月刊 判例地方自治 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊 判例地方自治 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊 判例地方自治 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊 判例地方自治の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊 判例地方自治の詳細です。


月刊 判例地方自治の公式サイトへ
本・雑誌 月刊 判例地方自治
本・雑誌内容 地方公共団体が当事者となっている行政・民事の裁判例(地方自治判例)を収録。重要な判例には解説等を登載。あわせて、連載講義や訴訟情報など実務記事も多数収録。
本・雑誌内容詳細 連載・記事

○はんれい最前線
 生徒に対する自宅謹慎指導で国家賠償請求
  自治体法務研究所 江原 勲/東京都 榎本洋一

○自治体法務の風を読む
 第33回 相続人に対する金銭の返還請求
  春日井市総務部総務課主幹 吉永公平

○市町村アカデミー・コーナー
 児童虐待対応に必要な法的知識②
  弁護士 磯谷文明

○法律相談
 公営住宅の明渡しが認められる場合とその留意点
  弁護士 大田裕章

○条例ナビ
 総社市大規模災害被災者の受入れに関する条例

○訴訟情報
 摘出推定を避けるため出生届をせず無戸籍となった子の市に対する賠償請求訴訟――原告敗訴――神戸地裁判決ほか


判決紹介

<財  政>
○不均一課税措置の差止め・補助金支出の差止等住民訴訟事件・堺市・大阪府
1 市の企業立地促進条例による企業に対する地方税の不均一課税措置につき、地域経済の活性化、産業の高度化及び市民生活の向上に寄与することを目的とするものであり、税収増加、雇用増大、経済的波及効果が類型的に見込まれる事業を対象とすることなどに照らせば、当該措置が市長に与えられた権限を逸脱濫用したものとはいえず、地方税法6条2項に違反しないとして、原告らの税の減免額等の返還等の請求が棄却された事例
2 府の企業立地促進条例による企業に対する先端産業補助金の交付につき、地域経済の振興と府民生活の向上に資することを目的とするものであり、税収増加、雇用増大、経済的波及効果等の効果が見込まれることなどに照らせば、当該補助金交付に公益上の必要があるとした府知事の判断には、その裁量権の逸脱濫用があるとはいえないとして、原告らの補助金の返還等の請求が棄却された事例
 〔大阪地平成28年9月8日判決〕

<税  務>
○仮特別徴収税額決定処分取消請求事件・大阪府太子町
公的年金から徴収される特別徴収が、普通徴収や給与所得からの特別徴収の方法によって徴収をする場合と比較して、年金所得者に対し不当に早期の徴収をするもので、憲法14条1項に反するとの原告の主張が、区別の態様が目的との関連で著しく不合理であることが明らかであるとはいえないとして、認められなかった事例
 〔大阪地平成28年9月14日判決〕

<教育・文化>
○茨城県青少年有害図書指定取消請求事件・茨城県
県条例に基づく図書の有害図書等指定処分につき、憲法21条1項、31条等に違反する違法はなく、有害図書に該当するとして、同処分取消請求が棄却された事例
 〔水戸地平成28年9月29日判決〕

◎教員採用決定取消処分取消請求控訴事件・大分県
公立学校教員採用選考試験に合格し、小学校教員としての採用処分を受けて約5か月間にわたって勤務した者に対し、教員採用選考試験の成績に不正な加点操作(ただし、本人及びその親族の関与は認められない。)があったとして行われた上記採用処分の取消処分について、上記採用処分には瑕疵があり、これを維持することによる公益上の不利益は、取消処分による対象者の不利益と比較しても重大であるとして、上記取消処分が適法とされた事例
 〔福岡高平成29年6月5日判決〕

<厚  生>
○外国人の生活保護申請却下処分取消請求事件・大阪市
外国人であり、生活保護を受給していた原告が、転居費の給与申請を却下する処分を受けたことから、却下処分の取消しを求めた訴訟において、外国人は生活保護法に基づく保護の対象にはならないから、却下処分は適法であるとして、取消請求が棄却された事例
 〔大阪地平成28年8月26日判決〕

○生活保護費の返還命令処分損害賠償請求事件・さいたま市
福祉事務所長が生活保護法63条に基づき支給済みの保護費に相当する額の返還を命じた処分に違法はないとして損害賠償請求等が棄却された事例
 〔さいたま地平成28年11月16日判決〕


判決概要紹介

<警  察>
○運転免許停止処分取消請求事件・大阪府
 〔大阪地平成28年6月10日判決〕
プロダクトNo 1281680109
出版社 ぎょうせい
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。