ELLE gourmet(エル・グルメ) 定期購読・最新号・バックナンバー

ELLE gourmet(エル・グルメ) 定期購読・最新号・バックナンバー

ELLE gourmet(エル・グルメ) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ELLE gourmet(エル・グルメ) の詳細です。


ELLE gourmet(エル・グルメ) の公式サイトへ
本・雑誌 ELLE gourmet(エル・グルメ)
本・雑誌内容 『ELLE(エル)』の料理雑誌『エル・グルメ』は、食を切り口とした豊かなライフスタイルを提案するフードマガジン。おしゃれに、スタイリッシュに、大切な人たちと過ごす幸せな時間を演出するキーワードが、この一冊に閉じ込められています。日常の献立からパーティ料理までの幅広いレシピ、食材、キッチンツール、レストラン情報など、あらゆる角度から食を楽しむための情報満載です。※2017年に雑誌名が『エル・ア・ターブル(ELLE A TABLE)』から『ELLE gourmet(エル・グルメ)』に変わりました。
本・雑誌内容詳細 ●新感覚の“和”が気分 お酒とつまみ
今時の酒場では、お酒と料理においてジャンルのボーダーレス化が進行中。
日本酒もワインもサワーも飲みたいし、おつまみもジャンルを問わずあれこれ食べたい!
しかも、どれも本気のクオリティーで!なんていうわがままをかなえてくれる店が増えています。
そんな店に共通するのが、おつまみに新感覚の和テイストを打ち出していること。
和をベースにアジアをはじめ各国料理のテイストを取り入れ、日本酒に、ワインに、
サワーにも合う味を作っています。
仲間と集まる機会が多い年末年始。今度の家飲みはぜひ、
新感覚の和テイストを取り入れて。すぐにまねできるおつまみのレシピと、
新感覚の和つまみに合うお酒の情報を満載でお届けします!


●妄想シーンで学ぶ、最旬日本酒キーワード
日本酒を楽しむシーンが広がる昨今。こんなシチュエーションに合うのは、
どんなお酒?おすすめの日本酒を通して、今注目の日本酒の流れがわかるキーワードも学ぼう。


●家飲みワインは“冷やし赤”と“醸し系”
ネオ和食が主役の家飲みなら、注目すべきは「冷やしておいしい赤ワイン」と
「醸し系ワイン」。和のおつまみ代表格の刺し身から、照り焼き、そして餃子まで、
冷やしと醸しが網羅!


●ホムバの極意!
おいしいもの好きが集まる機会が増えるフェスティブシーズン。
日々、ホームパーティを繰り広げるホムパ愛好者にも実は“トレンド”がある。
では、最旬のホムパって?キーワードは「パワーセーブ」。
ゲストホストの関係性をなくしたり、メイン以外のメニューにフォーカスしたり、
好きなことだけを極めたり、器を持ち寄りフードの考え方を変えてみたり・・・・・。
今度のホムパは、みんなが喜ぶ新スタイルで楽しんでみない?


●しびれトレンドのその先へ!
和の山椒に、中華の花椒。いま巷では、舌がしびれるほどの“シビ辛”グルメが一大ブーム。
オーセンティックな使い方にとどまらず、もっと自由に“シビ辛”を楽しまなくちゃ!


●FOOD TREND大予測2019
テクノロジーの発展で食の世界にも変革が起こりつつある昨今。
現金を扱わないキャッシュレスレストランや、ロボット調理器具、
AIを使って相手の料理の好みを割り出すアプリの誕生などに加え、
今後もますます話題を集めそう。また環境問題が深刻な今、地球にやさしく、
そしてサスティナブルであるというのも現代のフードシーンに外せないキーワードだ。
今回、海外の食トレンドを分析し、日本でも流行りそうなものを
独断と希望的観測も含めてピックアップ。
来年もさらにおいしい年になりそう!?
プロダクトNo 1211514
出版社 ハースト婦人画報社
発売日 2,4,6,10,12月の6日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。