文化通信縮刷版 定期購読・最新号・バックナンバー

文化通信縮刷版 定期購読・最新号・バックナンバー

文化通信縮刷版 定期購読・最新号・バックナンバー

文化通信縮刷版の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

文化通信縮刷版の詳細です。


文化通信縮刷版の公式サイトへ
本・雑誌 文化通信縮刷版
本・雑誌内容 発行年の前年の1月から12月までの『文化通信』の「縮刷版」。A4サイズに縮少されていますが、高性能レンズによる撮影からダイレクトにプリントすることで、非常にきれいで見やすくなっています。その年のマスコミ界を振り返るに最適な資料としてご活用いただけます。
本・雑誌内容詳細 「2012年1月から12月までの『文化通信』の「縮刷版」。A4サイズに縮少されていますが、高性能レンズによる撮影からダイレクトにプリントすることで、非常にきれいで見やすくなっています。2012年のマスコミ界を振り返るに最適な資料としてご活用いただけます。」
「月別トピック」のほか、「テーマ別トピック」として、特別に東日本大震災の項目を立てたほか、企業の設立や再建・清算などの「経営・決算、総 会、役員・幹部人事」、電子新聞、電子出版、個人情報保護法や著作権法などの「行政・法令・条例」や、「ジャンル別トピック」や「各種統計・調査・ 資料」、「インタビュー・連載」として、インタビューや「この人に聞く」、連載やコラム。

A4判・目次24ページ+本文566ページ
プロダクトNo 12800777
出版社 文化通信社
発売日 3月の31日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。