週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
「御代替わり」7つの謎
▼誰がどう決めるのか!? 「元号」誕生の舞台裏
▼最初の秘儀は? 「新天皇」のドキュメント5・1
▼両陛下の「お引越し」ロードマップ
▼どうなる「上皇家」の「お金」「職員」
▼「恩赦」で「重罪人も放免」の真偽
▼「ミッチー・ロス」で後追い辞職者が続出か
▼史上初「10連休」の落とし穴

【特集】
「毎年口利きして、受かれば1000万円」「そんなに悪いことなの?」
東京医大裏口をガイドした「赤枝代議士」の言い分

【特集】
同じ文学部でも就職先がこんなに違う!
「早稲田大学」vs.「慶應大学」入学するならどっち? 第2弾

【特別読物】
新ルールでゴルフが10倍楽しくなる!
作家・ゴルフ評論家 早瀬利之

【特別読物】
没後10年 日本人女性アシスタントが見た
「マイケル・ジャクソン」50年の孤独 
国際ジャーナリスト 山田敏弘

ワイド】胡乱な賀詞交換会
(1)「浜崎あゆみ」「布袋寅泰」が登場する「金銭トラブル」の舞台回し
(2)「貴乃花」が呪っても「長男優一」テレビ露出の編成役は「河野景子」
(3)ホステスのお尻でも壊せる「ハズキルーペ」の耐荷重“偽装”
(4)にわかに「帰化」情報が飛び交い始めた「白鵬」土俵外の取組表
(5)紅白「ウッチャン」アシストでもポカつづきの「広瀬すず」
(6)「福田淳一」前財務次官を救った「弁護士資格認定制度」
(7)ベガスに新婚旅行の「佳つ乃」お相手はあの「有名企業」御曹司
(8)14年ぶり「箱根路」の「東大生ランナー」人生つづら折り
(9)「NHK」困惑!? 朝ドラヒロイン「戸田恵梨香」に「ネトウヨの父」

【特集】
「羽生無冠」で乱世になった将棋界の悪い初夢

【特集】
子供が欲しいCAに結婚詐欺した「東大教授」謝罪文

【特別読物】
オプジーボは不要になる?
低コストで9割の人に効果という「がん光免疫療法」
ライター 芹澤健介

【特集】
「原宿竹下通り」無差別殺傷計画!
放置したから「元旦テロリスト」に化けたイカレ男の履歴書
プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。