 第6回 マネーフォワード 社長 辻 庸介 大経営者の祖父から受けた薫陶
|トップに直撃|藤岡高広●愛知製鋼社長
|マネー潮流|金利差と為替の相関が復活/佐々木 融
|少数異見|安倍首相3選のカギ握るのは北朝鮮
|US Affairs|米朝会談への期待と不安 米は日本より肯定的/渡部恒雄
|中国動態|政府が個人情報を監視?/梶谷 懐
|グローバルアイ|NPT崩壊が最大の脅威だ/ラメッシュ・タクール ほか
|フォーカス政治|米朝首脳会談の裏に安倍首相の進言あり/歳川隆雄
|知の技法 出世の作法|米国大統領によるイラン政策の変更/佐藤 優
|歴史の論理|中国の外交的焦りと朝鮮半島の帰趨/岡本隆司
|非常時の組織論|単なる努力と本当の努力はどこが違うか/伊藤祐靖
|人が集まる街 逃げる街|清澄白河|交通利便性と下町情緒が融合/牧野知弘
|サラリーマン弾丸紀行|355ドル払いアップグレードに成功/橋賀秀紀
|ブックス&トレンズ|『AI時代の新・ベーシックインカム論』を書いた井上智洋氏に聞く
|平成経済の証言|プラットフォーマーになれず苦杯なめる/出井伸之
|Readers&Editors|読者の手紙、編集部から
プロダクトNo 5828
出版社 東洋経済新報社
発売日 毎週月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。