日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経SYSTEMSの詳細です。


日経SYSTEMSの公式サイトへ
本・雑誌 日経SYSTEMS
本・雑誌内容 「日経SYSTEMS」は、ワンランク上を目指すITエンジニアのための総合情報誌です。情報システムの基本からシステム設計の勘どころ、プロマネ手法、ビジネススキルまでこの1冊でフルカバー。『3大スキル×3ステップ方式』で、ITエンジニアに必須のスキルや実践知識が基礎レベルから応用レベルまで段階的に無理なく身につきます。日々の業務に忙しい方でも、実務能力を磨きながら体系的にスキルアップできます。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年12月号 no.308 11月26日発行


■特集1 要件定義はもうやらない

●要件定義はもうやらない(030p)
●アクサ生命がプロセス一新 要件を優先度で決める 不確実性のある要求に対応(032p)
●アイデアを仮説にする 大量の要求を課題起点で整理 デザイン思考で方向付ける(034p)
●重要機能を実装して検証 要求の見取り図を作成 初回は最小限をリリース(038p)


■特集2 リーダーを困らせる厄介な部下

●リーダーを困らせる厄介な部下(042p)


■異能エンジニアの肖像

●ポケットチェンジ リードエンジニア 深町 英太郎氏独自のハードウエアを 「神がいない言語」 で動かす(006p)


■TREND

●マネジメント RPAが不祥事の引き金に ガバナンス確立が急務(008p)
●テクノロジー VMwareのAWS移行を容易に 最新サービスが東京で開始(009p)
●エンジニアリング TISがアプリ開発ノウハウを公開 狙いはエンジニアの活性化(010p)
●エンジニアリングDeNAがCIに 「Bitrise」 を採用 決め手はGUIによる簡単設定(011p)


■永井昭弘のもっとすごい現場

●四万十から日本中へ テレワークの極致(012p)


■IT職場のトラブルQ&A

●管理職は 「代休」 なし でも、休ませる必要あり(013p)


■ビジネス価値を高める強いITチーム

●働き方改革より大事な 「人との接点」 を磨く(014p)


■サイバー攻撃最前線

●オンサイトでWi-Fi傍受 遠隔攻撃と複合で狙われる(015p)


■エンジニアのための らくらくプレゼン術

●技術の説明が伝わらない そんなときは 「空 ・ 雨 ・ 傘」 (016p)


■デジタル変革に効く ロジカルシンキング

●見やすく伝わりやすく定型パターンを使って作図(018p)


■5分でわかる さわって試せるIoT

●ソニーがサブギガ帯のLPWA 高精度で位置情報を取得(020p)


■インサイト

●プログラミング言語利用実態調査 1000人調査で見えたトレンド(050p)


■実践! プロジェクト AIシステムの作り方

●設計 学習と推論、2つの基盤を検討 業務システムと疎結合で構築(060p)


■プロジェクトマネジメント最新作法 トレードオフ問題解決編

●変更管理×進捗管理 「仮承認」 が機能しない未決の扱いを明確化する(066p)


■これだけは押さえる テストのツボ

●テスト計画 最初に実施する重要作業 テスト対象や種類の決定(072p)


■生産性と士気を高める ハイブリッドアジャイル

●開発の効率を上げるプラクティス余計な成果物は作成しない リリースまでの時間を短縮(080p)


■6カ月で変える 現場コミュニケーション術

●会議の場を整えるノウハウ 会議に不可欠なセットアップ 相手を尊重すればうまくいく(086p)


■読者から

●リスク分析後に提案できない懸念(096p)


■編集から/次号予告

●編集から(097p)
プロダクトNo 1281681603
出版社 日経BP社
発売日 毎月14日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。