国際商業 定期購読・最新号・バックナンバー

国際商業 定期購読・最新号・バックナンバー

国際商業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国際商業の詳細です。


国際商業の公式サイトへ
本・雑誌 国際商業
本・雑誌内容 消費の個性化、多様化、高度化が急速に進み、化粧品、トイレタリーなどの産業に対して消費者は様々なニーズの具体的な働きかけを求めている環境の中、国民生活に直結する製品を供給する化粧品、トイレタリー等当該産業は生活文化創造の担い手としての役割と責任が大きくクローズアップされてきております。「国際商業」は化粧品・トイレタリー業界内部の問題にこだわることなく、広く経営問題やマーケティング、業界の流通問題に視野を向けた編集内容で最新の情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 [第1特集]
インバウンド&アウトバウンド「化粧品売上げがフル回転」
●インバウンド
人気商品を知悉した日本人以上の買い物行動が出現
●アウトバウンド(中国市場)
現地調査でわかった日本化粧品「爆買い」の導火線

企業レポート
資生堂「魚谷改革」はここまで進んだ
インタビュー
魚谷雅彦資生堂社長
違いを愛することが豊かな発想を生み出す

[第2特集]
化粧品・日用品市場54カテゴリーのシェア攻防戦
人口減少時代に際立つブランド活性化策の優劣
●女性用シャンプー・コンディショナー、ボディソープ
日常性が強く価値訴求が単価に反映されず苦慮
●セルフフェイスマスク
BCL急伸が示した市場拡大の余地
●男性ボディケア
トップ3社が新剤型の追加投入で三つ巴の展開
●オーラルケア
堅調なライオンの後を追いサンスターの反転攻勢が見どころ
●子供用紙おむつ、大人用おむつ、軽度失禁、生理用ナプキン
プレミアム品の一巡で新たな単価アップ施策が必須
●通販化粧品
デジタル活用と特徴的な商品が市場活性化のカギ

企業情報
●資生堂
新機軸の総合サプリメントブランド「N.O.U」を発売
●ネオファンケル戦略第1弾「AND MIRAI」が華麗にデビュー
●“ONE SHISEIDO”を象徴した資生堂2018年度入社式
全新入社員一人ひとりが「夢宣言」
●レブロンが第二のフランチャイズ「フォトレディ」の強化に乗り出す
●資生堂「シーブリーズ」
新たな価値提案で「“大人香る”大学生カップル」を応援
●THREE
新しい価値提案に挑む新体制が発足
●ラ・プレリー
“育む”をテーマに現場力の強化図る
●コーセー「第7回グローバルEMBコンテスト」
3年連続苦杯を喫した美容スタッフがグランプリを獲得
●ポーラ 社会価値と企業価値を高める
仕事と治療の両立を支えるがん対策
●キールズ
“ヘルシースキンエッセンシャルズ戦略”を徹底推進
●スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー
“ミツバチを想う”新ブランド「ハニーロア」がデビュー
●伊勢半
コーポレートブランド「KISSME」を強力に発信
●ピカソ美化学研究所
コスメパーク横浜ベイにOTC製品(FDA基準)対応エリアを新設
●バイオエフェクト
新エイジングケアトリートメントが登場

インタビュー
島田和幸(ファンケル社長)
「実行2020」をテーマに安定成長の基盤をつくる

業界動向
●化粧品容器メーカー
納期遅延に見る業界の裏事情
●大手百貨店3社
免税売上げ1000億円に向け視界良好
●流通再編
セブン&アイとイズミの提携がイオンを刺激

中国最新レポート
天猫が主導する化粧品市場の構造改革
謝 憲文(国際評論家)

連載
●先達に学ぶリーダーの条件(佐治敬三)
挑戦と決断で企業経営と日本文化に臨んだ
伊藤寿男(『月刊テーミス』編集主幹)
●ドラッグストア売れ筋ベスト20(18年1〜3月)
洗口液/ボディローション・クリーム/ハンドクリーム
●中国SNSマーケティングの最新事情
若者の心をつかんだ「超短尺動画」の実態
鳥巣知得(OnedotCEO)
●ビューティテック最前線
女性による女性のための課題解決、フェムテック
矢野貴久子(アイスタイルBeauty Tech.jp編集長)
プロダクトNo 870
出版社 国際商業出版
発売日 毎月7日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。