日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経SYSTEMSの詳細です。


日経SYSTEMSの公式サイトへ
本・雑誌 日経SYSTEMS
本・雑誌内容 「日経SYSTEMS」は、ワンランク上を目指すITエンジニアのための総合情報誌です。情報システムの基本からシステム設計の勘どころ、プロマネ手法、ビジネススキルまでこの1冊でフルカバー。『3大スキル×3ステップ方式』で、ITエンジニアに必須のスキルや実践知識が基礎レベルから応用レベルまで段階的に無理なく身につきます。日々の業務に忙しい方でも、実務能力を磨きながら体系的にスキルアップできます。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年4月号 no.312 3月14日発行


■特集1 がっかりクラウド回避法

●がっかりクラウド回避法(020p)
●オンプレミスの常識を捨てクラウドの良さを生かす ギャップを埋める5大ポイント(022p)
●遅い、高い、機能不足 クラウドの都合を理解する 事例に見る 「がっかり」 からの脱出(026p)


■特集2 AI初心者の疑問に答える

●AI初心者の疑問に答える(032p)


■異能エンジニアの肖像

●AtCoder 代表取締役社長 高橋 直大氏遊びの中で人材を育てる世界3位のプログラマー(006p)


■TREND

●IBM Watsonがオンプレミス対応 Kubernetesでマルチクラウド(008p)
●SAPユーザーのリプレース狙う セールスフォース専用ERPが上陸(009p)
●画面の変更点を人工知能で検出 UIテスト自動化サービスが登場(010p)
●Apacheからの乗り換えを促す 米NGINXが日本市場に本格参入(011p)


■永井昭弘のもっとすごい現場

●パッケージは継続もベンダーは交代(013p)


■IT職場のトラブルQ&A

●有休消化の夏休みはおかしい 会社に不満抱くSE(014p)


■サイバー攻撃最前線

●ATM狙いソーシャル攻撃 技術者が踏み台にされる(015p)


■読み手が納得する 勝負ドキュメント作成術

●説得力を生み出す 3種類のツリー構造(016p)


■5分でわかる さわって試せるIoT

●6種類の情報を得るセンサー メモリー内蔵でデータを保存(018p)


■インサイト

●SEの睡眠事情 調査で分かった危険な実態(040p)


■失敗に学ぶRPA導入の勘所

●RPAの概要 特性を理解しないと導入難航 RPAの正体を理解しよう(050p)


■実践! プロジェクト AIシステムの作り方

●【最終回】 プロジェクトの立ち上げ 精度ばかりに目を向けない 業務課題の解決を重視(056p)


■炎上するプロジェクト そのときどうする?

●顧客 ・ 発注者とのトラブル 責任者の退職で状況一変 一方的主張を排除し再合意(062p)


■ITエンジニアのためのデザインの基本

● 「デザイン」 を知る 目指すはより良いUX 構築時に押さえるべきポイント(068p)


■デジタル化を支える データ基盤の設計パターン

●進化するデータ基盤の全貌 5つの新常識を設計に生かす データ活用には統制が不可欠(074p)


■実践! マイクロサービス導入法

●マイクロサービスとは何か システムの変更速度を向上 利点と制約を押さえる(080p)


■部下を育てる現場コミュニケーション術

●自走する部下、しない部下 オンボーディングで育てる 成長には 「仕方」 がある(086p)
プロダクトNo 1281681603
出版社 日経BP社
発売日 毎月14日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。