日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくりの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ものづくりの詳細です。


日経ものづくりの公式サイトへ
本・雑誌 日経ものづくり
本・雑誌内容 「日経ものづくり」は、製造業の第一線のエンジニアや開発プロジェクトのリーダー・マネジャーのための技術専門情報誌です。自動車,家電,精密機器,工作機械,産業機械,部品など多様な業種でものづくりに携わる方々に向けて,開発から製造まで,ものづくり全体のプロセスにおける課題解決と技術革新を進めるための情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年1月号 no.772 1月1日発行


■特集1 マス×カスタムの最適解

●マス×カスタムの最適解(033p)
●広がるマスカスタマイゼーション(034p)
●2兎を追い2兎を得る 設計 ・ 生産の新技術が後押し(038p)
●AMで個別品を高効率生産 造形技術の革新とライン化が進む(044p)
●自動設計のコアはモジュラー化と 加工法まで検証可能な第2世代GD(050p)
●設計効率化と顧客ニーズ把握に課題 工場はIoT対応と品質保証がテーマに調査テーマ 「マスカスタマイゼーションの現在と未来」 (056p)


■特集2 労力減らして楽々生産“からくり現場改善”傑作選

●労力減らして楽々生産 “からくり現場改善”傑作選(060p)
●ゲージの中のゲージたち…出てこいや! /マツダペダルひと踏みで 「出てこいや! 」 多数のゲージの中からミスなく選定(062p)
●一発楽吊りくん/マツダマジックハンドのようにわしづかみ 250kgあるトレーを楽につり上げ(065p)
●ロボがっちゃん/カルソニックカンセイシリンダー1つでピック ・ アンド ・ プレース からくりガイドでアームを弧の動きに(068p)
●工場最速“締めINボルト”/アイシン ・ エィ ・ ダブリュボルト13本を一気に仮締め 作業時間が20秒から5秒に(071p)


■挑戦者

●三菱重工工作機械 代表取締役社長 岩崎 啓一郎 お客とはスペックで 話をしない(004p)


■ものづくりQuiz

●表裏ギザギザ薄型レンズ、光はどう出る? (015p)


■ニュースの深層

●AI活用した外観検査システム 画像にこだわり簡単 ・ 高精度に(019p)
●小惑星地表の移動観測に世界初成功 JAXAはやぶさ2、超小型探査ロボット利用(022p)


■レポート

●ロボットやAI、AGVを駆使して生産性3倍 安川電機、自動化追求した次世代工場(025p)
●低価格協働ロボットの中国SYT AI利用AGVの開発に着手(028p)
●三菱電機の子会社、253種で品質偽装 偽装判明後も不適合品を出荷(030p)
●手触り感を伴う模様や 7色の輝きを表現する加飾技術(031p)


■事故は語る

●インク原料の工場で死者2人の粉じん爆発 着火源は発生確率1万分の1の静電気放電(073p)


■PICK UP

●コントローラーとACサーボのデータ可視化ツール(078p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●不正を未然に防ぐ企業風土とは(101p)


■組織の品質を高める QFD再発見

●QFDとFMEA ・ DRBFMを連携(105p)


■設計者を目指す若手のための國井設計塾予備校

●プレゼンテーションの禁じ手(111p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/Books/次号予告(116p)


■技術者塾INTERVIEW 人気講師に聞く!

●ワールドテック代表取締役(元デンソー開発設計者)寺倉 修 氏体系化すべき開発設計のフロー(119p)
プロダクトNo 1281679743
出版社 日経BP社
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。