WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWDジャパンの詳細です。


WWDジャパンの公式サイトへ
本・雑誌 WWDジャパン
本・雑誌内容 ニュース面WWDジャパンの強みは、速報性と徹底取材にあります。その日入ってきたスクープはWebですぐに報道。紙面ではそのニュースが起きた理由や業界への影響など裏側まで取材し、独自の調査やデータ分析に基づき、正確な情報をわかりやすくお届けします。さらに、日本だけでなく世界に広がる取材ネットワークを強みに、国内外の”いま知っておくべき”ニュースを独自に解説。日々新しいモノやコトが生まれる現代だからこそ、Webの検索ではたどり着くことのできない「ニュースの先」を追いかけ、お伝えします。※月刊誌「WWDビューティ」毎月第4月曜発行/年間12回お届け
本・雑誌内容詳細 「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、変えるべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮らしの道具店」を運営するクラシコムの青木耕平=代表取締役、そして「アフターデジタル」シリーズ(日経BP社)の著者である藤井保文ビービット東アジア責任者による特別座談会を実施。さらには、TSIホールディングスの上田谷真一社長へのインタビューや店舗のDXとECの進化における最新事例を掲載しています。注目ニュースを深掘りする「フォーカス」では、コロナ禍である変化が生まれているブライダルジュエリーとジェンダーフリーのコスメブランドを取り上げます。

付録「WWDビューティ」10月号は、香水特集とヘアサロン特集をダブル表紙でお届けします。10月1日は香水の日。コロナの影響は香水業界にも及び、おうち時間が増えたことで、日本とアメリカでは香水のニーズで明暗が分かれました。さて、どちらの国が香水のニーズが高まったでしょうか?一方、ヘアサロン特集は美容師が知っておきたいファッションニュースをお伝えします。ファッションのニュースから、何を得ているのか。人気美容師の気になるファッションニュースから探ります。

同じく付録として2020-21年秋冬「アイウエア」特集もついています。パソコンと向き合う時間が増えたことによる目の健康への配慮、オンライン上に映る顔のおしゃれなど、コロナ下の新しい生活様式の中でアイウエアに対する関心は高まっており、ビジネスチャンスは増えています。日本最大級の眼鏡展IOFTが行われる今週は、アイウエア業界にとってビジネスの大きな山場です。各社はどんな戦略でコロナ禍に立ち向かおうとしているのでしょうか。国内外の最新アイウエア・ニュースをお伝えします。

CONTENTS
FEATURE
デジタルコマースの本質を知る
EDITOR’S VIEW
東コレで感じた楽天とアマゾンの違い
FOCUS
コロナ禍でジュエリー熱が燃え上がる? 式や旅行はできない だから婚約指輪
個の好みに寄り添えるブランドに支持が集まる ジェンダーレス訴求は不要か?
SERIES
Beauty Insight:Vol.8 女性美容師が働きやすいサロンづくり
ファッション&アパレル関連株騰落率ランキング:第56回
菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.23 サステナブル・ファッションの間違い(前編)
FASHION PATROL
ゾンビの館が出現!? 「ダブレット」のドッキリハロウィンパーティーに潜入
プロダクトNo 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 毎週月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。