日経NETWORK(日経ネットワーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

日経NETWORK(日経ネットワーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

日経NETWORK(日経ネットワーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経NETWORK(日経ネットワーク)の詳細です。


日経NETWORK(日経ネットワーク)の公式サイトへ
本・雑誌 日経NETWORK(日経ネットワーク)
本・雑誌内容 「日経NET|WORK」は、ネットワーク技術を基礎から学ぶ人の情報ニーズに正面からこたえ、日本のネットワーク技術の向上を支援する情報誌です。システムの設計・構築から運用・保守までネットワーク関連全分野にわたる技術情報をカバーすると同時に、ネットワークのプロを目指そうとする人のスキルアップ、キャリアアップに役立つセミナー型記事も提供します。◆一部デジタル版のお取扱いがございます。【No.124(2010年07月28日発売)~No.144(2012年03月28日発売)はデジタル版での販売がございます。】
本・雑誌内容詳細 ▲2018年12月号 no.224 11月28日発行


■特集1 徹底解剖! 光インターネット

●徹底解剖! 光インターネット なぜ実効速度が上がらないのか(020p)
●トラフィック急増で体感速度が低下 どこにボトルネックが生じるのか(022p)
●光ファイバーでユーザーをつなぐ 実効速度が上がらない理由と対策(026p)
●常にバックボーン帯域を増強 400Gの伝送技術も投入へ(032p)


■特集2 Windows Defenderの疑問を解く

●Windows Defenderの疑問を解く 7つのQ&Aで理解(038p)


■ビギナーズクエスチョン

●無線LANはどこまで速くなるの? (006p)


■イラストで学ぶ ネットワークキーワード

●ARP IPアドレスからMACアドレスを調べる仕組み(008p)


■piyokangoの月刊セキュリティ

●オンラインゲームにDDoS攻撃 上位ISPを巻き込む被害(010p)


■NEWS close-up

●NTTがGPSの精度を高める新技術質の悪い信号は捨てる 時刻同期の誤差を5分の1に(012p)
●5Gのバックボーンとして注目される光ファイバー無線時速500kmでも通信が途切れない リニア新幹線向けのサービスを視野に(013p)
● 「不正トラベル」 の被害が50億円超に盗んだカード情報で旅行を手配 第三者を巻き込んで発覚を防ぐ(014p)
●ランサムウエアの復元ソフトが公開感染地域を絞ったGandCrab 想定外の被害者に攻撃者が謝罪(015p)


■NEWS pickup&digest

●ドコモが携帯料金を2~4割引き下げ 2019年4~6月期に導入へ(016p)


■特別レポート

●実録! 偽警告でソフトを売り込むネット詐欺 巧みな手口を記者が体験(046p)


■インター博士とネット君のスッキリわかる! ネットワーク技術解説

●ループって何だろう? (050p)


■当事者が語る! トラブルからの脱出

●[今回の犯人] パソコン ハンディターミナルが通信不能 原因は 「隠れたパソコン」 (058p)


■LANからクラウドまで ネットワークなんでも実験室

●IEEE 802.11acの通信品質を調査せよ! (064p)


■徹底分析! 通信市場

●寡占進む光コラボ(070p)


■それってどういう意味? ネコでもわかるセキュリティ用語

●実は危険な企業の長期休暇(074p)


■試してわかった! 無線LANの素朴な疑問

●接続しているのに通信できないのはなぜ? (078p)


■今号の確認テスト

●(083p)


■スクエア

●読者のひろば(084p)


■辻伸弘の 裏読みセキュリティ事件簿

●SSHのソフトに危険な脆弱性 「スキャナー」 で早急に確認を(086p)
プロダクトNo 1281679738
出版社 日経BP社
発売日 毎月28日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。