週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
成績は中ぐらいでも「紀子さま」の悲願!
「悠仁さま」東大計画で支度が始まった「高下駄」

【特集】
コカイン事件で新聞テレビが報じない
「ピエール瀧」裏の裏
▼元DJ女性告白した「電気グルーヴ」薬物乱用現場の狂態
▼「静岡県警」が放置した15年前の情報提供
▼盟友「石野卓球」はクビが寒いか!?
▼「勝新」パンツはなぜ笑い話で済んだか
▼歯ぎしりの「警視庁」が巻き返す「標的」

【特別読物】
「脱北者」が訴える「北朝鮮の地獄」
ジャーナリスト 前川惠司

【ワイド】陽のあたる場所
(1)「南野陽子」夫が隠す「振り込め詐欺ドン」と裏人脈
(2)「松田聖子」CDジャケットはなぜか「昔の写真で出ています」
(3)引退間近「イチロー」が20年で殖やした30億円の財テク術
(4)広告塔「橋本環奈」も驚く上場企業の「匂い探知機セクハラ」
(5)電撃的満身創痍の「南部虎弾」が語った「灰になるまで芸人」
(6)チキンハートを五輪代表にする「桐生祥秀」救済ルール
(7)ハリウッドの「デスパレートな妻たち」が必死になった裏口入学事件
(8)「小川彩佳」ブログに「始まりも終わりも田原総一朗」の真意

【特集】
非公表のごはん量を独自測定!
「肥満」「糖尿病」が待つ「超高カロリー」メニュー
食べてはいけない「外食チェーン」第3弾
▼「大腸がん」「肝臓がん」「すい臓がん」リスク上昇の原因
▼ファミレス一食に必要な消費運動量は?
▼塩分もカロリーも優等生だった「サイゼリヤ」
▼1800kcal超えもある「ココイチ」の脅威
▼百貫デブへの回転路という「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」

【特集】
治療再開の意思に病院は応じず…
「人工透析」と「尊厳死」
プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。