週刊金融財政事情 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金融財政事情 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金融財政事情 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金融財政事情の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊金融財政事情の詳細です。


週刊金融財政事情の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金融財政事情
本・雑誌内容 通号3,000を超える老舗の金融専門誌。先進的金融機関経営や金融資本市場のトレンド、金融検査・監督方針など、金融ビジネスパーソン注目のテーマをいち早く取り上げ、丁寧に解説。正確で客観的な情報、先読みの問題提起が、長年にわたり金融機関経営者・官界に信頼されてきた理由です。“キンザイ”の特集や「新聞の盲点」欄を読まずして日本の金融は語れません! もちろん、今日の営業・事務・リスク管理に有益な実務ネタも満載です。
本・雑誌内容詳細 ■特 集

社会を変えるデータ利活用


第四次産業革命でデータポータビリティーは不可欠なものに
東洋大学 准教授 生貝 直人

情報政策を巡る欧米中の三つ巴の争い ─日本はどの道を歩むべきか─
慶應義塾大学 教授 山本 龍彦

さらなるデータ利活用に向けて我が国が乗り越えるべき諸論点
渥美坂井法律事務所 弁護士 落合 孝文

セブン&アイHDが目指すデジタル時代の新マーケティング
セブン&アイホールディングス 執行役員 清水 健

金融機関が押さえるべきデータ戦略のキーポイント
UBS証券 シニアアナリスト 伊奈 伸一

みずほFGが描くデータ活用と革新的サービス
みずほフィナンシャルグループ シニアデジタルストラテジスト 大久保 光伸

「情報銀行」に潜む不安を払拭する決済サービス
イオンクレジットサービス 取締役兼執行役員 西村 信一郎

個人向け融資のパーソナルデータが「宝の山」に
編集部

データ活用がもたらす保険事業の破壊的イノベーション
編集部


■インタビュー

関西のお客さまにとって「なくてはならない」銀行に
関西みらいフィナンシャルグループ 社長 菅 哲哉


■論考・解説

野村の総合力を結集したマーチャント・バンキングビジネス
野村キャピタル・パートナーズ 社長 前川 雅彦

〈KINZAIリポート〉
きらぼし銀行が新たな収益源に育てる非正規社員取引

「脱・経営者保証」は顧客本位なのか
金融コンサルタント 大内 修

キャッシュレス社会の決済サービスにおける加盟店管理のあり方
堀総合法律事務所 弁護士 藤池 智則/関口 諒/桑原 卓哉

貿易金融におけるブロックチェーン実証実験と今後の方向性
香港上海銀行 部長 矢野 孝尚

生命保険会社の2018年3月期決算分析
格付投資情報センター アナリスト 肝付 卓也


■時 論
今年の夏
預金保険機構 理事長 三國谷 勝範


■新聞の盲点
日銀のずさん統計で剥げ落ちた投信神話の虚像


■News Square

日銀が±0.2%の長期金利の変動幅を許容、副作用にも配慮
金融庁が地域銀行のモニタリング手法を見直し
りそなHDが店舗の平日休業を導入
大手証券18年4~6月期決算、野村HDを除く4社が増収
全銀協が「手形・小切手電子化」の中間報告を公表


■トレンド

〈為替市場〉
今年のドル円相場は歴史的に狭いレンジ推移に
JPモルガン・チェース銀行 佐々木 融

〈欧州経済〉
最大の欧州経済下振れリスク、対米摩擦激化はとりあえず回避
ニッセイ基礎研究所 伊藤 さゆり

〈ズームアップ経済統計〉
NAFTA再交渉でカナダ輸出企業のセンチメントに注目
JPモルガン証券 米良 有加


■連載

米国まちかど銀行最前線(55)
グローバルリサーチ研究所 代表 青木 武

金融と経済と人間と(111)
第一生命経済研究所 顧問 大森 泰人

デジタルイノベーションの衝撃(11)・完
みずほ銀行 産業調査部 中野 悠理


■豆電球
バイサイド・アナリスト偏重の弊害
プロダクトNo 1260134
出版社 金融財政事情研究会
発売日 毎週月曜日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。