月刊養豚情報 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊養豚情報 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊養豚情報 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊養豚情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊養豚情報の詳細です。


月刊養豚情報の公式サイトへ
本・雑誌 月刊養豚情報
本・雑誌内容 月刊養豚情報は、養豚生産における生産コストの低減、生産効率の向上とともに、衛生管理や安全性・品質向上実現に役立つ国内外の最新情報を発信し続けています。さらに養豚経営において悩みの種である環境対策に関する解説記事や食品リサイクル関連の情報を随時掲載し、養豚経営が地域における資源循環システム、環境保全型農業の推進役ともなれるよう様々な角度から取材を続けています。もちろん生産段階のみならず、豚肉の流通・販売分野の現状や今後のあり方などについての情報も満載。オールカラーのグラビアページでは全国の「ブランドポーク」を詳細に紹介しています。とりわけ、消費者の関心がますます高まっている「安全性」の確保については、その最も効果的な管理手法であるHACCPシステムを中心に、農場生産段階から流通・販売段階に至る安全性確保のための具体的でわかりやすい技術情報の提供に努め、「農場から食卓まで」の安全・安心の実現により、さらに消費者に信頼される国産豚肉の生産・流通体制の確立を願っています。
本・雑誌内容詳細 特集
次代見据え国産豚肉の生産性・優位性をさらに高める

畜産物のアニマルウェルフェア認証~国内外の動向と養豚分野での課題~
◎信州大学学術研究院農学系 竹田謙一

道産飼料、道産ホエイなど地域産物を利用した豚肉生産の取り組み
―病気のない養豚場を目指して―
養豚農業実態調査報告書より
◎(有)ビィクトリーポーク(北海道)

スリーセブンシステムで労働生産性の高い養豚経営を実践
―自家配施設の新設、オートソーターの活用でコスト削減も―
養豚農業実態調査報告書より
◎熊本興畜(株)(熊本)

特別グラビア
県産銘柄豚の生産促進目指し養豚研究所内にブランド育成センター設置
◎茨城県畜産センター養豚研究所

「第43回食肉産業展2018」銘柄ポーク好感度コンテスト
最優秀賞は「京丹波ぽーく」

トピックス
IPVS(International Pig Veterinary Society)2018
第25回世界養豚獣医学会概要報告
◎(株)エコアニマルヘルス・石垣克至

離乳舎での市販ワクチンとアイブロシンを併用したPRRS対策
(Combined effect of vaccination and tylvalosin tartrate in weaning units as interventions for PRRS)
◎サミットベテリナリーサービス・石関紗代子、渡部佑悟、数野由布子、石川弘道

人工授精の効率・精度さらに高める画期的機器など
IPPS2018最新資材・技術プレゼンテーションより

現地ルポ
養豚密集地でPRRS陰性を維持、抗生物質も不使用
特殊加工のフィチン酸が豚の健康・成長をさらに加速

連載
栄養と衛生のコラムPIG UP PICK UP
◎東京サラヤ(株)・村松寿代

現場のための消毒の常識
◎食品・環境衛生コンサルタント・横関正直

海外豚情報 ア・ラ・カルト
◎(株)エコアニマルヘルスジャパン・岡野圭介

井上太郎の五里霧中
◎井上太郎

ニュース&新製品
●今後の養豚経営見据えAI・AOの実現、グループ飼育導入を/やまびこ会第21回総会
●豚1戸当たり飼養頭数は54.4 頭増加/農水省「畜産統計」(平成30年2月1日現在)公表
●日本市場におけるデンマーク産DanBred 種豚・精液の独占輸入・生産・販売契約に合意/シムコオリジナル種豚についても規模を維持して育種開発・生産・販売継続
●JASV事務所移転
●フリーデン都路牧場・新社長に鈴木拓郎氏
●「第9回北海道農場HACCP研究会」11月開催/HACCPへの取り組みをテーマに
●豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン「フォステラRPRRS」発売/ゾエティス・ジャパン(株)
●豚舎環境乾燥衛生資材「MSドライケア」/抜群の吸水性で畜舎環境を整える
etc.

巻頭言
豚の統計
編集後記
プロダクトNo 1281680388
出版社 鶏卵肉情報センター
発売日 毎月1日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。