東亜 定期購読・最新号・バックナンバー

東亜 定期購読・最新号・バックナンバー

東亜の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

東亜の詳細です。


東亜の公式サイトへ
本・雑誌 東亜
本・雑誌内容 ▼中国・アジアの動向に関心のある一般社会人から、ジャーナリスト、中国関係ビジネスマン、中国・アジア研究家まで幅広いニーズにお応えする雑誌です。▼学部を問わず、中国・アジアの現代を学ぶ大学の副教材としても最適です。▼グローバルかつ客観的な視座、事実に基づく精緻な実証分析、フィールドワークの重視、机上の空論ではない活きた情報の提供が『東亜』の主眼です。 ▼政治・経済・国際関係・安全保障、人事動向などを広くカバー、『東亜』一冊で中国・アジアの動向が分かります。 ▼第一線で活躍中の中国・アジア研究家、ジャーナリスト、企業家、作家など一流の執筆者を動員、多角的な視点と切り口で最新情報をお届けします。▼次代を担う新進気鋭の研究者による新鮮かつ柔軟な視点も積極的に掲載しています。※≪霞山会会友特典について≫◆【特典1】午餐講演会(アジア・中国専門家を迎えての講演会、年間11回)および日中シンポジウム(東京開催時)のご案内状をお届けします。◆【特典2】本会出版物(書籍)を特別割引価格(来会2割引、郵送1割引)で購入できます。◆【特典3】東亜学院(中国語各講座)の入学金が無料になります。
本・雑誌内容詳細 ■COMPASS
*観光名所と東アジアの歴史風景 宮城大蔵
*天皇の中国観-昭和から平成、そして新時代に 城山英巳
*杭州の起業とイノベーション 木村公一朗
*台湾統一地方選挙の行方を注視する習近平政権 福田 円
■特集 功罪問われる中国経済圏戦略
*欧州で高まる中国警戒論 六鹿茂夫
*中央アジアと中国の関係の現実的な理解のために 宇山智彦
■ON THE RECORD
*世界システムのなかの“一帯一路”構想 田中明彦
■ASIA STREAM
*[中国の動向](2018年10月-11月)
民営企業への“宣撫”対策に乗り出した習近平 濱本良一
*[台湾の動向](2018年10月-11月)
「核食」、「台湾名義での五輪参加」 が問われる住民投票 門間理良
*[朝鮮半島の動向](2018年10月-11月)
日韓関係の根幹揺るがす徴用工訴訟の賠償判決 塚本壮一
■フォルモサ通信〔10〕
*若者は「厭世」世代?-低賃金や格差社会が背景 塩沢英一
■Briefing Room
*インド洋のプレゼンス確保で中印が競争-日印の戦略的連携強化の背景を探る 伊藤 努
■CHINA SCOPE 
*広東語のカタカナ表記を考える 池田 巧
■チャイナ・ラビリンス〔176〕
*濃霧に包まれた中共中央 高橋 博
■新連載 ポスト人口ボーナスのアジア〔3〕
*ポスト人口ボーナス期の中国「三農」問題 張馨元
■Book Review on Asia
■New Publications on Asia
■『東亜』 2018年総目次
プロダクトNo 1281680376
出版社 一般財団法人 霞山会
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。