日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくりの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ものづくりの詳細です。


日経ものづくりの公式サイトへ
本・雑誌 日経ものづくり
本・雑誌内容 「日経ものづくり」は、製造業の第一線のエンジニアや開発プロジェクトのリーダー・マネジャーのための技術専門情報誌です。自動車,家電,精密機器,工作機械,産業機械,部品など多様な業種でものづくりに携わる方々に向けて,開発から製造まで,ものづくり全体のプロセスにおける課題解決と技術革新を進めるための情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年12月号 no.771 12月1日発行


■特集1 5軸を使え

●5軸を使え(038p)
●“5軸は難しい”はもう古い 自動化とコスト削減が導入動機に(040p)
●使って分かるその価値 課題以上に大きなメリット(044p)
●超大型機からAMとのハイブリッドまで 多彩な活用を視野に新機種相次ぐJIMTOFに見る最新5軸加工機(052p)
● 「導入している」 は半数に 課題はプログラム作成と人材育成調査テーマ 「5軸加工機の活用」 (058p)


■特集2 第29回日本国際工作機械見本市 JIMTOF2018 過去最大規模で開催

●第29回日本国際工作機械見本市 JIMTOF2018 過去最大規模で開催金属AMや加工革新、IoT、AI、協働ロボットにも注目(065p)


■特集3 IoTは 「つながる」 から 「使う」 へ

●IoTは 「つながる」 から 「使う」 へ デジタルものづくり2018 詳報(075p)


■挑戦者

●経済産業省 製造産業局長 井上宏司 ものづくり推進は 「だけを見ず」 で(004p)


■ものづくりQuiz

●ドローン機体の新コンセプト、連結構造にした目的は? (017p)


■ニュースの深層

●AMの生産性向上を目指した新技術 金属と樹脂の両方で競い合う(021p)
●共創で工場や物流などに進出 台湾アドバンテックのIoT事業戦略(025p)
●ジェネレーティブデザインの実施例続々 電動車いすのWHILLも採用(029p)


■レポート

●3Dスキャンで鉄道施設を保守管理 首都高の計測システムを応用(032p)
●スバル、検査不正のリコール費用は60億円 再発防止の徹底で生産台数も減らす(034p)
●マツダ、発電専用でロータリーエンジン復活 20年にPHEVに搭載、FR車へ布石(036p)


■山根一眞と写真が語るアルマ電波望遠鏡

●【最終回】 難プロジェクトは人を、企業を育てる(082p)


■事故は語る

●電動シャッターに挟まれて死亡 安全装置に対する意識の低さが背景に(089p)


■PICK UP

●異種金属同士を冷間圧造の後にプレスで接合(094p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●若手社員の実力を高めるには(104p)


■設計者を目指す若手のための國井設計塾予備校

●謝罪の面談ではキーパーソンと“共有”(108p)


■組織の品質を高める QFD再発見

●ネットワーク化で情報量と質を高める(112p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/編集部から/Books/次号予告(116p)


■技術者塾INTERVIEW 人気講師に聞く!

●K&Kテクノリサーチ代表(元デンソー) 加藤克司 氏電動化でパワートレインはどう変わるか(119p)
プロダクトNo 1281679743
出版社 日経BP社
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。