サイゾー 定期購読・最新号・バックナンバー

サイゾー 定期購読・最新号・バックナンバー

サイゾーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

サイゾーの詳細です。


サイゾーの公式サイトへ
本・雑誌 サイゾー
本・雑誌内容 マスメディアが大衆向けに画一的な情報を流す一方で、多チャンネル化が進むテレビ、細分化される雑誌、誰もが発信者となれるインターネットからは多種多様な情報で溢れています。「サイゾー」は巷にあふれる情報を独自の切り口で検証し、読み応えある記事としてお届けする雑誌です。「今までの“メディア”では満足できない!」という人たちに、新しい視点と自分なりに情報を再構築するスキルを提供します。
本・雑誌内容詳細 現在開催中の「ゲルハルト・リヒター展」に感性を磨きに赴いたのは漢 a.k.a.GAMIとD.O。
彫刻家として世界的に知られるTAKU OBATAには、B-BOYイズムとアートの邂逅について取材を。
そして、本誌が選ぶ今年注目しておくべき「ヤバいアーティスト2022」。
さらに、カルト宗教が世を騒がせている真っ只中での「仏教はアートなのか」問題など、衝撃のアート展、開館します。

[マルサの女]雪平莉左
[P様の匣] 桜田ひより(女優)──「俯瞰で想像する」能力を持つ女優による演技論とは?
[P様の匣]16(ラッパー)──ANARCHYが初めて契約を結んだミステリアスなラッパーの正体
[P様の匣] 川嶋芳生(TVプロデューサー)──日本にもスパイがいる!?暴露型情報小説のキケンな中身
[P様の匣] hyunis1000(ラッパー)──サイケデリックな迷宮を抜け出た神戸発ラッパーの“青春”
[第一特集]衝撃のアート論
[第一特集]メタバースに濃厚接触……タブー表現で魅せる若手アーティスト
[第一特集]漢 a.k.a. GAMIとD.Oがリヒター展を鑑賞してみた!
[COLUMN]村上隆、KAWS、KYNE……転売される現代アートグッズ
[第一特集]彫刻家・TAKU OBATA 制作に懸ける揺るぎなきB-BOY魂
[COLUMN] 意識高い層を狙う ビジネス書のバズワードと化した「アート」
[第一特集]香取慎吾、木梨憲武……芸能人アート原色使いがち問題
[第一特集]芸術をデジタルで保存するヒップホップとNFTの親和性
[第一特集]現代に描かれた仏画はアートなのか、宗教なのか?
[第一特集]ウクライナ侵攻のイメージも変わる! 今、見るべき“戦争写真集”
[第一特集]売り上げ2兆円越えで死角なしか Adobe“帝国”大研究
[連載]後藤直義の「GHOST IN THE TECH」
[連載]丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」
[連載]雨宮純の「現代怪事廻説」
[連載]クロサカタツヤの「ネオ・ビジネス・マイニング」
[連載]神保哲生×宮台真司『マル激 TALK ON DEMAND』【今月のゲスト】田内学(金融教育家、元ゴールドマン・サックス金利トレーダー)
[連載]萱野稔人と巡る「超・人間学」【今月のゲスト】田中孝幸(国際政治記者)
[連載]辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
[連載]笹 公人×江森康之の「念力事報」
[連載]小原真史『写真時評』【今月のテーマ】メメント・モリと写真
[特別グラビア] 新人AV女優・七瀬アリスが語る「下着と水着の考証学」
[連載]田澤健一郎の「体育会系LGBTQ」【今月のアスリート】スポーツ校で女子扱いされなかったレズビアン剣道部員の忍耐
[連載]澁川祐子の「味なニッポン戦後史」
[連載]AmamiyaMaakoの「スタジオはいります」【今月のゲスト】G.RINA
[特別グラビア] 実は群馬出身、脳内パステルのみさきが大阪の街を徘徊
[連載]DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMYの「BLACK PAGE」
[連載]町山智浩の『映画でわかるアメリカがわかる』
[連載]更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
[連載]花くまゆうさく『カストリ漫報』
プロダクトNo 1231897
出版社 サイゾー
発売日 毎偶月18日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。