日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくりの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ものづくりの詳細です。


日経ものづくりの公式サイトへ
本・雑誌 日経ものづくり
本・雑誌内容 「日経ものづくり」は、製造業の第一線のエンジニアや開発プロジェクトのリーダー・マネジャーのための技術専門情報誌です。自動車,家電,精密機器,工作機械,産業機械,部品など多様な業種でものづくりに携わる方々に向けて,開発から製造まで,ものづくり全体のプロセスにおける課題解決と技術革新を進めるための情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年7月号 no.766 7月1日発行


■特集1 独フラウンホーファーの研究力

●独フラウンホーファーの研究力(031p)
●フラウンホーファー研究機構の全貌(032p)
●基本ルールは産業ニーズ主導(034p)
●基礎研究と応用のギャップを埋める(038p)
●唯一無二の技術力で世界から依頼(042p)
●産業クラスターで中小企業を強化(048p)
●経済や労働環境も研究テーマ(050p)


■特集2 自動運転のその先へ 心地良さを支える技術

●自動運転のその先へ 心地良さを支える技術 「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」 報告(055p)


■挑戦者

●フラウンホーファー研究機構 ILT所長/アーヘン工科大学 教授 ラインハート ポプラーヴェ所長にして教授 故に産学連携の核に(004p)


■ものづくりQuiz

●杜仲茶が新素材に 出来た製品とは? (013p)


■ニュースの深層

●ついにHondaJetの受注を日本で開始 空のモビリティー革命にホンダが挑む(016p)
●Mg製の鉄道車両実現に一歩前進 新幹線を想定して部分構体を試作(018p)
●品質不正、原因は 「品質保証業務の軽視」 SUBARUと三菱マテで新たな不正発覚(020p)


■レポート

●三菱電機、ファナックが牽引する工場IoT基盤 両陣営に問われる競争と協調(023p)
●マツダが技能継承、カシオは官能検査 AI/IoT応用が見えたFACTORY名古屋(024p)
●複数要求を満たす 「セットベース設計」 電通大の理論をフォトロンが製品化(026p)


■山根一眞と写真が語るアルマ電波望遠鏡

●温度差40度Cで熱変形させない設計(066p)


■数字で見る現場

●外部と協力する意欲は高いが 成果の権利調整に不安抱える調査テーマ 「オープンイノベーション―研究開発のオープン化」 (072p)


■事故は語る

●整備不良でエレベーターが異常挙動 摩耗粉がブレーキの動作の障害に(075p)


■PICK UP

●ホンダ新型PHEV、 「世界一」 技術で1.5Lに“ダウンサイジング”(085p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●品質の緩みを防ぐには(096p)


■設計者を目指す若手のための國井設計塾予備校

●プレゼンはいきなり作成するな(099p)


■世界が驚く日本の微細加工技術

●ドイツ人も驚く ファイ0.01mmのエンドミル(102p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/編集部から/Books/次号予告(108p)


■技術者塾INTERVIEW 人気講師に聞く!

●スタージェン会長、医療人工知能研究所所長 鎌谷直之 氏AIの理解なくして産業の進歩なし(111p)
プロダクトNo 1281679743
出版社 日経BP社
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。