家と人。 定期購読・最新号・バックナンバー

家と人。 定期購読・最新号・バックナンバー

家と人。 定期購読・最新号・バックナンバー

家と人。の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

家と人。の詳細です。


家と人。の公式サイトへ
本・雑誌 家と人。
本・雑誌内容 私たちは「人」。健やかに、そして幸福に生きていかなくてはなりません。そのために必要なもの。健やかな身体、こころ、食、自然、学び、そして家。やみくもな消費活動から得る幸福感ではなく、消費を選び抑制することから得る豊かさもあっていいはずです。「家」はそんな暮らしの舞台であり、私たちの生命が育まれる場。時代を超えて受け継がれていく家のあり方と生き方を中心に「家をどう建てるか」にとどまらず、その家で生涯「どう生きるのか」までを包括した編集で「家と人」のかかわりを読者とともに考えます。執筆陣は岩手県立大学の教授陣、岩手県立博物館学芸調査員、岩手県内在住の介護専門員、造園コンサルタント、農学・工学・医学分野の専門家ほか多彩。広告誌面も一切ない「正直な情報」で、生活者にやさしく、読みやすさを優先して編み上げました。ここから生まれる共感の輪が、岩手から日本中に拡がることを願ってやみません。
本・雑誌内容詳細 ●特集1
女たちの、
家にまつわる物語。
Bouquet Of Words By Women.

家の思い出を辿るとき、
多くの人が思い描くのは「うち」である。
その「うち」をつくるのは
家族という名の、
世界に唯一無二の集合体であったに違いない。
女たちによる家、
あるいは「うち」の記憶を巡る、小さな随筆集。

●特集2 
臺焼。
玲瓏たる美、
温柔なる用を極める。

花巻という美しい名の土地で産声を上げて120年。
周辺で産出される陶石を用い、
求道にも似た技の追及を重ねて生み出された
清らかな磁器肌、鮮やかにそれに映える呉須の青。
虚飾を排した気品に用を極めたその輪郭、
滑らかな筆跡に、凝縮された先代たちの思いを観る。


規則性と合理性の融合が生み出す
モジュールの「用と美」。

●Report
スパニッシュ・バル。
贅沢な語らいの時間。

●Report 
東北電力・新料金プラン
「よりそう+シーズン&タイム」
を理解するためのQ&A。

●Report
岩手の高性能住宅を牽引して30年。
卓越の技術で
世界水準のエコ&健康住宅をめざす。

●健康住宅レポート
紫波町、山田町、八幡平市から全4軒。

●家への視点

●好評連載
風土巡描 ---画家 重石晃子
みちの奥のバリ ---三上れい子
風景と樹木 ---造園コンサルタント・ガーデナー 野田坂伸也
山暮らし町暮らし ---夏谷隆二
字の話 ---書家 伊藤康子
お茶屋の時間 ---焙茶工房「しゃおしゃん」主宰 前田千香子
家具のある部屋 ---クラブエイトスタジオ盛岡 越智裕
「くらし」の私的民俗誌 ---岩手県立大学盛岡短期大学部教授 松本博明
生理学談話室 ---医学博士・理学博士 高島浩一郎
みみ・はな・のどの、おはなし。 ---三好耳鼻咽喉科クリニック院長 三好彰
住まいを楽しむ ---マルチクリエーター 伊山治男
家の記憶・街の香り ---オオツカヨウ建築設計 大塚陽
カタライズとしての建築 ---カタライズデザイン 山下桂樹
いわての「建財」探訪 ---岩手県立大学盛岡短期大学部准教授・一級建築士 内田信平
新しい住まいの視座 ---植田建築工房 主宰 植田優
シリーズ●ファクター4 ---秋田県立大学システム科学技術学部准教授・工学博士 長谷川兼一
「省エネルギー基準の解説書」の解説 ---宮城学院女子大学学芸学部生活文化デザイン学科教授・博士(工学) 本間義規
くらしのデザイン室 ---大滝典子
美をめぐる物語 ---岩手県立美術館主席専門学芸員 大野正勝
建築ノート ---建築家 橋本幹夫
農に想う ---博士(工学) 長谷川雅浩
整理収納「R」の法則 ---整理収納コンサルタント 金田玲子
私の「いいかげん」ヨーガ ---日本ヨーガ学会教授、日本花架拳学会教授 大槻由生子
海野一枝の人形語り ---人形作家 海野一枝
プロダクトNo 1281680369
出版社 リヴァープレス社
発売日 3,9月の20日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。