Mac Fan(マックファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Mac Fan(マックファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Mac Fan(マックファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Mac Fan(マックファン)の詳細です。


Mac Fan(マックファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Mac Fan(マックファン)
本・雑誌内容 「Mac Fan」ではわかりやすい内容・わかりやすい記事にこだわって、Macに限らずアップル製品全般の豊富な情報をお届けします。「Macに変えたいけど決めてがない!」「新しいOSの使い方がいまいちわからん!」など、Apple初心者からコアなユーザーまで幅広い悩みや疑問を解決してくれます。Apple製品の使用レポートが豊富で読者目線に立っているところも人気の理由です。初心者をはじめ、MacユーザーとMacの魅力あふれる世界との橋渡し役「Mac Fan」があなたのあなたのMacintoshの世界を最大限に広げてゆきます。
本・雑誌内容詳細 ●A PEOPLE ON THE COVER
【爆笑問題・太田光】


●第1特集
40年間愛された唯一無二のコンピュータ
その魅力を“専門家の目線”から解き明かす
【すごすぎるMacの世界】
なぜ私たちはMacに惹かれるのか──。それはAppleが単なる「商品」ではなく、常に「最高の製品」を目指し、Macを開発しているからにほかならなりません。プロダクトデザイン、パフォーマンス、UI/UX、サウンド、パッケージ…。ときに異常と言えるほどディテールにこだわり、Macを世に送り出しています。1984年以降愛され続けてきた革新的なパーソナルコンピュータのすごさを、プロフェッショナルや専門家への取材をもとに、改めて掘り下げてみましょう。


●第2特集
Macユーザなら純正ブラウザを使うべきなの?
【徹底検証「Safari」の実力】
現在はさまざまなWebブラウザがしのぎを削る群雄割拠の時代です。AppleはSafariが「世界でもっとも速いブラウザ」だと公表していますが、果たして本当なのでしょうか。また、Webブラウザの良し悪しを決めるのは速度だけでなく、電力効率やプライバシー、セキュリティ、機能、デバイス連係なども関わってきます。Webページを快適に閲覧するには、優れたWebブラウザを使うことがもっとも重要です。そこで、Macユーザ目線で「Safariはメインブラウザとして使うに値するのか」をさまざまな観点から徹底的に調べ上げてみました。


●第3特集
玄人Macユーザが沼にハマる!?
【Macではじめる自作キーボードのススメ】
「キーボード」といえば既製品を買うのが一般的ですが、自分好みにカスタマイズできる「自作キーボード」という選択肢もあります。キーキャップやキースイッチ、キー配列などを自由に組み合わせて、こだわりの「相棒」を完成させてみましょう。本特集では、キーボードを構成するパーツの組み立てからキーマッピングの設定まで徹底解説。自作キーボード専門店「遊舎工房」の全面協力を得て、本誌連載陣の宮本佳林さんがキーボードづくりに挑戦します!


●SPECIAL
Apple製品と一緒に使いたい注目アクセサリを集めました!
【リニューアル記念! 特大読者プレゼント】


●新連載スタート
【シン・マックな人】
【もっと! Mac不安ちゃん】
【Mac Appビギンズ】
and more!


●NEWS
・Macに先駆けてM4搭載! 新iPad Proを徹底解剖
・FC町田ゼルビアの躍進を支える“試合に勝つため”のiPad活用
・診断・治療の“暗黙知”を解消する Vision Proで起こる医療革命
・日本とエストニアから世界を変える! その会社の名はNinja Vision
・iPhoneでファミコンが遊べる!? エミュレータ解禁による光と影
プロダクトNo 1281679672
出版社 マイナビ出版
発売日 毎奇月29日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。