日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経SYSTEMSの詳細です。


日経SYSTEMSの公式サイトへ
本・雑誌 日経SYSTEMS
本・雑誌内容 「日経SYSTEMS」は、ワンランク上を目指すITエンジニアのための総合情報誌です。情報システムの基本からシステム設計の勘どころ、プロマネ手法、ビジネススキルまでこの1冊でフルカバー。『3大スキル×3ステップ方式』で、ITエンジニアに必須のスキルや実践知識が基礎レベルから応用レベルまで段階的に無理なく身につきます。日々の業務に忙しい方でも、実務能力を磨きながら体系的にスキルアップできます。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年7月号 no.315 6月14日発行


■特集1 ITエンジニア再考

●ITエンジニア再考(024p)
●デジタル人材しか生き残れない !? 「従来型SE」 不要論が席巻 業務知識を生かす道を探れ(026p)
●運用エンジニアはもう不要 !? 自動化進む運用作業 広い視点でプロセス改善を(028p)
●スペシャリストでは不足 !? 「フルスタック」 は非現実的 得意スキルをもう1つ加える(030p)
●ITエンジニア3人の実例 新たな経験やスキルを追求 職種や立場を再考した3人(032p)
●図解 大手SIerのキャリアパスPMとアーキテクトが2本柱 デジタル人材は別枠で育成(036p)


■特集2 Oracle DB コスト削減大作戦

●Oracle DB コスト削減大作戦(038p)
●PostgreSQLへ移行できるか 機能差より厄介な仕様差(042p)


■異能エンジニアの肖像

●Idein Founder/CEO 代表取締役 中村 晃一氏エッジでAIを動かす マネできない技術に特化(006p)


■TREND

●テクノロジーOracle Cloudが東京リージョン オンプレミスの基幹系に照準(008p)
●ケーススタディー カルビーがSAP ERPに第3者保守 事前にリスクを徹底検証(009p)
●マネジメント 攻めのIT経営銘柄に29社 意外な共通点は 「守りも熱心」 (010p)
●ケーススタディー損保料率機構がCOBOL集約推進 DBからCSVに移行しコスト削減(011p)


■永井昭弘のもっとすごい現場

●敵か味方か? 外部コンサルタント(013p)


■IT職場のトラブルQ&A

●徹夜でシステム開発 残業が認められず憤るSE(014p)


■サイバー攻撃最前線

●開発者を狙うサイバー攻撃 不審な挙動にも気付けない(015p)


■読み手が納得する 勝負ドキュメント作成術

●さっぱり分からない文章 構造を手掛かりに理解する(016p)


■忙しいSEのための時短勉強法

●電子書籍やWeb講座を活用 デジタル時代の学び方(018p)


■5分でわかる さわって試せるIoT

●映像で位置特定 「V-SLAM」 エッジでリアルタイムに実現(020p)


■インサイト

●Python開発事始め 定番ライブラリーと開発環境(046p)


■失敗に学ぶRPA導入の勘所

●操作の可視化 過不足なく操作手順を可視化 RPAの設計図を上手に作る(056p)


■炎上するプロジェクト そのときどうする?

●体制 ・ 要員のトラブル ユーザーとの対話に問題 スキルを見極め対策を打つ(062p)


■ITエンジニアのためのデザインの基本

●骨格のデザイン 画面に表示する情報を設計 使いやすさを追求する(068p)


■デジタル化を支える データ基盤の設計パターン

●データレイク型のデータ基盤(2)データ基盤内で加工処理を施す トップダウンによる導入が肝(074p)


■実践! マイクロサービス導入法

●導入設計(データ分割編) 既存システムとデータ連携 保守性、性能、可用性で選ぶ(080p)
プロダクトNo 1281681603
出版社 日経BP
発売日 毎月14日
定期購読公式サイトへ 公式サイトはこちら
定期購読してみませんか?こちらのフジサンなどで定期購読するとお得なキャンペーンなどの割引特典があったりしますよ。本は毎月購入されるなら、これだと送ってくれますので買い忘れないので便利ですね。クレジットカードの申し込みや法人の申し込みもできるので経費として落としやすいですね。ビジネス誌などはビジネスマンは読んで置かないと世の中の情勢についていけません。また専門誌などはコアな情報を取り扱っているので業界には必須の雑誌の場合もありますね。ファッション誌もたくさんありますがたくさん読むほうがセンスが磨かれます。最新の動向はやはり雑誌の影響が大きいですね。
中途解約もできるものがあるので商品購入の際はサイトにてお確かめください。お試しできる雑誌もあるようですのでお試しなどのキーワードで探してみてください。

※リンク先のほとんどは定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の内容詳細などはデータを引用させていただいております。