星空年鑑 定期購読・最新号・バックナンバー

星空年鑑 定期購読・最新号・バックナンバー

星空年鑑 定期購読・最新号・バックナンバー

星空年鑑 の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

星空年鑑 の詳細です。


星空年鑑 の公式サイトへ
本・雑誌 星空年鑑
本・雑誌内容 1年間の天文現象をイラストとCD写真で紹介。1か月ごとの天文現象をまとめたカレンダーだけでなく、惑星や流星群のみどころを詳しく解説した星図付きです。観望計画を立てるのに最適な1冊。 付録のCD-ROM・DVD-ROMには、星空や現象を再現できる専用のソフトウェアを収録。このほか、ステラ ナビゲータ、ステライメージなどの体験版も楽しめます。
本・雑誌内容詳細  「アストロガイド 星空年鑑 2013」は、2013年の天文現象や星空のようすをあますところなく紹介するオールカラーのムックです。1年間の星空の動き、天文現象に興味がある方はもちろん、星空観察のための資料としても幅広く活用できます。肉眼で見えると期待される「パンスターズ彗星」「アイソン彗星」については特集で詳しく解説しています。
 付録のDVDの「2013年の星空案内」では、2013年に見ることができる星空や天文現象について、映像とナレーションでわかりやすく解説。起動するたびに近日中の天文トピックスを紹介するソフトウェア「アストロガイドブラウザ」などを収録。天文現象をパソコンで再現するシミュレーション機能もあります。
 書店で購入できるムック版のほか、ダウンロード販売で購入できる電子版もあります(12月上旬発売予定、Windows用のみ)。

【目次】
■毎月の星空(藤井 旭(白河天体観測所))
1か月ごとの星図と天文現象カレンダー、天文現象を星図で解説。彗星、流星群、惑星のみどころ、月と惑星の接近、星食、日食・月食、他

■2013年 見逃せない天文現象「2013 HIGHLIGHT」(構成/沼澤茂美&脇屋奈々代(日本プラネタリウムラボラトリー)
イラストとCG写真で2013年中の天文現象を紹介

■期待の大彗星候補 パンスターズ彗星とアイソン彗星(解説/吉田誠一)
明るくなると期待されている、パンスターズ彗星とアイソン彗星の見え方や光度予想などを星図とともに解説

■写真で振り返る 2012年トピックス 「FLASHBACK 2012」(構成/編集部)
天文ゴールデンイヤーと呼ばれた2012年の天文現象や天文学上の成果、新しい機材の登場やプラネタリウムの動向などを振り返る

■2013年 太陽系の惑星の動き 「SOLAR SYSTEM 2013」(構成/浅田英夫(あさだ考房))
各惑星の軌道図と、星空の中での動きを解説

■四季の星図
春・夏・秋・冬の星座図、月面図

■月面マップ


【DVD-ROM収録内容】
■2013年の星空案内(ビデオ)
DVDプレーヤーで楽しめる、2013年の星空の見所などを解説したビデオを6本と、2012年に話題となった天文現象を振り返るビデオを4本収録

■アストロガイドブラウザ(ソフト)
アストロガイド 星空年鑑 2013の内容を、シミュレーションなどを交えてよりわかりやすく表示するソフト。毎日・毎月の天文現象の解説をカレンダーの形式で閲覧できるほか、星図と連動して注目の現象をシミュレーションして楽しむことができる

■ステラナビゲータ追加データ
ステラナビゲータ(Ver.9以降)の「コンテンツ」メニューに「アストロガイド2013」が追加される
※Windows版のみ。天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」(Ver.9以降)が別途必要

■体験版、アップデータ
ステラナビゲータ Ver.9、ステライメージ Ver.6、エクリプスナビゲータ Ver.2の体験版 ・アップデータを収録
プロダクトNo 1281681135
出版社 アストロアーツ
発売日 11月の30日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。