月刊CAP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊CAP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊CAP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊CAPの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊CAPの詳細です。


月刊CAPの公式サイトへ
本・雑誌 月刊CAP
本・雑誌内容 最新の技術・情報はもちろん、各種検査やさまざまな臨床技術の見直しなど、日々の診療に活かせる情報を幅広く紹介した獣医臨床総合誌です。注目の獣医学トピックスを取り上げ、最新のエビデンスを交えて基本から最先端の話題まで多様な切り口で紹介する特集記事と、さまざまな分野の技術・情報をバランスよく掲載した連載記事を中心に、現代の小動物獣医師に必要な情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 Feature Article!
犬の膀胱腫瘍 どうしよう

犬の膀胱腫瘍は発生頻度はそれほど高くないものの、泌尿器系に発生する腫瘍の中で最も多くなっています。そのほとんどが移行上皮癌ですが、浸潤性が強く転移率も高いことから、診断時にはすでに治療が困難となっているケースも多くあります。しかし近年、検査機器の発達や新たな診断ツールの登場により、以前にくらべて早期の診断・治療が可能になってきています。本特集では、膀胱腫瘍の疫学、診断および外科治療について移行上皮癌を中心にご解説いただくとともに、新たな検査法についてもご紹介いただきました。

▽膀胱腫瘍の概要
山下傑夫

▽膀胱腫瘍の画像診断
服部千里、山﨑寛文

▽膀胱腫瘍の診断 ~細胞診・病理組織学的検査・腫瘍マーカー~
大参亜紀

▽膀胱腫瘍の外科治療
鴫原果映


■基礎からおさえる 呼吸器診療の最前線
第2回 「症状別のアプローチ法(後編)」
藤田道郎

■ジェネラリストのための目で見て覚える腹部X線・超音波の異常像
第5回 「副腎」
西飯直仁

■画像×救急スペシャリスト対談
「僕たちが考えてきたこと そして今伝えたいこと」
戸島篤史、中村篤史

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第20回 「呼吸の荒い猫が来ました」
堀 泰智

■ロジックで学ぶ犬と猫の臨床テクニック
第10回 「肝生検」
中川貴之

■犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護
第6回 「がん性疼痛② がん性疼痛治療法とオピオイド」
柴田早苗、齋藤めぐみ、監修:丸尾幸嗣、森 崇、川部美史

■腫瘍へのもう1つの選択肢“動注リザーバー療法”って?
第10回(最終回) 「症例紹介③ 肝臓腫瘍 後編(症例検討)」
川村悠太
プロダクトNo 1281679719
出版社 緑書房
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。