モノマガジン(mono magazine) 定期購読・最新号・バックナンバー

モノマガジン(mono magazine) 定期購読・最新号・バックナンバー

モノマガジン(mono magazine)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

モノマガジン(mono magazine)の詳細です。


モノマガジン(mono magazine)の公式サイトへ
本・雑誌 モノマガジン(mono magazine)
本・雑誌内容 モノ・マガジンファンの皆様に支えられ、ちょうどCDプレーヤーが発売された1982年にスタートしたモノ・マガジン。流行や生活を端的に表す新製品情報を中心に、100円の消しゴムから数千万円のクルマまで、モノの機能、デザイン、操作性、歴史、伝統、哲学、作る人、使いこなす人・・・・・モノをとりまくあらゆるフィールドを紹介してきました!人とモノが触れ合う限りモノ・マガジンのスタイルは永遠に変わりません。変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。今回、便利でお得な年間購読をご案内します!是非ご利用下さい!
本・雑誌内容詳細 【特集】オーディオ コーヒー 筆記具

モノマガ人にとって美音・美味・美文字は永遠のテーマ。新しい価値を見出す注目のオーディオも続々登場! 家飲みコーヒーの最新ドリッパーから、幻のコーヒー、トアルコ トラジャを追って遥かインドネシアまでの旅物語も読み応えアリ。またハイテク&コンフォートなシャープペン・ボールペン・万年筆も各社出揃い戦国時代へ。進化をし続ける3大特集から目が離せない!


【特別企画】人生100年、睡眠33年!快眠の法則

人生の1/3は睡眠時間と言われる。ならば人生100年時代の今、僕らは33年も就寝中! そんな時代の睡眠は、品質向上が大事。コレを実現するには科学の裏付けがあるプレミアム寝具が必要だ。今回の企画では「なにが快眠か?」「快眠できる理由?」「快眠は身体にどう良いのか?」をフックにトピックあるギアを選出。プレミアム快眠の法則と作法を探る。

【特集】地方創生ブランド 第41回 福島県 ふくいろキラリ

先端技術と暮らしの道具が融合した、キラリと光る新製品たち
桃、米、日本酒、会津漆器……農産物や伝統工芸のイメージが強い福島県は、実は製造業が盛んな土地。製造品出荷額は東北1 位。医療用機械部品の生産額は全国1 位。そんな福島で面白いプロジェクトが進行中だ。県内中小企業の技術を活かしてキラリと光る新製品を作ろう!と、産学官民がチームで取り組む「ふくいろキラリプロジェクト」だ。先端技術が仕組まれた、身近な暮らしの道具たちに注目!

【連載】時が止まって。【ミリタリーパッチの世界】Embroidery Kingdom in OKA PATCH SHOP TIGER EMBタイガーエンブ(沖縄市)

タイガーエンブの店に入っていくと、刺しゅう糸による色の洪水に押し包まれる。同時に「刺しゅう王国沖縄!」の言葉が浮かぶ。沖縄では、刺しゅうものに、まっとうな需要が途切れ目もなくある。なかでも嘉手納基地を抱える沖縄市の刺しゅう店には、リアルな客のリクエストに針と糸で応える技術が当たり前のように伝わっている。


OTHER CONTENTS

●mono編集部のモノ差し
●う~ん、うなるモノ
●地方創生 福島県
●monoの大捜査線
●SILENT SIREN
●金属恵比寿 高木大地の「狂気の楽器塾」
●ミステリーキャスケット
●クロラボ
●薀蓄の箪笥(うんちくのたんす)
●日本イカ化計画
●スタイリング・モノ
●monoSHOP新聞
●みうらじゅんの「今月のグッとくる宝物BEST2」
●NEW PRODUCTS INFOMATION 新製品情報

and more!!
プロダクトNo 1261425
出版社 ワールドフォトプレス
発売日 毎月2,16日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。