大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大前研一通信の詳細です。


大前研一通信の公式サイトへ
本・雑誌 大前研一通信
本・雑誌内容 「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。法人でのグループ購読もあります。
本・雑誌内容詳細
【内容紹介】

 今回は、9月の自民党総裁選で3選をした安倍首相の第4次内閣の布陣や、「ポスト安倍」に関する記事を巻頭に、【資産形成力】として所有者不明の土地活用問題や、首相として7年ぶりに訪問した中国に対し、歴史的な因縁のあるODA(途上国への開発援助)を終了する意向を表明し、新たな時代の日中関係に言及した記事を、【問題解決力】としては、ロシアの大統領選で再選され、6年の任期を得たプーチン大統領が、日本に前提条件なしでの平和条約締結を呼びかけた真相に焦点を当てた記事に、EU離脱問題の交渉でフラつくメイ英首相や、サウジ問題で迷走するトランプ米大統領、安保理や周辺国ともズレ、「北朝鮮の報道官」とも言われる韓国・文在寅大統領、財政破綻に近い国家的危機にもかかわらず国民に現実を説明しない安倍首相など、「決断できない各国首脳」という記事を【大前関連発言】として前半に、中盤には、訪日客の大幅な減少と消費増税の関連記事に、【観光】としてインバウンドビジネスの記事を、加えて、川崎重工業、LIXILグループ、日立化成、ヤマダ電機の抱える経営上の問題点に切り込んだ記事に、流通大手のユニーの買収で海外展開を目指すドン・キホーテの関連記事、更にオムロン(旧・立石電機)創業者と大前研一とのエピソードに触れた「永遠の起業家が教えてくれること」という記事もご紹介するなど、「日本の論点」に関連する記事を中心に構成した「日本の論点2019~20」と題する特集号です。

後半には、【教育・能力開発】として、実践ビジネス英語講座(PEGL)の10周年企画として、現場に出てから「気づくのが遅かった」と後悔してほしくないからこそ、「たくさん失敗できる」学びの場を提供したいという担当者インタビューや、知って得する英語情報(BBTO)を【英語】として、【IB(国際バカロレア)】としては、宮城県教育委員会主催のIB教育についての勉強会へIB普及促進の一環としてコンソーシアム事務局からの支援活動報告を、また佐賀県のまちづくりを担う人材の育成に向け開かれた、人材研修報告に加え、高大接続教育推進の為、角川ドワンゴ学園「N高等学校」へBBT大学が経営に関する動画講義を提供するというリリースをご紹介。更に【プログラミング】として、日本がICT立国として将来稼ぐ力をつけていく事を大きな目標とするp.schooの解説、【MBAプログラム】としては、BBT大学院とBOND-BBTMBAプログラムが上海で開催する特別セミナー情報、【BBTch】としては、AIやブロックチェーンなどの新技術によって金融サービスを革新的に変えるフィンテックに関する番組紹介記事もご紹介します。




==========【大前研一通信 12月号(VOL.291)インデックス 紹介】==== ====

【特集】「日本の論点 2019~20」

・「ポスト安倍」最有力候補は誰か            (プレジデント 2018/12/3)

・第4次内閣発足から見る未来        (グローバル・マネー・ジャーナル 564 2018/10/17)

【問題解決力】・日中関係/対中ODA~新たな時代の3原則よりも、対中ODA終了が持つ重要性
                         (ニュースの視点 750 2018/11/2)

・日本は「3兆円以上のミツグくん」だった         (夕刊フジ 2018/11/3号) 

【リーダーシップ】・聞くことが主軸の対話力とは?(リーダーシップ・アクションプログラム)

・「平和条約締結」プーチン提案の真相          (プレジデント 2018/11/12)

・「日米貿易戦争」が起きても日本が負けない理由       (SAPIO 2018/11・12月号)

<大前関連発言>・決断できない各国首脳           (VERDAD 2018/11月号)

【資産形成力】・訪日客の大幅な減少と消費増税 (グローバル・マネー・ジャーナル 566 2018/10/31)

【観光】・インバウンドの真実         ツーリズム リーダーズスクール(TLS)

・神聖なる税金配分を歪める「ふるさと納税」はもうやめよ  (週刊ポスト2018/11/16号)

・「哲学なき消費増税」を強行する安倍政権の欺瞞を撃つ   (週刊ポスト2018/11/23号)

・川崎重工業/LIXILグループ/日立化成/ヤマダ電機~LIXILの舵取りは、
 歴戦のプロ経営者でも難しい状況          (ニュースの視点 751 2018/11/9)

・ユニー買収で海外目指すドンキ              (夕刊フジ 2018/10/27号)

・立石一真 「永遠の起業家」が教えてくれること
                   (ダイヤモンド クォータリー AUTUMN 2018)

【教育・能力開発】

【英語】・実践ビジネス英語講座(PEGL)10周年記念社員インタビュー第1回
                           (吉永/BBTオンラインマネージャー)

・ENGLISH BREAK~BBTOがお届けする知って得する英語情報
                              (BBTオンライン英会話)

【IB(国際バカロレア)】
・アオバジャパン・インターナショナルスクールの教諭が講演
 宮城県教育委員会主催「国際バカロレア教育についての勉強会」への登壇

【地方創生】・BBTが佐賀県の地方創生の担い手となる公務員の人材研修を実施
                              (BBT NEWS RELEASE)

【BBT大学】・BBT大学が経営に関する動画講義をN高に提供し、高大接続教育を推進
                              (BBT NEWS RELEASE)

【プログラミング】・p.schoolの目指すところ            (p.school情報)

【BBTch】・フィンテック革命で産業界が変わる         (BBTCh 番組紹介)

【MBAプログラム】・BBT大学院/BOND-BBT合同・上海セミナーを開催(11月下旬)

============================================
プロダクトNo 1281680382
出版社 ビジネス・ブレークスルー
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。