オプトロニクス (OPTRONICS) 定期購読・最新号・バックナンバー

オプトロニクス (OPTRONICS) 定期購読・最新号・バックナンバー

オプトロニクス (OPTRONICS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オプトロニクス (OPTRONICS)の詳細です。


オプトロニクス (OPTRONICS)の公式サイトへ
本・雑誌 オプトロニクス (OPTRONICS)
本・雑誌内容 月刊オプトロニクスは、光技術の研究から事業までを体系的にとらえるテクノコーディネート・ジャーナルとして、わが国最高のスタッフが責任を持って編集にあたり、光技術に関するホットな情報を、的確に、敏速に、しかも平易に提供、多くの読者から絶大なる信頼を得ている。 光技術は様々な分野へ応用・活用されており、光に携わる企業・大学・研究者の方はもちろん、そうでない方にもおすすめできる雑誌。関連分野は、■光情報通信、■光学部品・結晶・光学ユニット・光学センサー・光学設計、■レーザー加工・放射線・プラズマ、■光情報メディア、■半導体製造・検査計測、■薄膜・コーティング、■バイオ解析、■光電子、■光実装技術、■計測技術(マクロ~マイクロ)、■フラットパネルディスプレイ・有機EL・プラズマ・液晶などその他にも多数ある。各分野毎に特集を企画し、読者に光の技術、光の応用技術およびマーケティング情報を提供していく。
本・雑誌内容詳細 特集 建築・土木分野における光・レーザー応用

建築・土木分野における光技術の現状と将来展望
 日本大学 永井 香織

レーザーによるコンクリート打音検査技術の進展
 (公財)レーザー技術総合研究所 島田 義則

レーザーによるコンクリート切断技術
 (公財)レーザー技術総合研究所 大道 博行
 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 山田 知典

建築物における赤外線による欠陥検出技術
 (株)コンステック 佐藤 大輔

レーザーによる高速クリーニング技術
 光産業創成大学院大学1,(株)トヨコー2
 藤田 和久1, 2,沖原 伸一朗1,豊澤 一晃2,茂見 憲治郎2


Interview
光技術が可能にした迫真の星空 ─ 最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは
 (株)五藤光学研究所 笠原 誠



Photo-Tech News & Report
 ・浜松から飛翔する光技術
 ・紫外線LED需要増に期待!注目は殺菌市場


連載・シリーズ
 レーザー航跡場加速
  第2章 高輝度レーザーパルスを作り出すレーザー圧縮
   原著:田島 俊樹,中島 一久,ジェラルド・ムルー
   翻訳:国立研究開発法人 理化学研究所 高峰 愛子

 光エレクトロニクスのシミュレーション技術
  第9回 レーザー光のビーム品質(1)
   波多腰 玄一

 学びなおしのアナログ電気電子回路
  第12回 小信号等価回路と接地形式
   東京工業大学 松澤 昭

 ひかり探究 第4回 光とは( III )
   (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋

 若手研究者の挑戦
  第36回  高複屈折性材料を指向した含硫黄液晶分子の開発
   豊橋技術科学大学 荒川 優樹


コラム
 発明・特許のこぼれ話 第132回 ラッピング車両
  熟成考房舎 鴫原 正義

 ひかりがたり 第69話 ノーベル賞とピンセット
  月谷 昌之介

 論調 -海外技術誌を読み解く Vol.15 レーザーの時代突入!利用シーンが拡大へ
  井筒 雅之


光業界トピックス
 ・プレサイスゲージ,光モジュール受託製造サービスを開始
 ・おくやみ:西澤潤一 氏が死去92歳


マーケットレビュー
 ・新規ファブ投資増でシリコンウェハー出荷面積が過去最高を記録
プロダクトNo 1281680926
出版社 オプトロニクス社
発売日 毎月10日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。