WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWDジャパンの詳細です。


WWDジャパンの公式サイトへ
本・雑誌 WWDジャパン
本・雑誌内容 コレクション情報をはじめ、各シーズン毎のファッション、ビューティ、ジュエリー、ビジネス、芸能などのニュースを総まとめ!“ファッションの今”がわかりやすく詰まっています。普段WWD JAPAN.comをチェックしているけれど情報量に物足りなさを感じている、ファッションやビューティのビジネスをより深く知りたいけれどどうしたら良いか分からない、「WWDジャパン」は市場の動きを踏まえた分析で業界の動向を掘り下げ、皆さんのそうした悩みを解決します。経営者やデザイナーの生の声など紙面でしか読むことのできないコンテンツも盛りたくさん。
本・雑誌内容詳細 「WWDジャパン」3月25日号は2019-20年トレンド総括です。ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの4都市のコレクションを取材して見えてきたトレンドを5つに分けてご紹介します。表紙は、エディ・スリマン(Hedi Slimane)が手掛ける「セリーヌ(CELINE)」です。賛否両論だった前シーズンのデビュー・コレクションとはうって変わってブランドのアーカイブを着想源としたコレクションを披露し、エディの底力を見せつけました。その中でもコレクションの核となったひざ下丈のキュロットは注目のアイテムです。
 1年前に絶頂期を迎えたストリートブームは、前シーズンにはスポーツへと形を変え、その熱は少しずつ落ち着きを見せていました。そして19-20年秋冬となる今シーズン、そのムーブメントは終焉を迎えたといえます。それに代わって今季は新たなトレンドがいくつか浮上しました。その中で最大のトレンドといえるのが“クラシック”です。また、“クラシック”と双璧をなす勢いで台頭してきた“ダーク”なムードにも注目します。
 ニュース面では、伊勢丹新宿本店が進める眼鏡・サングラス売り場の拡充について詳細に報じます。3月16日に全館リモデルオープンしたメンズ館では「フォーナインズ」を1階から8階に移設して“眼鏡選びの本拠地”としたほか、本館1階のイベントスペース、ザ・ステージでも4月10日から新しいコンセプトのポップアップショップをオープンするなど、伊勢丹新宿本店がなぜこのタイミングでアイウエアに力を入れるのかを探ります。
 また、今号では「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターのインタビューをたっぷり2ページで掲載しています。デムナの美意識やデザインプロセスに対する多くの誤解、公式インスタグラムへの考え方、シーズンの問題などについてデムナ自身の言葉で率直に語っています。
 大人気連載「アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ」では、前回に引き続き“スニーカー売買アプリ”の未来を予想してもらいました。めまぐるしく変化するスニーカー市場の未来予測は難しいとしつつも、「データ重視の商品展開になることだけは間違いない」と言い切る本明社長が予測する売買アプリの3つの未来とは?
プロダクトNo 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 毎週月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。