週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
うどん自炊で糊口を凌ぐ「小室圭さん」に
満身創痍の「美智子上皇后」

【ワイド特集】「令和」に踊る「昭和」の影法師
(1)「山口百恵」「三浦友和」の山中湖デートをお膳立てした才女
(2)「長嶋茂雄」が監督解任前夜に吐露した「人間的苦悩」
(3)「高倉健」が狼に変わった「人気アイドル」との札幌の夜
(4)「田中角栄」と「憲法9条」の意外すぎる秘話
(5)「岡田有希子」遺書が残る実家で沈黙を守る老父
(6)「石原裕次郎」を昭和の大スターにした「気遣い伝説」
(7)「グリ森事件」元捜査員が呻いた27年後の新事実
(8)「戸塚ヨット」校長が歯軋りで語る「ひきこもりとの我が闘争」
(9)「よど号事件」で「火宅」がバレた英雄機長のダッチロール
(10)元チャンプ「柴田国明」が鳴らす名門ヨネクラジム再興のゴング
(11)五島勉曰く「ノストラダムスは令和の危機も予言した」
(12)取り巻き全員に手をつけた桁違いの艶福家「若山富三郎」
(13)賭場のヤクザにも怯まなかった「勝新」底抜けの大借金
(14)私はこうして「ホテルニュージャパン」の猛火を生き延びた
(15)元事務所社長が明かす「岡田奈々」監禁現場の光景
(16)大貫さんが拾った「1億円」の落し主は「政界の暴れん坊」
(17)「井上陽水」「研ナオコ」が芋づる式に挙げられた麻薬汚染
(18)「小野田さん」は終戦どころか「朝日新聞の変節」も知っていた
(19)鋼鉄のプライバシーという「渥美清」のタヒチ旅行

【特集】
参院選前の自民党に大打撃! 世襲政治家一族の汚れた金!
「武部新」代議士のセレブな弟は「闇金の金主」だった
▼1カ月に金利1割を搾り取って優雅な「広尾ライフ」
▼「武部勤」元幹事長の「知らぬ存ぜぬ」は通るか?
▼妻「田丸麻紀」が乗る「3000万円」外車の元手

【特別読物】
▼北の脅威に備えがない! 自衛隊なき国境「隠岐の島」レポート 
作家 杉山隆男
▼トラブル続出! 「高齢者」を不幸にする「成年後見制度」 
 ジャーナリスト 長谷川 学

【特集】
消し忘れたら恥ずかしい「デジタル遺品」始末術
ITセキュリティコンサルタント 萩原栄幸

【ワイド特集】秘すれば花
(1)「地味女子」が好感度という「蒼井優」の耳にあのイヤリング
(2)「EXILE」AKIRAと結婚した台湾トップ女優に伏せられた過去
(3)「ココイチ」創業者が「ストラディバリ脱税」で篤志家人生の後味
(4)北新地ママが許さない「丸山茂樹」スポンサーの「バーキン」詐欺
(5)「大島由香里」アナから生活費を奪う「小塚崇彦」の離婚プログラム

【特集】
あなたの食卓に「発がん性」料理
▼スーパーにあふれる有害物質 
▼リスク増の犯人は「野菜」だった!?
▼国が警告する「アクリルアミド」とは?
▼「EU指標」をオーバーした商品の実名
▼なぜ「いも」を冷蔵庫に入れてはいけないのか
▼「コーヒー党」が驚いた農水省調査
▼「煮る」か「炒める」か? がんを避ける賢者の調理法

【特集】
セクハラ社長に「ゴホン!」と言えば左遷とクビの「龍角散」
プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。