月刊ニュースがわかる 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ニュースがわかる 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ニュースがわかるの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ニュースがわかるの詳細です。


月刊ニュースがわかるの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ニュースがわかる
本・雑誌内容 月刊「Newsがわかる」は、おもに小中学生向けにニュースをわかりやすく解説する月刊誌です。新聞やテレビのニュースって難しいですよね。それをやさしいことばで説明し、図表や写真、イラストを多く使って、事件やできごとの核心をズバリとお伝えします。大人の方からも好評をいただいており、親子で愛読する家庭が増えています。中学・高校受験や資格試験対策にもご活用ください。「ニュース時事能力検定試験」の入門誌として、3~4級模擬問題 も毎号掲載しています。読めば必ず社会科の実力がつきますよ!オール カラー、68ページ。定期購読でのご予約がお得です!
本・雑誌内容詳細 <巻頭特集>
★知っておきたい 2024年 注目のニュース
 2024年も世界でさまざまなニュースがありそうです。選挙イヤーと呼ばれる今年の目玉、
 アメリカ大統領選挙はバイデンさんとトランプさんの戦いになるのでしょうか。
 そして、パリ・オリンピックではどんな選手が活躍するのでしょうか。
 国内では、物流をはじめとする人手不足の問題や新紙幣の発行が注目されそうです。
 チェックしておきたい2024年のニュースを予習します。

<ニュース特集>
★石川・能登で大地震
 元日の午後4時10分、石川県能登地方でマグニチュード7.6の大きな地震が起こりました。
 この地方ではかねて群発地震が発生していましたが、この時のゆれはとりわけ大きく、
 多くの家が倒れたりこわれたりして、地震の恐ろしさをまざまざと見せつけました。

★税金って何?
 税金を納めることは国民の義務ですが、それだけに有効に使ってもらいたいもの。
 昨年は政府の増税や減税の方針について議論が起こったり、インボイス制度が始まったりと税制への関心が高まりました。
 そんな税金について改めて考えます。

★白熱する月面探査 日本が初着陸
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機が1月20日、月に着陸しました。
 一部、計画外のことも起きましたが、日本初の快挙で、旧ソ連、アメリカ、中国、インドにつぐ成功です。
 今後、各国の月探査をめぐる競争はますます激しくなりそうです。

★ジブリ作品 アメリカで映画賞
 アメリカの映画賞「ゴールデングローブ賞」アニメ部門で宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」(スタジオジブリ制作)
 が栄誉に輝きました。
 吉野源三郎の児童文学にヒントを得た作品で、宮崎監督にとって10年ぶりとなる話題の長編でした。

★国際学力調査(PISA)で日本が上位に
 81の国・地域の15歳の学力を数学、読解力、科学で測る2022年「国際学習到達度調査」(PISA)で日本がトップレベルの成績を収めました。
 国が進める「課題を見つけて解決する力」を養う授業などが効果をあげているようです。

ほかに、次のような12月末~1月のニュースをのせています。
・ 日本航空機と海上保安庁の航空機が羽田空港で衝突
・「違法捜査」めぐる判決に不服、控訴
・ 自動車メーカー、ダイハツの不正問題
・ アメリカ軍など、イエメンの武装組織を大規模攻撃
・ 自民党の裏金事件 消えゆく派閥

<その他のおもな連載>
●「ナゾ解き科学」……静電気のナゾを解く
●「未来の仕事図鑑」……図書館で働く司書の仕事
● 映画「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」見どころ紹介
● まんが「おいしいニュース」……パンを捨てない取り組み
● ふり返り時事ドリル
プロダクトNo 1281680769
出版社 毎日新聞出版
発売日 毎月15日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。