戦略経営者 定期購読・最新号・バックナンバー

戦略経営者 定期購読・最新号・バックナンバー

戦略経営者の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

戦略経営者の詳細です。


戦略経営者の公式サイトへ
本・雑誌 戦略経営者
本・雑誌内容 『戦略経営者』は中小企業経営に特化した月刊マネジメント誌です。「TKC全国会」に加盟する税理士・公認会計士の関与先企業(約75万社)の経営者を主な読者対象に、1986年9月に創刊されました。1万人超のTKC会員が現場で行う経営助言のノウハウをベースに、独自の切り口と徹底した取材で、他誌の「後追い」ではない真に有用な情報だけを厳選して提供しています。コラム執筆陣も多彩。いまや数少なくなった「中小企業経営者のための」雑誌であるとともに、幅広い旬の話題にも切り込み、ビジネスマンなど一般読者からの支持も急増中です。
本・雑誌内容詳細 『戦略経営者』2018年 12月号(通巻386号)目次
CONTENTS No.386 2018

特集
部門横断チームで勝つ
 
●総論 SUSUME代表取締役 竹居淳一
●CASE1【アサヒ・ドリーム・クリエイト】
九つのプロジェクトが全社的課題を解決
●CASE2【増木工業】
“女性が輝く職場”づくりに有志を招集
●CASE3【ネットプロテクションズ】
兼務の明示化で社内コラボレーション創出
●視点
社員にとっての“非日常”が創造性を生む

特集2
ゼロから始める「リファラル採用」
●インタビュー リファラルリクルーティング社長 白潟敏朗
人材獲得難は経営変革のチャンス
●事例1【スープストックトーキョー】
“友人を誘いたくなる職場づくり”で人手不足解消
●事例2【ビデオマーケット】
会社の魅力をうまく伝えミスマッチを防ぐ
●トピックス マイリファー社長 鈴木貴史
情報開示→紹介→応募→採用をクラウド上で完結
●コラム 働き方評論家 常見陽平
「攻めのリファラル」で採用力を磨こう

◎BANKER’SEYE
関西みらいフィナンシャルグループ 社長菅哲哉×税理士露口六彦
関西最大の地域金融グループが目指すものとは 
聞き手 石岡正行税理士

◎中小企業支援制度
EC活用支援 中小企業基盤整備機構 販路支援部参事 渡辺孝志
“国内”“越境”問わず多彩なEC活用支援を展開

●先駆者たち
牧輝弥 金沢大学大学院准教授
上空3000メートルの菌から生まれた納豆
●講演採録
重永忠 生活の木代表取締役社長
“後継創業者”かくあるべし!
●戦経インタビュー
松原未知 社会福祉士
即戦力獲得も可能な中小企業の障害者雇用戦略

◎会計で会社を強くする
●FX4クラウド【アザース】
東証プロマーケットに上場した松山発ラーメンチェーンの狙い
●FX4クラウド【ケイワン】
プロジェクト管理機能を活用し収益力の向上を実現
●FX4クラウド【新興ウオターマネージメント工業】
月次決算で経理の透明性高め経費管理の重要性を徹底

経営スクランブル
●Q&A経営相談 
「キャリアアップ助成金」の活用法 西巻充史
●Q&A経営相談 
2018年中小企業冬季賞与の相場は 小方尚子
●WEB戦略【こどもクリニックぷぅやない小児科】
親子の個性を尊重しながら子育てを丁寧にサポート
●戦経リサーチ
2030年に644万人の人手不足に
●ぶらり展示会の旅
新価値創造展2018

好評連載
リーダーの決断 山岡淳一郎
接客戦略が会社を変える 藤村純子
読書SENSOR 堀内勉
エコノミストの視点 門倉貴史
守って伸ばすCSR 泉貴嗣
ビジュアルマーチャンダイジング基礎講座 田尻尚美
明日のヒーローたち 柳田 博
今月の一冊 新刊本
セキュリティー対策の落とし穴 奥田英太郎
ご当地グルメコレクション 澁谷耕一 
News&Information
プロダクトNo 1281680339
出版社 株式会社TKC
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。