日経NETWORK(日経ネットワーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

日経NETWORK(日経ネットワーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

日経NETWORK(日経ネットワーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経NETWORK(日経ネットワーク)の詳細です。


日経NETWORK(日経ネットワーク)の公式サイトへ
本・雑誌 日経NETWORK(日経ネットワーク)
本・雑誌内容 「日経NET|WORK」は、ネットワーク技術を基礎から学ぶ人の情報ニーズに正面からこたえ、日本のネットワーク技術の向上を支援する情報誌です。システムの設計・構築から運用・保守までネットワーク関連全分野にわたる技術情報をカバーすると同時に、ネットワークのプロを目指そうとする人のスキルアップ、キャリアアップに役立つセミナー型記事も提供します。◆一部デジタル版のお取扱いがございます。【No.124(2010年07月28日発売)~No.144(2012年03月28日発売)はデジタル版での販売がございます。】
本・雑誌内容詳細 ▲2019年1月号 no.225 12月28日発行


■特集1 HTTP/3登場

●HTTP/3登場 劇的に変貌するWeb(020p)
●動向 時代に合わなくなったTCP(022p)
●TCPの基礎 データを確実に届ける(026p)
●HTTPの基礎 Webでのデータのやりとりを実現(029p)
●最新技術 HTTP/3とQUICの正体を探る(032p)


■特集2 IoT向けLTEの正体

●IoT向けLTEの正体 LPWAの本命が始動(040p)


■ビギナーズクエスチョン

●3G携帯電話はいつまで使えるの? (006p)


■イラストで学ぶ ネットワークキーワード

●DoS攻撃 Webサービスをダウンさせるサイバー攻撃(008p)


■piyokangoの月刊セキュリティ

●取材内容の誤送信 把握してもすぐに対処せず(010p)


■NEWS close-up

●シスコシステムズが400GbE対応スイッチを発表激増するトラフィックに対応 初めて多値変調方式を採用(012p)
●USB認証機能にデジサートの証明書を採用不正なデータ転送を防ぐ 低品質ケーブルのトラブル対策にも有効(013p)
●クレジットカード情報の不正取得が相次ぐ決済途中で偽の入力画面に誘導 カード情報を保存しないサイトも被害(014p)
●国内最大のメールセキュリティー組織が誕生ISPなど100社以上が参加予定 世界最大組織M3AAWGが支援(015p)


■NEWS pickup&digest

●マイクロソフトのWebブラウザーEdge 独自エンジンを捨てChromeベースに(016p)


■インター博士とネット君のスッキリわかる! ネットワーク技術解説

●DNSって何ですか? (050p)


■当事者が語る! トラブルからの脱出

●[今回の犯人] スイッチ IP電話機がつながらない GUIが設定ミスを誘発(058p)


■LANからクラウドまで ネットワークなんでも実験室

●通信プロトコルAMQPはIoTに向いているか調査せよ! (064p)


■10ギガイーサ企業導入のコツ

●なぜ今10GbEなのか(070p)


■それってどういう意味? ネコでもわかるセキュリティ用語

●インシデントに レスポンスする? (074p)


■試してわかった! 無線LANの素朴な疑問

●障害物で電波はどれだけ減衰するのか? (078p)


■今号の確認テスト

●(083p)


■スクエア

●読者のひろば(084p)


■辻伸弘の 裏読みセキュリティ事件簿

●アノニマスの抗議活動が再開 被害報告から見えた新対策(086p)
プロダクトNo 1281679738
出版社 日経BP社
発売日 毎月28日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。